フィリピン/インドネシアへのビジネス進出をお考えなら数多くの企業進出サポート実績を誇る当社にお任せください/日本語スタッフ対応

開発が進むフィリピン第2の首都「ニュー・クラーク・シティ」


フィリピンでは今、首都マニラへの人口集中を解決すべく、「ニュー・クラーク・シティ」の開発が進んでいます。

さまざまな機関が建設される予定ですが、まずは陸上競技場がほぼ完成したとのこと。

11月、12月に開かれる東南アジア競技大会の会場として使われます。

 

9,450ヘクタールという広大な面積となるニュー・クラーク・シティにはこの他にも、中央政府行政センターや政府職員用の住宅、ホテル、商業施設などが建設され、フィリピン第2の首都として機能する予定です。

全体のうち6,000ヘクタールは緑地や広場になるそうで、自然もある設計となっています。

また、人口は2065年までに120万人になり、80万人がこの新しい街で雇用されると見込まれています。

 

ニュー・クラーク・シティが開発されている場所には、かつてクラーク米空軍基地がありました。

しかし、1991年に近くのピナツボ火山が噴火。

米軍は撤退したため、政府はこの跡地を再開発してマニラの一極集中を解消したい考えです。

 

プロジェクトの中でもとりわけ重要とされているのが、クラーク国際空港です。

ここも以前は米軍の空軍基地でした。

現在メインとなっているマニラのニノイ・アキノ国際空港(NAIA)は、収容できるキャパシティをはるかに超えた数の人々で飽和状態となっており、非常に不便だとして世界から悪評を得てしまっています。

施設の拡張や滑走路の増設なども難しく、その処理能力は近い将来限界になると予想されているのです。

そんな中、クラーク国際空港をもう1つのハブ空港として利用することで、NAIAの混雑を解消し、より流通や運搬をスムーズにしていく計画が生まれました。

すでにクラーク国際空港では成田空港・関西空港との間にフライトを就航しています。

その他、ダバオやセブなどの国内線はもちろん、ソウル、上海、香港、シンガポール、ドバイ、ドーハなどへ飛んでいます。

現在3,200mの滑走路を2本運用していますが、将来的には4,000mのものをもう1本追加して整備する計画があります。

 

空港だけでなく鉄道も整備予定で、クラークとラグナ州を結ぶ163kmの路線も、2025年までに完成する予定です。

 

また、ニュー・クラーク・シティ建設にあたっては、日本の企業も多数参加しています。

丸紅、関西電力、中部電力などもその1つで、「スマートグリッド」と呼ばれるエネルギーを効率的に供給する電網技術を活用した設計や開発を行なっています。

 

ニュー・クラーク・シティは、総額約140億ドル(約1兆5,200億円)におよぶ超大規模プロジェクトです。

ここが完成し、人々の流れが変化すれば、またフィリピンもこれまでとは違った進化を遂げていくでしょう。

この付近での不動産需要も高まるはずです。

長期的な計画ではありますが、日本を含め世界の投資家たちもこの新しい都市計画には大いに注目していることでしょう。

フィリピン政府も、日本からの投資をどんどん呼び込みたい考えです。


フィリピン不動産投資・資産運用のご相談はBTWINへお気軽にご相談下さい   フィリピン/インドネシアへのビジネス進出をお考えなら数多くの企業進出サポート実績を誇る当社にお任せください/日本語スタッフ対応     ビジネスで伝えたいけど誤った伝え方で交渉が決裂…海外での言葉の壁!!! 翻訳・通訳をご希望の方はこちら   完全日本語対応! フィリピンで車を借りるならPH-DOOR!! フィリピン不動産へのお問い合わせは投資はこちら