フィリピン/インドネシアへのビジネス進出をお考えなら数多くの企業進出サポート実績を誇る当社にお任せください/日本語スタッフ対応

アメリカ大手企業がフィリピンBPOで新たに6千人雇用


フィリピンでは今、BPO(ビジネス・プロセス・アウトソーシング)産業が盛んで、経済成長にも大きく貢献しています。
 
マニラやセブ、ダバオなどをはじめとする各地にBPOのオフィスが存在し、アメリカ企業を中心にコールセンターやエンジニアリングなどの業務委託を受注しているのです。
 
 
今回、アメリカの大手企業コンセントリクスは、フィリピンで新たに年内に最大6,000人を、BPO事業で雇用する予定だそう。
 
コンセントリクスは、主に顧客管理サービスを提供する企業で、フィリピンのみならず全世界40カ国以上でBPO産業を展開しています。
 
その中でもフィリピンは最大の事業拠点。
 
フィリピン国内には45の拠点を持ち、フィリピン人の従業員数は9万人に及びます。
 
フィリピン国内最大の雇用主です。
 
経済の発展に伴いBPO産業の需要はますます加速しているため、今回新たな雇用を計画しているとのこと。
 
 
また、3月3日にはマニラ首都圏マカティ市にある複合施設「アヤラ・ノース・エクスチェンジ」内に、新たなBPO拠点を開設したそう。
 
そこの従業員だけでも3,000人おり、顧客サービス、技術サポート、営業などの事業に従事しています。
 
 
フィリピンにおけるBPO産業はここ10年間の間に急成長し、海外出稼ぎ労働者からの送金と並んで、フィリピン経済の柱とも言える重要な分野となりました。
 
外資系企業にとって、フィリピンの安い人件費と高い英語力は大変貴重です。
 
もともとBPO産業で有名なのはインドでしたが、現在はフィリピンが追い抜き、世界で1位となっています。
 
失業率の高さが指摘されるフィリピンですが、BPO産業の成長のおかげで、雇用状態もかなり良くなってきました。
 
また、今後グローバルに進出したいと考えている日本の企業にとっても、フィリピンにおけるアウトソーシングは重要な役割を担ってくれるはずです。
 
フィリピン人のハイスペックな英語力とコミュニケーション能力は、世界へマーケットを広げるのを大いに後押ししてくれます。
 
 
 

        
フィリピン不動産投資・資産運用のご相談はBTWINへお気軽にご相談下さい   フィリピン/インドネシアへのビジネス進出をお考えなら数多くの企業進出サポート実績を誇る当社にお任せください/日本語スタッフ対応     ビジネスで伝えたいけど誤った伝え方で交渉が決裂…海外での言葉の壁!!! 翻訳・通訳をご希望の方はこちら   完全日本語対応! フィリピンで車を借りるならPH-DOOR!!