フィリピン/インドネシアへのビジネス進出をお考えなら数多くの企業進出サポート実績を誇る当社にお任せください/日本語スタッフ対応

天井画が美しいフィリピン・セブ島の観光スポット「マゼランクロス」



セブ市のダウンタウン、セブ市庁舎の広場にある大きな木の十字架「マゼランクロス」は、フィリピン・セブを代表する歴史的建造物スポット。セブ市の中心地からもアクセスが良く、サントニーニョ教会の隣にあるので訪れやすい観光スポットとして親しまれています。


マゼランクロスの歴史


ポルトガルの冒険家マゼランがキリスト教布教のためにセブ島を訪れた1521年、セブの族長フマポン王とファナ王女、そして800人の家臣がフィリピンで初めてキリスト教徒になるための洗礼をマゼランから受けた事を記念し「マゼランクロス」を建立しました。
当時十字架は少し削って飲むことで「万病に効く」という噂から、十字架を削り持ち去る人が後を絶たなかった為、現在は十字架の全壊を防ぐために木製のカバーで覆われており本来のマゼランクロスはその中にあり、実物を見ることは出来ません。中央には沢山のロウソクが焚かれており、八角堂の近くではロウソクを販売している人がたくさんいるのでロウソクを買ってお供えしてみましょう。マゼランクロスに訪れる人の中には信心深い人も多く、ロウソクの火が消えるまでずっとお祈りするフィリピン人も見かけます。


天井には美しい洗礼式の絵画


建物の天井には美しい天井画があり、訪れる人々の目を惹きます。フィリピンで初めてキリスト教の洗礼を受けた、フマボン王とファナ女王の洗礼式の様子が描かれています。思わず見惚れてしまう美しい天井画と十字架の大きさに圧倒されるはず。建物は小さく、入場料は無料なので誰でも気軽に見て回ることができます。フォトスポットとして人気を集めている場所。冒険家マゼランがキリスト教を布教するためにセブ島に訪れた際に建てたと言われる木製の十字架を見ることが出来ます。

住所:Magallanes Street, Cebu City
営業時間:8:00~18:00
定休日:不定休
入場料:無料



        
フィリピン不動産投資・資産運用のご相談はBTWINへお気軽にご相談下さい   フィリピン/インドネシアへのビジネス進出をお考えなら数多くの企業進出サポート実績を誇る当社にお任せください/日本語スタッフ対応     ビジネスで伝えたいけど誤った伝え方で交渉が決裂…海外での言葉の壁!!! 翻訳・通訳をご希望の方はこちら   完全日本語対応! フィリピンで車を借りるならPH-DOOR!!