世界最長のロックダウン!フィリピンの子供達を対象にチャリティにご協力下さい!!フィリピンの子供たちを救いたい! フィリピン田舎暮らしを配信中!! Kuya Kaz【Philippines life】 エドちゃんねる Ed Channel Philippines 2009年からフィリピンマニラに住んでいるエドワードがフィリピンの情報を発信しています。特にに海外移住、フィリピン移住のことを中心に情報を発信しています。昨今、日本を離れ海外へ移住する人が増えてきていますのでその参考になればと思います。 BamBuhaiフィリピン基地局 アンヘレスを拠点にフィリピンのトピックを配信していくBamBuhaiチャンネルを開設現地での検証動画と皆様に役立つ情報、生活など沢山の方に参考にして頂ければと思い開設しました。 AYUDAちゃんねる フィリピンに取り残されてしまった日本人のリアルを配信中!

フィリピンにモスバーガー1号店がオープン!


順調に経済が発展していることから日系企業も次々と進出しているフィリピン。
 
今や都市部では多数の和食レストランが軒を連ねますが、この度日本のハンバーガーとして名高いモスバーガーの1号店がオープンが決定しました!
 
場所は、メトロマニラのショッピングモール「ロビンソンズガレリア」。
 
1月15日と16日にお披露目イベントが開催され、正式オープンは2月26日になるということです。
 
 

■ジョリビーの3倍の値段で販売

イベントでは、「モス・チーズバーガー」149ペソ(約300円)、焼肉ライスバーガー169ペソ(約350円)で販売されました。
 
お米大好きなフィリピン人には特にライスバーガーはウケそうですね!
 
ただ、値段はフィリピン最大手のジョリビーがハンバーガー1個40ペソ(約80円)程度なので、かなり高い設定となっています。
 
 

■ターゲットは所得の高い層

運営は、モスフードサービスとトーキョーコーヒーホールディングス(ゼネラルミリングのグループ会社)がそれぞれ出資した合併会社モスバーガーフィリピンズ。
 
あえてフィリピンのハンバーガー市場価格には合わせず高価格帯で攻めようと思ったのは、比較的所得の高い人たちをターゲットにしているからだそうです。
 
確かにフィリピン人の中間層にはちょっとした”見栄っ張り”な人も多く(スタバでコーヒーを買う人もそうだと思いますが)、モスバーガーで買うことがステータスになるようなブランディングが出来れば成功しそうですね。
 
 

■海外進出が進むモスバーガー

なお、モスバーガーはすでに台湾に275店舗、シンガポールに41店舗、香港に29店舗、タイに9店舗、インドネシアに3店舗、中国に13店舗、オーストラリアに6店舗、韓国に15店舗を出店しており、海外進出には非常に積極的です。
 
今後はフィリピンでも店舗数を拡大し、2027年までに50店舗にすることを目指しています。
 
フィリピン在住の日本人にとっても、あのフレッシュでジューシーなモスバーガーが食べられるのは嬉しいですよね。
 
来月のオープンが楽しみです。