フィリピン/インドネシアへのビジネス進出をお考えなら数多くの企業進出サポート実績を誇る当社にお任せください/日本語スタッフ対応

セブで人気の遊び「シーウォーカー」とは?


海に潜ってみたいけど、泳げない・・・

ダイビングは危険そうだから抵抗がある・・・

 

そんな心配があって海に潜ることを諦めていませんか?

「シーウォーカー」なら、泳げなくても、ダイビングのようなリスクもなく、海の中を快適に散策できちゃうんです!

フィリピンのセブではダイビングやシュノーケリングなどの典型的な遊びももちろん人気ですが、最近は気軽に潜れる「シーウォーカー」の人気が高まっています。

 

 

<シーウォーカーとは?>

シーウォーカーとは、専用のヘルメットを被って水中に潜り、遊泳・歩行ができる遊びです。

フィリピンだけでなく、日本だと沖縄などでも流行っています。

■水がまったく入ってこない!

シーウォーカーの最大の特徴は、専用のヘルメットの中には水が一切入ってこないこと!

コップを逆さまにしてまっすぐに水に沈めると中に空洞が出来るのと同じ原理で、ヘルメットの下は空いているのに中は空洞になるんです。

顔も髪もまったく濡れないので、化粧が落ちることもないですし、コンタクトレンズや眼鏡をしたままでも海に潜れちゃうんです。

また、ヘルメットには十分な重みがあるので、ひっくり返って水が入ってくることもありません。

まるで地上にいるのと変わらず、呼吸もできて話すこともできます。

■重たいボンベも必要ない!

スキューバダイビングでは、呼吸をするために重たい酸素ボンベを背負って潜りますよね。

シーウォーカーは、地上にあるタンクからヘルメットへ直接酸素が送られてくるため、ボンベを背負う必要もないんです。

本当にヘルメットだけで、身軽に潜ることができます。

■ウェットスーツもいらない!

ダイビングでは必須のウェットスーツも、シーウォーカーでは必要ありません。

ヘルメットを被るだけなので、水着のままでOKです。

■宇宙遊泳のような感覚!

水中では浮力を感じるため、ちょっとジャンプするだけで数メートル上がったような、まるで無重力の宇宙を遊泳しているかのような感覚が味わえます。

これは酸素ボンベを背負った状態のスキューバダイビングでは無理ですし、シュノーケリングのように沈まないアクティビティでも無理です。

シーウォーカーのみで体験できる、不思議で面白い感覚です。

ぜひ試してみてください♪

■まったく泳げなくてもOK!

泳げない方は水に入ることに抵抗があるかもしれません。

しかし、シーウォーカーは泳げなくても問題ないんです。

ヘルメットを被って沈み、あとは水中を歩くだけなんです。

難しいことは何もありません。

 

<潜っていられる時間>

シーウォーカーで潜っていられるのは、15〜20分ほどです。

さして長い時間ではないかもしれませんが、実はダイビングでもこんなものです。

ゴーグルを着けることもなく自分の目で、間近で美しいサンゴ礁やクマノミやスズメダイなどの魚の群れに遭遇した時は、本当に感動しますよ!

セブ・マクタン島の海洋保護区では、サンゴが枯れないように環境管理を徹底していますので、いつでも魚たちが悠々と暮らすサンゴ礁が見られます。

また、時間が短く髪も顔も濡れていないので、シーウォーカー終了後はそのままショッピングに出かけたりして、1日を充実して過ごすことができます。

 

<子供でも出来る?>

大人はもちろん、子供にもぜひ体験してほしいシーウォーカー。

8歳以上から、あるいは身長120センチ以上からなどの設定をしているエージェントが多いです。

また、年齢に上限はなく、健康な方であれば70歳以上など年配の方でも参加可能です。

体力がそれほどいらないので、誰でも気軽にチャレンジできるのが嬉しいですね。

 

<シーウォーカーでの注意点>

何のスキルも必要なく、老若男女が楽しめるシーウォーカーですが、参加するには注意しなければならないこともあります。

やはり水圧などある程度の負担は体にかかってしまうため、耳や呼吸器、心臓、血圧などに異常のある方や妊娠中の方は、参加できません。

持病がある人も事前に医師に相談しましょう。

また、シーウォーカーに参加した直後の飲酒や飛行機の搭乗も禁止されていますので注意してください。

スタッフの方からいろいろ説明があると思いますので、指示に従ってくださいね。

注意事項を守れば、ほぼ何のトラブルもなく安全に遊べますよ!

 

<シーウォーカーの料金>

セブでのシーウォーカーの料金は、だいたい2,500ペソ(約5,300円)程度です。

もちろん、使う器材のレンタル代やベテランスタッフの誘導込みです。

ただし、現地で飲み物などを注文した場合は別料金がかかります。

 

<シーウォーカーの持ち物>

シーウォーカーに参加する際は、水着とサンダル、日焼け止めを持っていけばOKです。

タオルは貸してくれる会社が多いですが、予備で持っていくと良いかも。

また、もしあれば綺麗に撮れる水中カメラを忘れずにお持ちください。

無い場合はエージェントが有料で写真を撮ってデータをくれるケースが多いです。

 

<シーウォーカーで一生の思い出を作ろう!>

いかがですか?

スキルもライセンスも必要なく、髪も顔も濡らさずに誰でも水中遊泳が楽しめるシーウォーカー。

ダイビングよりもかなり気軽に参加できますので、セブに来た際にはぜひ参加してみてください。

間近で見る海の中の幻想的な世界は、一生の思い出になるはずです。


フィリピン不動産投資・資産運用のご相談はBTWINへお気軽にご相談下さい   フィリピン/インドネシアへのビジネス進出をお考えなら数多くの企業進出サポート実績を誇る当社にお任せください/日本語スタッフ対応     ビジネスで伝えたいけど誤った伝え方で交渉が決裂…海外での言葉の壁!!! 翻訳・通訳をご希望の方はこちら   完全日本語対応! フィリピンで車を借りるならPH-DOOR!! フィリピン不動産へのお問い合わせは投資はこちら