マニラ近郊のおすすめ穴場ビーチ3選!


フィリピンのビーチといえば、やっぱりセブを最初に思い浮かべますよね?

透き通った青い海と白く輝く砂浜のビーチは、確かにセブやセブ周辺の離島が有名です。

 

しかし、実は首都マニラの近郊にも、リゾート気分が楽しめるビーチがあります。

セブじゃなくても、青い海で泳げちゃうんです!

 

今回は、日本人はあまり行かないマニラ近郊の穴場ビーチをご紹介したいと思います。

マニラの発展や文化を見に行きたいけど、南国のビーチでも遊びたい、という方にぴったりです!

 

 

<マニラ近郊の穴場ビーチ>

 

■アニラオ・ビーチ

日本人を含め外国人観光客はほとんど来ることのない、ローカルなビーチ。

プエルトガレラ北西側の半島にあるビーチで、マニラからは3時間ほどでアクセス可能です。

まずマニラからバタンガス行きのバスに乗り1時間半、バタンガスからアニラオまではジプニーで30〜60分ほどです(交通状況によります)。

ただし、アニラオに着いてからもビーチまでの道は分かりにくく、案内もないため、地元民に聞くしかありません。

素朴でローカルな民家が並ぶ集落を抜けて行きます。

セブほどではないものの、透明な青い海と白い砂浜のビーチが楽しめます。

ビーチ近くは港になっており、周辺には小さなマーケットがちょこちょこ並んでいます。

魚や野菜などが売らていたり、飲み物やお菓子が買える商店などもありますが、コンビニはありません。

周辺にはホテルもあり、ホテルのプライベートビーチは公共のものよりも綺麗ですが、有料になります。

また、アニラオの海はダイビングスポットとして有名で、潜るとカラフルで不思議なウミウシに出会えます。

 

 

■マタブンカイ・ビーチ

マニラから日帰りでも行けるお手軽なビーチとして知られるマタブンカイ・ビーチ。

アラニオと同様、バタンガス地区にあります。

アラニオと比較すると、マタブンカイ・ビーチはダイビングエリアとして人気です。

訪れているのは80%がフィリピン人で、外国人観光客はあまり見かけません。

そのため、セブのリゾートエリアとはまた違った庶民的なリゾート感を味わうことができます。

海は波もほとんどなく穏やかなので、子供連れでも安心です。

また、このビーチの砂は大変きめ細かく、毎年「砂の城コンテスト」が行われるほど、質が良いことで知られています。

触っているだけで、気持ちよくて癒されますよ♪

マタブンカイ・ビーチのおすすめの過ごし方として、バルサ(水上コテージ)のレンタルがあります。

そこに食べ物や飲み物を積んで海に浮かべれば、水上でBBQが楽しめちゃうんです。

海に浮かびながら爽やかな風を受けて、おいしく食べたり飲んだりするのは、想像しただけでも最高のバケーションになりそうですね!

さらに、バルサから直接海に降りてシュノーケリングもできます。

 

 

■カマヤン・ビーチ

オロンガポ州スービックという地方にある、マニアックなビーチリゾート。

極めてローカルなビーチなので、やはり観光客はほとんどいません。

ビーチパラソルなども設置されておらず、純粋にビーチのみです。

しかし、公共ではなくプラベートビーチなので、しっかり清掃されており綺麗です。

水の透明度も高く、魚もいます。

また、周辺にはリゾートホテルもあります。

マニラからでもアンヘレスを経由して比較的簡単に行けるので、ちょっと人とは違うところに行きたいという方におすすめ。

ビーチの前にはレストランやカフェもあり、日帰りで行けるリゾートとしては申し分ないクオリティです。

 

 

<マニラの都会&素朴なビーチを両方満喫しよう!>

いかがですか?

大都会マニラに滞在しながら、南国ビーチリゾートまで実は日帰りで行けちゃうんです。

ゴミゴミした都市部に飽きたら、3時間ほど車を走らせて、ぜひマニラ近郊のビーチへ遊びに行ってみてください。

ビジネスでマニラに来たけどせっかくならビーチも見たいな、という方でも気軽にアクセスできます。

また、セブのように日本人がたくさんいるのはもう嫌!という方にもおすすめです。

ローカルで素朴な雰囲気は、定番の有名なビーチリゾートとは違った独特の魅力を感じられます。


フィリピン不動産投資・資産運用のご相談はBTWINへお気軽にご相談下さい   フィリピンビジネスのサポートなら現地で活躍しているエージェント会社にお任せ下さい。日本人スタッフ対応     ビジネスで伝えたいけど誤った伝え方で交渉が決裂…海外での言葉の壁!!! 翻訳・通訳をご希望の方はこちら   完全日本語対応! フィリピンで車を借りるならPH-DOOR!! フィリピン不動産へのお問い合わせは投資はこちら