フィリピン留学がイギリスよりも人気に?


ここ数年で、フィリピン留学がますます人気になってきているようです。

一般社団法人海外留学協議会(JAOS)によれば、今やフィリピンに留学する日本人の数はイギリスを抜きました。

ランキングは以下のようになっています。

1位:アメリカ

2位:オーストラリア

3位:カナダ

4位:フィリピン

5位:イギリス

また、フィリピンへ留学する人の数も年々増加しており、2016年には3,918人だったのが、現在は6,238人にまで伸びています。

 

 

<フィリピン留学が伸びている主な理由は?>

なぜ日本人にこれだけフィリピン留学が人気になったのでしょうか?

その理由は、

■費用の安さ

■4〜5時間で行ける近さ

■マンツーマンレッスンが受けられる

などがあります。

費用に関しては、欧米に留学する際の約半分にまで押さえることができます。

1ヶ月の留学なら30万円もあれば生活費もすべて賄えるくらいです。

また、フィリピンは日本から一番近い英語圏で、渡航に8〜12時間以上かかる欧米諸国に行くよりも近くて気軽です。

さらに、講師とのマンツーマンレッスンが受けられることは、世界的に見てシャイで引っ込み思案なタイプが多い日本人にとって都合が良いのですね。

そしてもちろん、セブなら憧れの南国リゾートに滞在できる!という旅行も兼ねた目的の人が多いことも、フィリピン留学が伸びている理由の1つでしょう。

 

 

<オンライン英会話の普及>

十数年前までは、フィリピンを留学先として検討する人などいなかったでしょう。

そもそも「フィリピンの公用語が英語」だということも、あまり認知されていなかったと思います。

しかし、日本でオンライン英会話が普及してきたのと同時くらいに、フィリピン留学がだんだん注目されるようになっていったのです。

オンライン英会話が誕生したのは2000年頃。

マンツーマンなのに1レッスン数百円という安さが、英会話業界を震撼させました。

そしてその安さの秘密が、人件費の安いフィリピン人講師だったのです。

当初は「フィリピン人から英語を習って大丈夫なの?」と疑問に思った方もいたかもしれませんが、実際には彼らの高い英語力がだんだんと認められるようになっていきました。

そして、フィリピン現地で英語を学んでみたいと思う人も増えていったのです。

 

 

<東京オリピックもきっかけに>

現在は英語留学先としてイギリスも超えたフィリピン。

留学生が増えている理由として、東京でのオリンピック開催も挙げられます。

いよいよ来年に控え、世界中から選手や観光客が来日することから、英語が話せる人材はさらに需要が高まっているのです。

ボランティアで外国人を案内したいという日本人も増え、英語学習者はますます熱が高まっています。

短期間で気軽に行けるフィリピン留学は、学生はもちろん社会人も多く利用するようになりました。

もはや、海外旅行や海外赴任の予定がなくても、日本で英語が必要な時代になったとみんな感じているのでしょう。

 

 

<留学者は今後も増加>

フィリピンに留学する日本人は、今後も増加していくことでしょう。

現地には新しい語学学校が次々と作られていますし、以前よりも日本人向けにアレンジされた学校も増えています。

治安も以前より改善し、日本語の通じる医療機関もあり、環境もどんどん整ってきています。

来年の東京オリピックへ向けて、これから準備したいという人も多いと思います。

1週間ほどの超短期でも留学可能なフィリピンで、少しでも効果的に英語力をつけてみてはいかがでしょうか。


フィリピン不動産投資・資産運用のご相談はBTWINへお気軽にご相談下さい   フィリピンビジネスのサポートなら現地で活躍しているエージェント会社にお任せ下さい。日本人スタッフ対応     ビジネスで伝えたいけど誤った伝え方で交渉が決裂…海外での言葉の壁!!! 翻訳・通訳をご希望の方はこちら   完全日本語対応! フィリピンで車を借りるならPH-DOOR!! フィリピン不動産へのお問い合わせは投資はこちら