フィリピン/インドネシアへのビジネス進出をお考えなら数多くの企業進出サポート実績を誇る当社にお任せください/日本語スタッフ対応

フィリピンは早くもクリスマスシーズンに!


国民の80%以上をカトリック教徒が占めるフィリピンでは、クリスマスは1年の中で最も重要なイベント。

日本のようにお祭りとして扱うだけでなく、宗教的な意味も深いです。

ASEAN諸国の中では唯一のキリスト教国であるこの国は、クリスマスシーズンが世界で一番長いとも言われています。

何しろ、9月から12月まで4ヶ月間も続くのです。

9月も終わりに近づいている今は、すでにフィリピンはクリスマスシーズンに突入しています。

 

■”ベル・マンツ”

フィリピンでは、クリスマスシーズンは別名「ベル・マンツ」と呼ばれています。

ベルは「ber」、マンツは「month」で、要するに末尾にberの付く月という意味で、スペイン語訛りになっています。

September、October、November、Decemberの4ヶ月ですね。

これらがフィリピンではそのままクリスマスシーズンに該当しています。

 

■フィリピンクリスマスの祝い方

4ヶ月続くフィリピンのクリスマスシーズンでは、大通りの並木に電飾が付けられたり、大きなクリスマスツリーが設置されたりと、街中が派手に装飾されていきます。

また、ショッピングモールなどの中にはクリスマス用品がいっぱい。

ツリー用のオーナメントや電飾、クリスマス料理用の材料や道具がそこかしこで売られます。

そして店内BGMも9月からすでにクリスマスソングに。

日本人からすればどう考えても早すぎなんですが、ホリデーが大好きなフィリピン人にとって「ber」の付く月は本当にワクワクするものらしく、クリスマス一色にしたいようです。

4ヶ月もクリスマスソングを聞くっていうのもなんだか飽きてしまいそうですが・・・彼らはそれが楽しくてしょうがないのかもしれません。

ちなみに日本では10月にハロウィンというビッグ商業イベントがありますが、フィリピンではすでにクリスマスシーズンに入っています。

では、ハロウィンは祝わないのか?というとそうでもありません。

9月にクリスマスを祝い始め、10月にハロウィンに切り替え、11月にまたクリスマスに戻すそうです(笑)

 

■大人もプレゼントがもらえる

クリスマスといえばプレゼントも超大事!

フィリピンでは子供たちにあげるだけでなく、大人もプレゼントを交換します。

1年間お世話になったというお礼の意味もこめて、周りの人に配るのです。

あげるのはお菓子でも時計でも化粧品でも電化製品でも何でもOK。

いくつになっても、プレゼントをもらうのって嬉しいものです。

また、何をあげようか考えるのも案外楽しいですよ。

ビジネスでは、同僚と交換するのはもちろん、取引先からもプレゼントが届きます。

 

■クリスマスのボーナス

そんなにプレゼントを配りまくって、金銭的に大丈夫なの?とちょっと心配になってしまいますよね。

ご安心ください。

フィリピンには、クリスマスシーズンのためのちょっとしたボーナスがあるんです。

「13ヶ月手当て」と呼ばれているもので、12月は1ヶ月分多くお給料がもらえます。

それでみんなプレゼントを買ったり、家を装飾するためのデコレーションを買ったりします。

日本のように1.5ヶ月分とか3ヶ月分とか大きな金額ではないですが、冬のボーナスと似たようなものですね。

そして少しも余すことなく、全部使い切るのがフィリピンスタイルです。

 

■クリスマスパーティは妥協しない

12月になると、毎週のようにクリスマスパーティが行われます。

会社の仲間と、友達と、家族と、パーティ好きのフィリピン人は、ここぞとばかりに盛り上がるのです。

会社にはクリスマスパーティのための積み立てもあります。

普段はお金に無計画のフィリピン人も、クリスマスパーティのためなら念入りに計画をたてて予算を作るのです。

プレゼントを用意するのはもちろんのこと、素敵な会場を押さえ、豪華な料理を用意し、デコレーションも妥協しません。

ゲームの景品だって必要です。

しかも、クリスマスパーティのクオリティが、従業員の離職率に大きく影響するのだそう・・。

つまり、会社を選ぶ条件の中に、クリスマスパーティの良し悪しが入っているということです。

クリスマスパーティを軽視してしょぼいものにしようものなら、他にもっと良いパーティをしてくれる会社へ転職しようと考えるらしいのです(笑)

クリスマスパーティのためなら会社を早く閉めちゃってもOKですし、とにかく経営者にとってもこの一大イベントは会社の存続に関わる非常に重要なものなのです。

文化の違いとはいえ、おそろしいほどのクリスマスへの執着です(笑)

 

■パーティへの差し入れ

そんなフィリピンのクリスマスパーティは本当に毎週のように開催されており、呼ばれることも多くなります。

呼ばれたからには、やっぱり何かしらのお土産や差し入れを持っていきたいものです。

フィリピン人が喜ぶ差し入れには以下のようなものがあります。

・デリバリーピザ

・ケーキ

・アイスクリーム

・ドーナツ

定番のパーティ料理や甘いものはハズすことはありません。

ただ、フィリピンは暑いのでケーキやアイスなどの溶けやすいものは、会場に冷蔵庫や冷凍庫があるかどうか確認したほうが良いです。

フィリピン人はみんなでシェアして食べるのが大好きなので、やはり大きなピザなんかは活躍してくれるでしょう。

 

■クリスマス当日は案外静か

9月から準備してパーティ三昧、プレゼント交換三昧が終わったら、いよいよ12月25日、クリスマス当日を迎えます。

日本では平日に当たると普通に仕事がありますが、フィリピンでは祝日です。

みんなこの日もパーティで大盛り上がりかと思いきや、実は当日は教会に行って家族とのんびり家で過ごすのが普通で、案外静かです。

いきなり敬虔なカトリック教徒になるんですね。

また、日本ではクリスマスは恋人と過ごすのが定番というイメージがあるかと思いますが、フィリピンでは家族と過ごします。

彼氏や彼女がいても、それぞれ自分の家でゆったり家族と食卓を囲むのです。

イメージとしては、日本のお正月に近いです。

お正月は恋人と会うより実家に帰るなどして家族と過ごす人が多いと思います。

街中のお店やモールも早く閉まりますし、クローズしているところも多いです。

 

■クリスマスムードが完全に終わるのは2月

日本では12月25日を過ぎれば一気にお正月の準備を始めますが、フィリピンでは1月中旬頃まではクリスマスの雰囲気が続いており、ツリーもまだ飾られています。

New Yearもお祝いしますが、クリスマスほど盛り上がるわけではなく、数発の花火が上がるのが恒例です。

1月後半になればだんだんバレンタインの準備が始まり、2月にやっとクリスマスシーズンが終わります。

 

■治安には注意

9月〜12月(特に12月)のフィリピンは、人々がみんな派手にお金を使い、気持ちも高まっているのですが、そのせいか犯罪も多くなります。

ですので、この時期に渡航してくる際には特にスリや強盗、ひったくり、置き引きなどに気をつけてください。

クリスマスの資金を、盗んで調達しようと考えるフィリピン人もいるのだそうです。

正直いうと、あまり観光旅行に向いている時期とはいえません。

もしも行く際には、派手な格好やブランド品を身につけて歩くなど、目立つことは避けましょう。

大金を持ち歩かないことも大事です。

 

■フィリピンのクリスマスを体験してみよう

日本とは祝い方も時期も盛り上がりも違うフィリピンのクリスマス。

治安が悪化するとはいえ、やはりお祭りムードというのは楽しいものです。

みんなの羽振りが良くなり、プレゼントやパーティにワクワクしている姿を見るのも気持ち良いですよ。

季節が真夏なのも、日本とは違って面白いと感じる部分かもしれません。

機会があれば、ぜひフィリピンのクリスマスを体験してみてください。


フィリピン不動産投資・資産運用のご相談はBTWINへお気軽にご相談下さい   フィリピン/インドネシアへのビジネス進出をお考えなら数多くの企業進出サポート実績を誇る当社にお任せください/日本語スタッフ対応     ビジネスで伝えたいけど誤った伝え方で交渉が決裂…海外での言葉の壁!!! 翻訳・通訳をご希望の方はこちら   完全日本語対応! フィリピンで車を借りるならPH-DOOR!! フィリピン不動産へのお問い合わせは投資はこちら