世界最長のロックダウン!フィリピンの子供達を対象にチャリティにご協力下さい!!フィリピンの子供たちを救いたい!

セブ島の玄関口!世界初のリゾートエアポート「マクタン・セブ国際空港」



マクタン・セブ国際空港は、セブ島と2本の橋でつながるマクタン島のラプラプ市にある空港。以前まではターミナルは一つでしたが、2018年7月にマクタン・セブ国際空港新ターミナルがオープン。ターミナル空港利用客収容人数は450万人から1250万人と大幅に増え、人気のビーチリゾート・セブ島の玄関口として毎日多くの人が行き交っています。海と波をイメージしてデザインされた空港内は温かみのある木材が使われており、ナチュラルな雰囲気が人気を呼んでいます。


マクタン・セブ国際空港ってどんな空港?


セブ島へ旅行をするときに必ず利用するのがマクタン・セブ国際空港。セブ市内まではバスやタクシーで約30分〜40分とアクセスも良く、日本からは直行便が出ています。フライト時間は4時間〜5時間ほどで、マニラやエルニド、ボラカイ島など人気観光地と繋がる国内線も発着しています。
“世界初のリゾートエアポート”をコンセプトに、海と波をイメージした木材を使ったアーチ型の屋根が印象的です。アジアのハブ空港として、24時間営業を行なっており、フィリピンのハブ空港として海外へ20都市、国内30都市を結んでいます。マクタン・セブ国際空港の新ターミナルは第2ターミナルとなり、主に国際線の発着が行われるため国外から訪れる人は必ず利用することになります。マニラ経由で日本へ帰国する場合は第1ターミナルとなるのでご注意ください。


リゾート気分に浸れるマクタン・セブ国際空港は見どころ満載!


第2ターミナル出発口には、免税店をはじめ化粧品売り場やカフェ、コンビニ、レストラン、ファーストフード店、マッサージ店が立ち並びます。出国まで時間を持て余してしまっても空港内にはWifiが完備されているうえに、充電スポットもあるので時間を持て余してしまうということもありません。両替所や携帯用のSIMカードも購入可能です。国内線の第1ターミナルも新しくリニューアルされ、設備やお店も充実しています。開放的な空間のなか、地上階を結ぶ中央のエスカレーターの下には両脇にたくさんのお店が連なり、国内線とは思えないほどのショップが豊富です。到着からリゾート気分を満喫できるマクタン・セブ国際空港で、ぜひセブならではの開放感溢れる空港の時間をお楽しみください。



AYUDAちゃんねる フィリピンに取り残されてしまった日本人のリアルを配信中!   フィリピン不動産投資・資産運用のご相談はBTWINへお気軽にご相談下さい   フィリピン/インドネシアへのビジネス進出をお考えなら数多くの企業進出サポート実績を誇る当社にお任せください/日本語スタッフ対応     ビジネスで伝えたいけど誤った伝え方で交渉が決裂…海外での言葉の壁!!! 翻訳・通訳をご希望の方はこちら   完全日本語対応! フィリピンで車を借りるならPH-DOOR!!