世界最長のロックダウン!フィリピンの子供達を対象にチャリティにご協力下さい!!フィリピンの子供たちを救いたい!

激動の歴史をくぐり抜けたフィリピン・イントラムロスのシンボル「マニラ大聖堂」



フィリピンの首都マニラの最古の地区イントラムロスのシンボルである「マニラ大聖堂」は、スペイン統治時代の1571年に創設された教会。第2次世界大戦で大部分が破壊されたものの、現在の建物は戦後ネオロマネスク様式で再建されました。フィリピンにおいて最も重要な教会であると共に、当時の歴史を感じられるマニラの人気観光スポットとして連日多くの人々が訪れています。


フィリピンの激動の歴史をくぐり抜けてきたマニラ大聖堂


マニラ大聖堂建設以来天災や戦争などによって度々破壊されてきましたが、そのたびに再建され、現在の建物はバチカンの援助を受けて1958年に再建された8代目。長年にわたる改築を終了し、2014年より一般公開しています。イントラムロスの中央に佇むその建物は厳かな雰囲気があり、ドーム状の屋根とベル・タワーが遠くからでもしっかり見えます。マニラ・カトリック大司教が本拠を置き、フィリピンで最も重要な教会とされています。地元のフィリピン人はもちろん、海外からの観光客も多く訪れます。礼拝以外の時間には内部の見学が可能で写真撮影も許可されています。


アジア最大級のパイプオルガンは必見!

 

聖堂内にはフィリピンのアーティストによる美しいステンドグラスやサイド・チャペルのモザイク、彫刻、祭壇画を見ることができます。4500本のパイプを持つアジア最大のパイプオルガンも必見!また、タッチパネル操作でフィリピンの歴史を気軽に学ぶことができ、聖人カレンダーの表一覧も見られたりと歴史に触れることのできる部屋もあります。荘厳な内装と空間を広く感じることのできる高い天井は神聖な雰囲気を感じさせ、思わず背筋が伸びてしまうほど。その重厚なつくりを外観からだけでなく、聖堂内でもぜひ感じてみてください。週末にはマニラ大聖堂で結婚式を挙げるフィリピン人も少なくなく、招待を受けてない人でも自由に出入りすることができます。フィリピンマニラへ訪れた際は、ぜひ一度マニラ大聖堂へ訪れてみてくださいね。


【マニラ大聖堂】
住所:Cabildo Corner Beaterio, Intramuros
アクセス:LRT線セントラル(Central)駅から車で15分
HP:http://manilacathedral.com.ph/

 


AYUDAちゃんねる フィリピンに取り残されてしまった日本人のリアルを配信中!   フィリピン不動産投資・資産運用のご相談はBTWINへお気軽にご相談下さい   フィリピン/インドネシアへのビジネス進出をお考えなら数多くの企業進出サポート実績を誇る当社にお任せください/日本語スタッフ対応     ビジネスで伝えたいけど誤った伝え方で交渉が決裂…海外での言葉の壁!!! 翻訳・通訳をご希望の方はこちら   完全日本語対応! フィリピンで車を借りるならPH-DOOR!!