フィリピン/インドネシアへのビジネス進出をお考えなら数多くの企業進出サポート実績を誇る当社にお任せください/日本語スタッフ対応

フィリピンのモールで立てこもり事件、裏側に雇用問題?


マニラ首都圏のサンフアン市で3月2日、男が人質をとって立てこもる事件がありました。
 
場所はサンフアン市の「グリーンヒルズ」というショッピングモール。
 
ショップやレストランはもちろん、教会や医療施設なども入る大きめのモールで、周辺地域の人々の生活の基盤になっている場所です。
 
事件発生時も大変混み合っていました。
 
 
男はもともとこのショッピングモールの警備員でしたが、最近解雇されたそう。
 
その腹いせにか、モールの従業員約30人を人質にして立てこもり、人質一人には発砲したということです。
 
銃の他に手りゅう弾も所持していると主張していた模様。
 
打たれた従業員は怪我をして病院に運ばれましたが、命に別状はありませんでした。
 
 
事件当時、モールは封鎖され、買い物にしに来ていたお客らは外に避難していました。
 
そして、10時間経った同日の夜、警察の説得に応じて投降。
 
人質たちも無事解放されました。
 
 
どうやら犯人の男は、モールの警備員の仕事を2週間無断欠席していた模様。
 
それで解雇されてしまったものの、「同僚の警備員と公平に扱われなかった」と主張しているそう。
 
また、雇い主への不満を訴えたときには、周りにいたほかの従業員から歓声が上がった場面もありました。
 
事件の裏側には、雇用をめぐる大きな問題があるのでは、と推察されています。
 

        
フィリピン不動産投資・資産運用のご相談はBTWINへお気軽にご相談下さい   フィリピン/インドネシアへのビジネス進出をお考えなら数多くの企業進出サポート実績を誇る当社にお任せください/日本語スタッフ対応     ビジネスで伝えたいけど誤った伝え方で交渉が決裂…海外での言葉の壁!!! 翻訳・通訳をご希望の方はこちら   完全日本語対応! フィリピンで車を借りるならPH-DOOR!!