フィリピンでLINEは使えるの?料金はどうなる?


海外留学する際に気になるのが、スマホ・携帯などの利用や料金などについてですよね。

普段日本では通信手段としてLINEのメッセージや無料通話を利用している人も多いと思います。

今回は、フィリピン滞在中も変わらずにLINEは使えるのか?料金はどうなるのか?などについてお伝えします。

 

<LINEはフィリピンでも使えるの?>

結論から言うと、フィリピンでも日本と変わらずにLINEを使うことができます。

メッセージをはじめ、通話も問題なく行えます。

ただし、注意しなければならないことがいくつかあります。

 

<「モバイルデータ通信」を使うと高額に!>

Softbankやau、docomoなどのキャリアを利用している場合、そのスマホを日本で使っている状態のままフィリピンで使うと、「モバイルデータ通信」がオンの状態になっています。

これは「国際ローミング」というサービスを利用することになり、国際電話をかけているのと同じ状態。

LINEだろうとインターネットの閲覧だろうと、非常に高額な通信料金がかかります。

これを知らずに高額請求が来てしまった!という事例は後を絶たず、現在は1日あたりの上限を設けて海外通信を行うように定額制が設定されていることが多いです。

しかし、それでも1日あたり1,600円ほどと決して安くはなく、これを1週間使えば11,200円となり、さらにそれにプラスして通常の料金がかかることになります。

 

<電話をかけていないのに請求される?!>

海外での国際ローミングで怖いところは、自分から電話をかけた場合はもちろんのこと、日本から電話を受けた際にも自分に請求が来る、という点です。

ですので、「自分からかけなければ大丈夫」と思ってモバイルデータ通信をオンのままにしておくのは危険です。

兎にも角にも、国際ローミングを使うメリットはほとんど何もありません。

フィリピンでは確実にモバイルデータ通信をオフにしましょう!

 

<Wi-Fiを使おう!>

高額請求を避けるため、フィリピンでは「モバイルデータ通信」をオフにし、現地のWi-Fiを利用するようにしましょう。

オフにするのは簡単で、設定画面から行うのが一般的です。

もし分からない場合は、契約しているキャリアへ問い合わせると良いでしょう。

あるいは、スマホを「機内モード」に設定すると、モバイルデータ通信はされないようになりますが、Wi-Fiは利用できます。

飛行機に乗る際は機内モードに設定するかと思いますので、現地へ到着してからそのままの状態で使うのも1つの手です。

フィリピンでは、日本よりも無料Wi-Fiエリアがたくさんあります。

空港、ホテルなどはもちろんのこと、ショッピングモールやレストラン、カフェなど、屋内であればほとんどの場所に完備しているので便利です。

ただし、スピードはまちまちで、遅い場所もあります。

 

<プリペイド式のSIMカードを利用する!>

公共の無料Wi-Fiは、ちょっとしたメールやLINEのやりとりなどの軽い通信であれば十分ですが、動画をダウンロードしたり、容量の大きなファイルをやりとりするには速度が足りないこともあります。

また、タクシーでの移動中や屋外など、無料Wi-Fiのないエリアもあり、場所が限られるのがデメリットです。

ですので、いつでもどこでも通信できる状態でありたい場合は、現地でプリペイド式のSIMカードを購入し、自分のスマホに入っているものと差し替えるという方法があります。

この方法を使えば、いちいちWi-Fiの繋がるスポットを探す必要もなく、屋外でもどこでもネットに繋がるので便利です。

ただし、現地のSIMに差し替えるには、今持っているスマホのSIMが解除されている必要があります。

 

<SIMロック解除について>

最近はSIMロックされていない機種が多くなってきていますが、大手キャリアのスマホでは、今もロックされていてSIMカードが抜けないものがあります。

これではフィリピンで現地のSIMを挿すこともできないので、SIMロックを解除してもらう必要があります。

SIMロックを解除するには、キャリアの店舗に持って行ってやってもらう必要があり、有料なことも多いです。

 

<SIMフリースマホなら現地で差し替えるだけ!>

もしもすでにSIMロック解除済み、あるいはSIMフリーのスマホを使っている場合は、現地にそのまま持って行ってSIMカードを差し替えるだけでOKです。

UQやYahooモバイルなどの格安スマホはSIMフリーとなっています。

なお、プリペイド式のSIMカードは、その名の通りプリペイド式なので、チャージする必要があります。

SIMカードだけでは使えません。

チャージするためのカードは、携帯ショップのほか、コンビニなどでも売っています。

使う分だけチャージすれば良いので、使いすぎを防げるのが大きなメリットです。

 

<ポケットWi-Fiを使う>

SIMカードでも無料Wi-Fiでもなく、ポケットWi-Fiを利用する方法もあります。

無線インターネットのルーターを持ち歩く感じなので、基本的に通信は安定しており、チャージの必要もなく、容量は無制限です。

日本でも使用している人は多いですが、海外では日本のポケットWi-Fiは使えませんので、専用のものをレンタルすることになります。

よくCMをやっている「イモトのWi-Fi」などもその1つです。

料金は、1日あたり240円〜1,000円ほど。

いろんな会社からいろんなプランが出ているので、比較してみると良いでしょう。

通信量によって料金が変わりますので、必要に応じてプランを選ぶことになります。

また、フィリピン現地でポケットWi-Fiを購入することもできます。

本体を買うので15,000円前後しますが、データ容量に制限もなく、1日100ペソ(約200円)程度で使い放題なのが嬉しいところ。

もちろん、屋外でも移動中でも使えます。

短期の旅行では必要ないかもしれませんが、長期滞在者にはおすすめの選択肢です。

レンタルにしろ購入にしろ、ポケットWi-Fiの最大のメリットは複数名でシェアして使えるところです。

カップルや友人同士などグループでフィリピンに行くなら、1台のルーターでみんながネットを使えるようになるのでおすすめです。

あるいは、一人でスマホ、PC、タブレットなど複数の通信機器を同時に使用したい人にも良いでしょう。

 

<フィリピンはネットが遅いことで有名!>

公共の無料Wi-Fiも、プリペイド式のSIMカードも、ネットの速度に関しては日本と同等のレベルを期待してはいけません。

フィリピンのインターネットはDSL通信が主流となっており、その最大速度は3Mbpsほどです。

これだけ言われてもあまりピンとこないかもしれませんが、日本の光回線が100Mbpsと聞けば、相当な差があることが分かるでしょう。

なんと、フィリピンのネット速度は日本の30分の1なのです。

感覚としては、現在のLTEが3Gくらいにまで戻った感じでしょうか。

LINEでのメッセージ交換にはそれほど不自由を感じませんが、フィリピンで撮った写真をネット上にアップしようと思っても、この速度ではけっこう時間がかかってしまいます。

ただし、ポケットWi-Fiに関しては、ダウンロード28Mbps、アップロード11Mbpsあり、これは日本でも速い部類に入る速度なので、快適にネットが使えます。

ネットが遅いのがストレスになる方は、ポケットWi-Fiが最もおすすめです。

 

<Facebookメッセンジャーも使ってみよう!>

ちなみに、日本ではLINEを連絡手段に使っている人が最も多いかもしれませんが、フィリピンではFacebookが主流です。

老若男女、みんながFacebookをやりたいがためにスマホを持っています。

もちろん、自分の日常をシェアするのにも毎日使っていますし、メッセンジャーアプリもFacebookのものを使っています。

Facebookのメッセンジャーも、LINEと全く同じようにテキスト送信と無料通話ができますので、アプリをインストールしておくと良いでしょう。

 

<自分に合ったツールを選ぼう!>

フィリピンでも、日本と同じようにLINEのメッセージ、無料音声通話、そしてインターネットができます。

ただし、「モバイルデータ通信」をオフにして、Wi-Fiか現地のSIMを使うのが重要です。

速度重視の方や仕事で使うならポケットWi-Fiですね!

自分にぴったりなツールを選んで、快適で楽しいフィリピンでのネットライフを満喫してください♪


フィリピン不動産投資・資産運用のご相談はBTWINへお気軽にご相談下さい   フィリピンビジネスのサポートなら現地で活躍しているエージェント会社にお任せ下さい。日本人スタッフ対応     ビジネスで伝えたいけど誤った伝え方で交渉が決裂…海外での言葉の壁!!! 翻訳・通訳をご希望の方はこちら   完全日本語対応! フィリピンで車を借りるならPH-DOOR!! フィリピン不動産へのお問い合わせは投資はこちら