フィリピンペソの持ち歩き方

日本ではどこへ行っても1万円札が使えますし、お釣りが無いなんてことは滅多にないでしょう。
しかし、フィリピンは事情が違います。
フィリピンペソには、
・1000ペソ紙幣
・500ペソ紙幣
・200ペソ紙幣(あまり出回っていない)
・100ペソ紙幣
・50ペソ紙幣
・20ペソ紙幣
・10・5・1ペソ硬貨
・SENTIMO(1ペソより小さな硬貨。あまり出回っていない)
がありますが、この中でもよく使うのは100、50、20、10、5、1ペソです。
これより大きい単位だと、お釣りがないと言われてそのままぼったくられることもあります。
もちろん、大きなショッピングセンターやホテルなどでは大丈夫です。
タクシーや地元の小さな商店などで困るので、あらかじめできるだけ小さく崩しておくことをおすすめします。
ただ、こうやって細かく崩しておくと、当然ながらかなりの数の紙幣と硬貨を持つことになります。
正直言って結構持ち歩くのは面倒です。
ですので、一箇所にまとめず、分散して持ち歩くと良いでしょう。
現地のフィリピン人のように、1〜50ペソはある程度ポケットにそのまま入れておいても良いでしょう。
ただし、スリには注意してくださいね。
そして、財布には100ペソ紙幣を入れておきます。
これより大きい500ペソ以上の紙幣は、基本的に持ち歩かない方が良いです。
フィリピンではクレジットカードが使えるところも圧倒的に少ないため、不便ですがこのように頑張って現金を管理する必要があります。
今後、ビットコインなどの仮想通貨がもっと一般に普及すれば、ペソの代わりにスマホ1つで買い物が済ませられるようになるかもしれません。
フィリピン不動産投資・資産運用のご相談はBTWINへお気軽にご相談下さい   口座開設・ビザ申請・法人登記サポートなどはe-plus-agent.comまで!     フィリピン不動産・投資視察ツアーはE-PLUSにお任せください!! お客様満足度95%   完全日本語対応! フィリピンで車を借りるならPH-DOOR!! フィリピン不動産へのお問い合わせは投資はこちら