フィリピン/インドネシアへのビジネス進出をお考えなら数多くの企業進出サポート実績を誇る当社にお任せください/日本語スタッフ対応

バギオ隣町のストロベリー・フェスティバルでイチゴを満喫しよう!


フィリピンでは1年を通してさまざまなお祭りが開催されています。
 
キリスト教関連のものや、特産物の収穫を祝うものなど、コンセプトもいろいろです。
 
今回は、数あるフィリピンのお祭りの中でも、バギオの隣町ラ・トリニダードというところで開催される「ストロベリー・フェスティバル」をご紹介します。
 
 

■イチゴの名産地ラ・トリニダード

ラ・トリニダードってどこ?なにそれ?って方も多いかもしれませんね。
 
ラ・トリニダード(La Trinidad)は、フィリピンのルソン島イロコス地方ベンゲット州にある自治体で、人口約13万人。
 
”フィリピンの軽井沢”として知られる避暑地バギオから、タクシーで20〜30分ほどのところにあります。
 
山に囲まれた高原都市です。
 
年間を通して涼しい気候のため、イチゴの栽培に適しています。
 
町中にはストロベリーファームがあり、観光スポットとしても有名。
 
12月〜4月の間はイチゴ狩りが楽しめます。
 
 

■ストロベリー・フェスティバルの概要

ラ・トリニダードでストロベリー・フェスティバルが始まったのは1981年のことです。
 
毎年3月に行われ、1ヶ月間さまざまなイベントが開催されます。
 
採れたてイチゴはもちろん、イチゴジャムやアイスクリーム、ワイン、シェイクなどのイチゴ加工品、Tシャツなどの雑貨も販売されます。
 
メインイベントは、フィリピンお得意のストリートダンスやパレード、フロート(花車)、そしてジャンボストロベリーケーキの展示があります。
 
 

■民族衣装が美しいストリートダンス

 
ストロベリーフェスティバルというだけあって、イチゴをモチーフにした可愛い衣装のダンサーが町中を練り歩きます。
 
また、「ベンゲット」や「カリンガ」といった少数民族の衣装を纏った人たちの踊りも見逃せません。
 
独特の華やかな色合いが美しく、民族の誇りを感じます。
 
フィリピン人は基本的にダンスや歌が非常に上手なので、パフォーマンスのクオリティの高さは圧巻です。
 
 

■ギネスに登録されたストロベリーケーキ

 
ストロベリーフェスティバルで観光客が最も楽しみにしてるのは、このジャンボケーキかもしれません。
 
2014年にはなんと9,600kgもあるジャンボストロベリーケーキを作り、ギネスブックにも載ったのだそう。
 
ケーキは展示の後はなんとっった20ペソ(約40円)で試食もできます。
 
フィリピンのケーキは一般的にすごく甘くて苦手という日本人も多いのですが、このストロベリーケーキは程よい甘酸っぱさがあり、食べやすく美味しいと評判です。
 
 

■新鮮イチゴを満喫しよう!

お祭りが楽しいのはもちろんのこと、数kmに渡って広がるイチゴ畑の風景もとても美しく、そこで食べるフレッシュなイチゴは格別です。
 
イチゴ好きな方はもちろん、フィリピンの少数民族に興味のある方、そしてお祭りやパレードが大好きという方は、ぜひラ・トリニダードのストロベリーフェスティバルへ足を運んでみてください。
 

フィリピン不動産投資・資産運用のご相談はBTWINへお気軽にご相談下さい   フィリピン/インドネシアへのビジネス進出をお考えなら数多くの企業進出サポート実績を誇る当社にお任せください/日本語スタッフ対応     ビジネスで伝えたいけど誤った伝え方で交渉が決裂…海外での言葉の壁!!! 翻訳・通訳をご希望の方はこちら   完全日本語対応! フィリピンで車を借りるならPH-DOOR!! フィリピン不動産へのお問い合わせは投資はこちら