なぜ犯罪者はフィリピンに逃亡するのか?


経済成長が著しい、貧富の差が激しい、物価が安い、英語留学が流行・・・などなど、さまざまなイメージが抱かれている現代のフィリピン。

巷のニュースを見ていると、日本の犯罪者たちが逃亡している国としていつも挙げられている、と気づく人もいるでしょう。

確かに日本からフィリピンへ逃亡する犯罪者は大変多いです。

 

<なぜフィリピンなのか?>

なぜ犯罪者たちはフィリピンという国を選んで逃亡するのでしょうか?

何かフィリピンでなくてはいけない理由やメリットがあるのでしょうか?

どうやら現代のフィリピンにおいては、実は逃亡するメリットなんか無い、というのが本当の答えのようです。

犯罪者がこぞってフィリピンへ逃げるのは、単に過去にそれで逃亡に成功した人が多かったからです。

日本とフィリピンの間には「犯罪人引渡し条約」が結ばれていないこともあって、フィリピンなら大丈夫だと考えた人も多かったようです。

 

<「犯罪人引渡し条約」とは?>

「犯罪人引渡し条約」とは簡単に言えば、他国の犯罪者を自国で発見した場合、相手国へ引き渡す、というもの。

日本は現在、アメリカと韓国の2か国とのみ結んでいます。

日本でアメリカの犯罪者を見つけたらアメリカへ引き渡す、韓国で日本の犯罪者を見つけたら日本へ引渡す、という約束をしているのです。

しかし、フィリピンとはこの条約が結ばれていないため、たとえフィリピンで日本の犯罪者が見つかっても、フィリピンが日本に引き渡す義務はないのです。

つまり、日本の犯罪者は、フィリピンに居て見つかりさえしなければ、そのまま逃げ切ることも理論上可能なのです。

 

<女性の協力でフィリピンに逃亡できていた>

過去に日本からフィリピンへ逃亡していたのは、単なる犯罪者ではなく、裏社会の人々(暴力団員、ヤクザ、マフィアなど)でした。

彼らは日本のフィリピンパブで仲良くなった女性に協力してもらって、フィリピンへ渡っていたのです。

あるいは現地のフィリピン人女性とすでに知り合いで、その女性に逃亡を手伝ってもらっているケースも多々ありました。

女性の存在あってこそ、逃亡が成功していたのです。

ですので、決してフィリピンに渡ったからといって、逃げ切れるというわけじゃありません。

ここ最近フィリピンで捕まった日本の犯罪者で、特に現地人とコネのない人たちは、みんなただなんとなくフィリピンなら逃亡できる、と思って渡っていたようです。

 

<逃亡できたとしても・・・>

フィリピン人女性に協力してもらって逃亡しても、悲惨な最期を迎える犯罪者はたくさんいます。

そもそもフィリピン人女性がなぜ犯罪者の男性を助けるのか?

それは他でもない、お金のためです。

中には恋愛関係になっていて、恋人を守りたい気持ちで協力していた女性もいるようですが、大半はお金を積まれて逃亡に加担していました。

そのため、犯罪者男性から取れるだけお金をむしり取って消える女性もいましたし、お金が底をついた瞬間に警察に密告する女性もいました。

過去の犯罪者たちにとっても、フィリピン人女性を頼って逃亡するのは大きなリスクを伴ってのことだったのです。

 

<協力者の数が減少している>

そんなハイリスクを抱えつつも、フィリピン人女性の協力があれば、現代でも逃げ切ることは可能でしょう。

しかし、日本は今外国人の受け入れを制限している状態です。

以前はたくさんの出稼ぎフィリピーナたちが日本へ来てフィリピンパブで働いていましたが、今は就労ビザの発給が厳格化されて日本に来るフィリピン人が減少しました。

つまり、逃亡を助けてくれる人がいなくなったのです。

それでも犯罪者たちがフィリピンへ渡ろうとするのは、単に「フィリピンは逃亡しやすい国」というイメージがあるからに過ぎないのです。

 

<厳格化した取り締まり>

さらに、ドゥテルテ大統領が指揮をとるようになった現在のフィリピンでは、犯罪者の取り締まりがより厳しくなりました。

相手が日本人であってもそれは同じこと。

日本から捜査要請があれば、積極的に目を光らせるようになったのです。

先日から話題に上っている「漫画村」の管理人・星野ロミ容疑者も、フィリピン政府が本格的に捜査に乗り出したからこそ逮捕に至ったのでした。

 

<もうフィリピンには逃げられない?>

少しずつ犯罪への取り締まりが厳しくなり、逃亡先としてはあまり有効ではなくなったフィリピンですが、過去に逃げ切った犯罪者たちが今も潜伏しているのは間違いありません。

そして、今から彼らを逮捕するのも簡単ではないでしょう。

ただ、彼らがフィリピンで幸せに暮らしている可能性はかなり低く、ほとんどが身動きのとれない状態で過ごしているだけのはずです。

また、これだけフィリピン逃亡に失敗した犯罪者たちの逮捕が続いている現代においては、今後フィリピンに逃げようと思う犯罪者も減ってくるかもしれません。

星野容疑者の例もあり、日本からも捜査要請を積極的に行なっていくでしょう。

フィリピン人だって、日本の犯罪者たちをかくまいたいと思っているはずがありません。

いずれにせよ、ドゥテルテ政権の設立によっていかなる犯罪者も行き場をなくしてきているのは間違い無いと思います。


フィリピン不動産投資・資産運用のご相談はBTWINへお気軽にご相談下さい   フィリピンビジネスのサポートなら現地で活躍しているエージェント会社にお任せ下さい。日本人スタッフ対応     ビジネスで伝えたいけど誤った伝え方で交渉が決裂…海外での言葉の壁!!! 翻訳・通訳をご希望の方はこちら   完全日本語対応! フィリピンで車を借りるならPH-DOOR!! フィリピン不動産へのお問い合わせは投資はこちら