フィリピン/インドネシアへのビジネス進出をお考えなら数多くの企業進出サポート実績を誇る当社にお任せください/日本語スタッフ対応

フィリピンで人気の日本の曲


フィリピン人はカラオケが大好き!
 
家庭には一家に一台カラオケ機がありますし、KTVの女の子たちも、客そっちのけで自分の歌に熱中します。
 
道端でもスーパーでもコンビニでも、店員だろうが清掃員だろうがピザの配達員だろうが、とにかくみんな自由に歌いまくっています(笑)
 
そしてみんなプロなのかと思ってしまうほど上手なんです。
 
ラテン系の血が流れてるからなのでしょうか・・?羨ましいですね。
 
 
そんなフィリピンでは、J-POPも人気があります。
 
今回は、フィリピンで人気の日本の曲をご紹介します。
 
 

■First Love(宇多田ヒカル)

 
バラードとして日本でも不動の人気を誇る宇多田ヒカルのFisrt Loveは、フィリピンでも王道のカラオケナンバー。
 
英語も入ってますし、聴かせどころのある難しい部分が多いので、実力を見せつけたいフィリピン人にはぴったりですね。
 
 

■真夏の果実(サザンオールスターズ)

 
「四六時中も好きと言って♪」のフレーズで日本でも知らない人はいない真夏の果実。
 
なんとフィリピンでは「Isang Tanong Sagot」という曲名でタガログ語カバーされており、ドナ・クルーズという歌手が歌っています。
 
 

■いとしのエリー(サザンオールスターズ)

 
やはり国民的人気のサザンは、この曲もフィリピンで人気。
 
こちらも「HONEY MY LOVE SO SWEET」という曲名でカバーされており、APRIL BOY REGINOというミュージシャンが歌っています。
 
 

■未来へ(Kiroro)

 
キロロは綺麗な歌声とはっきりした発音で聞き取りやすく、フィリピン人にも歌いやすいのか、この曲以外にも「長い間」や「Best Friend」などが知られています。
 
「未来へ」は「mirae」という曲名で浸透しているようです。
 
 

■キミが好きだと叫びたい(「スラムダンク」主題歌)

 
バスケットボールフリークのフィリピン人にとって、スラムダンクは不動の人気アニメです。
 
なので、その主題歌であるこの曲も、誰もが知っています。
 
一番人気はドラゴンボールかワンピースかと思いきや、実はスラムダンクなんだそう。
 
 

■微笑みの爆弾(「幽☆遊☆白書」主題歌)

 
幽☆遊☆白書もまた、人気のアニメの1つです。
 
現地ではタガログ語で放送されていました。
 
この歌はカラオケでよく歌われており、一緒に歌えば盛り上がること間違いなしです。
 
 

■フィリピン人と一緒に歌ってみよう!

いかがですか?
 
ぜひこれらの曲は歌えるようにしておいて、フィリピン人と一緒にカラオケを楽しんでみてくださいね。
 
KTVで歌えば注目度も高いですよ♪

        
フィリピン不動産投資・資産運用のご相談はBTWINへお気軽にご相談下さい   フィリピン/インドネシアへのビジネス進出をお考えなら数多くの企業進出サポート実績を誇る当社にお任せください/日本語スタッフ対応     ビジネスで伝えたいけど誤った伝え方で交渉が決裂…海外での言葉の壁!!! 翻訳・通訳をご希望の方はこちら   完全日本語対応! フィリピンで車を借りるならPH-DOOR!!