フィリピン人のカラオケ好きは半端じゃない!


海外ではいろいろな文化の違いに驚かされますが、フィリピンでびっくりすることの1つに、フィリピン人がめちゃくちゃ歌が上手い!というのがあります。

歌や踊りが大好きなフィリピン人は、シチュエーションを問わずいつでもどこでも歌い出し、それがプロの歌手並みに上手いんです。

コンビニの店員だろうが、レストランのウェイトレスだろうが、街中でも、ジープニーの中でも、ショッピングモールでも、オフィスでも、どこでも歌い出します。

そんな、歌うのが大好きなフィリピン人にとって、カラオケはこれ以上ないくらい大好きな娯楽です。

 

<カラオケセットが一家に一台?>

日本ではカラオケはカラオケボックスで楽しむのが普通だと思いますが、フィリピンでは家庭用カラオケ機が人気です。

なんと、一家に一台あるのだとか。

あまり裕福ではなく電子レンジもないような家庭でも、カラオケセットだけは大金をはたいて買うみたいですね。

アマゾンで見てみると2万円くらいはするので、フィリピン人からすれば1ヶ月分のお給料に値します。

そんな高級品の家庭用カラオケ機は、マイクロチップのようなものを買って曲数を増やすことができるようです。

日本でも持っている人をあまり見たことがないので、知らないですよね(笑)

これがあれば、家族と歌って盛り上がれるのはもちろん、家に人が遊びに来た際には、簡単にカラオケパーティができます。

日本人留学生の中にも、フィリピン人の家庭に招かれてカラオケパーティを体験したことがある人は多いみたいです。

またカラオケセットをビーチに持ち込んで、そこでワイワイ飲みながら歌う、なんていう楽しみ方もあります。

フィリピンは日本と比べて騒音を気にする人があまりいないみたいで、近所迷惑なんか一切考えず、大声で歌って盛り上がります。

しかも夜中まで!時間も関係ありません。

日本なら、まず間違いなく通報されるかクレームになるでしょう・・(笑)

 

<電気屋さんのカラオケマシンで歌う人々>

カラオケマシンの需要があるフィリピンでは、ショッピングモールの家電コーナーでも必ず販売されています。

そして、サンプル機が店頭に置いてあり、それで遠慮なく歌う人々がたくさんいるんです。

これは最初見た時はびっくりしてしまうでしょう。

歌が上手い人も下手な人も、完全に自分の世界に入って家電コーナーで思い切り歌うんです(笑)

なかなか勇気のいることだと思いませんか?

しかも、音量もかなり大きくて、店中に響き渡ります。

でも彼らは恥ずかしいなんて全く思っていなくて、むしろ「私の歌を聞いて!」とばかりに熱唱します。

 

<普通のカラオケボックスもある>

フィリピンにも、日本と変わらない普通のカラオケボックスもあります。

タガログ語や英語の曲はもちろんですが、日本語の歌がたくさん入っているマシンもあったりして、意外と日本人でも楽しめます。

新しい曲はあまり期待できませんが・・。

フィリピン人の中にはJ-POPのファンもいて、松田聖子や中島美嘉、SMAP、宇多田ヒカル、アニソン(ドラゴンボール等)などなど、日本語は喋れないけど日本語で歌うことはできる!という人も多いです。

 

<マイクは一人が独占!>

日本ではみんなでカラオケする際には、マイクを順番に回してみんなが均等に歌えるように配慮したりしますよね。

フィリピンにはこういう習慣は残念ながら一切ありません!(笑)

誰か一人がマイクを独占し、ず〜っと歌い続けることも全然珍しくないんです。

人の歌を聞くよりも、断然自分の歌を聞いてくれ!!というタイプが多いんですね。

聞くのが平気な方なら良いですが、そうでない人にとっては時には苦痛に感じてしまうこともあるかもしれません。

 

<KTVでもカラオケ♪>

フィリピンのキャバクラ・KTVでもカラオケは大盛り上がりです。

日本のキャバクラではおしゃべりしながらお酒を飲むのが普通ですが、フィリピンでは女の子たちがマイクを握って歌うことも。

ここでも、一緒に歌うこともあれば、女の子ばかりが延々と歌い続けることもあります(笑)

女の子のペースに持って行かれないように注意です!

でも、本当に上手い子も多いので、ついつい聞き入っちゃうこともあるかもしれませんね。

 

<カラオケ大会、のど自慢大会>

フィリピンでは、カラオケ大会もいろいろな場所で行われています。

日本のNHKが主催する「のど自慢大会」もマニラのショッピングモールで行われたことがあり、日本語のアニメソングなどが歌われました。

みんな日本の候補者たちよりも平均的なレベルが高く、時にはのど自慢大会がきっかけで有名なプロデューサーの目に止まり、本格的な歌手デビューを果たす人もいるんです。

世界的に有名な歌手となったフィリピン・ラグナ州出身のシャリース・ペンペンコもまた、家計を助けるためにアマチュアののど自慢大会に数々出場し、賞金を稼いでいたそう。

 

<英語力アップにもカラオケはおすすめ!>

カラオケは日本発祥の遊びですが、今やフィリピンでは日本以上に人気があるように見えます。

いつでもどこでもとにかく歌が好き!そしてみんなプロ並みに上手い!という彼らには、歌の才能が生まれつき細胞に刻まれているのかな?と思ってしまうほどです。

フィリピンでカラオケに誘われたら、ぜひ一度は彼らの歌を聞いてみることをおすすめします!

またもちろん、自分でも歌って楽しむことを忘れずに♪

恥ずかしがらずに一緒に盛り上がれば、あなたの歌もレベルアップするかもしれません。

また、洋楽を覚えて歌うことは英語力アップにも繋がるのでオススメです!


フィリピン不動産投資・資産運用のご相談はBTWINへお気軽にご相談下さい   フィリピンビジネスのサポートなら現地で活躍しているエージェント会社にお任せ下さい。日本人スタッフ対応     ビジネスで伝えたいけど誤った伝え方で交渉が決裂…海外での言葉の壁!!! 翻訳・通訳をご希望の方はこちら   完全日本語対応! フィリピンで車を借りるならPH-DOOR!! フィリピン不動産へのお問い合わせは投資はこちら