フィリピン/インドネシアへのビジネス進出をお考えなら数多くの企業進出サポート実績を誇る当社にお任せください/日本語スタッフ対応

フィリピン出稼ぎ労働者からの送金は世界で4位


フィリピン経済の重要な部分を担っている、出稼ぎ労働者(OFW=Oversea Filipino Workers)。
 
世界銀行が発表したデータによると、2019年のOFWからの送金額は、世界の出稼ぎ労働者の中で4位となっています。
 
ランキングと金額は以下の通りです。
 
1位:インド(822億300万ドル)
2位:中国(702億6,600万ドル)
3位:メキシコ(386億5,500万ドル)
4位:フィリピン(350億7,100万ドル)
5位:エジプト(263億5,300万ドル)
6位:ナイジェリア(253億6,800万ドル)
7位:フランス(251億7,400万ドル)
8位:パキスタン(219億500万ドル)
9位:バングラディシュ(175億3,900万ドル)
10位:ドイツ(167億7,200万ドル)
 
見てわかる通り、フィリピンは上位10位の中では4位ですが、ASEAN諸国はフィリピン以外どこもランクインしておらず、堂々の1位です。
 
ASEAN諸国の送金額ランキングは以下のようになっています。
 
1位:フィリピン(350億7,100万ドル)
2位:ベトナム(166億7,900万ドル)
3位:インドネシア(116億7,900万ドル)
4位:タイ(70億3,800万ドル)
5位:ミャンマー(30億3,500万ドル)
6位:マレーシア(17億2,100万ドル)
7位:カンボジア(15億1,700万ドル)
8位:ラオス(2億5,400万ドル)
 
なお、フィリピンが受け取った送金額は、2019年のGDPの9.8%となりました。
 
 
しかし、OFWからの送金額は、今年はかなり落ち込むことが予想されます。
 
その理由は、以下のような様々な問題があったからです。
 
 
■新型コロナウイルス 
アジア地域を中心に猛威を振るっている新型コロナウイルスの感染拡大予防のため、フィリピン政府は中国に出稼ぎしているフィリピン人の希望者を帰国させました。
 
また、香港やマカオへの渡航も禁止となり、出稼ぎしたくても出来なかった人々が多数います。
 
■イランとアメリカの対立
今年の1月には、イランによる在位ラスク米軍への報復攻撃がありました。
 
イラン、イラク、そしてレバノンで出稼ぎしていたフィリピン人出稼ぎ労働者には、強制帰国命令が出されました。
 
■中東地域での虐待問題
サウジアラビアなどの中東地域はOFWのメジャーな派遣先ですが、総額46億ペソ(約96億6,000万円)の給料未払い問題が発覚したため、出稼ぎ労働者の派遣人数を削減することになっています。
 
さらに、2019年12月にはクウェートでフィリピン人家政婦が虐待・殺害された事件が起こりました。
 
これを受けてフィリピンでは、クウェートへの新規派遣申請を全面的に取りやめています。
 
 
フィリピン経済を支えているとされるOFWですが、2020年は海外からの送金に頼るのは難しそうです。
 
世界を揺るがせている諸々の問題も、早急な解決が求められていますが、特に新型コロナウイルスに関しては、依然として収束のめどが立っていないようです。
 
 

        
フィリピン不動産投資・資産運用のご相談はBTWINへお気軽にご相談下さい   フィリピン/インドネシアへのビジネス進出をお考えなら数多くの企業進出サポート実績を誇る当社にお任せください/日本語スタッフ対応     ビジネスで伝えたいけど誤った伝え方で交渉が決裂…海外での言葉の壁!!! 翻訳・通訳をご希望の方はこちら   完全日本語対応! フィリピンで車を借りるならPH-DOOR!!