マニラ、フォートボニファシオで食べられる和食


海外へ行くと和食レストランに入ってもあまり美味しくなかったり、現地風にアレンジされたおかしな日本食が出てきたりしますよね。

しかし、フィリピンでは事情が違っていて、かなり本格的で日本で食べる和食と比べても遜色がないレベルの美味しいレストランがたくさんあります。

フィリピンの日本食レストランは全土各地にありますが、今回は特に日本人が多く経済発展が著しいBGC(ボニファシオ・グローバルシティ)の和食レストランをご紹介しましょう。

 

<Ogawa(おがわ)>

こちらはフィリピンの日本食レストランの中でも高級レストランの部類で、日本で食べるのと同じクオリティの味を提供しています。

シェフの小川清さんは、マカティの高級ホテル「シャングリラ」のレストラン「千寿」でもシェフを務めたことのある超ベテラン。

おすすめは、東京の築地から直送された新鮮魚介を使った刺身と寿司です。

マニラで美味しい生魚が食べたい!と思ったら「おがわ」へ行きましょう。

また、神戸牛や松坂牛といった高級食材を惜しみなく使い、高品質な日本食にこだわっています。

しかも、これだけのクオリティを維持しながらも、ランチセットは500ペソ(約1,000円)とリーズナブル。

夜でも一人2,000ペソ(約4,000円)程度と高すぎないので、安心して通えるのも嬉しいです。

BGC在住の日本人もイチオシの和食屋さんです。

 

<YAYOI(やよい軒)>

日本でもチェーンの定食屋さんとして知られる「やよい軒」が、マニラのBGCにも出店しました。

定食メニューの半分以上は日本から輸入した食材を使用しているため、日本で食べる定食と同等の味が楽しめます。

また、フィリピンで出されるお米は日本のものと違いパサパサしていますが、やよい軒では日本米を使っているので、白飯もふっくらもちもちで美味しい!

定番のサバ味噌煮定食やすき焼き定食、チキン南蛮定食などのほか、フィリピン人も大好きな甘い味付けの「照り焼きチキン定食」も試してみてほしいところ。

野菜が不足しがちなフィリピン生活で、バランスの良い定食が食べられるのは嬉しいですね。

価格も400ペソ〜600ペソ(約800円〜1200円)ほどでお手頃です。

フィリピンのやよい軒は、BGCのほか、オルティガスのSMメガモール、パサイのSMモール・オブ・アジアにも店舗があります。

 

<FUKUDAYA(福田屋)>

本格的な握り寿司のカウンターがある、ちょっと高級な和食店。

見た目も美しい懐石料理や天ぷら御膳など、フィリピンにいることを忘れてしまうくらいのクオリティです。

値段こそ若干高いものの、料理の味もサービスもまったく妥協していません。

豆腐や野菜の煮浸しなど、一見フィリピン人にはウケなさそうなメニューも、ちゃんと日本人向けに用意しています。

もちろん、お米も日本米を使用していますし、デザートも水信玄餅や黒ごまアイスなど、純和風のラインナップ。

フィリピンの美味しい和食の中でも、さらに美味しいものが食べたい!と思ったらBGCの福田屋に行ってみましょう。

 

<Shaburi(しゃぶ里)>

フィリピンの他にも、韓国、中国、台湾、シンガポール、インドネシア(ジャカルタ、スラバヤ)とアジア各国に店舗を持つしゃぶしゃぶレストランチェーン。

一人鍋を使用しているのが特徴です。

BGCでは、アップタウンモールにあります。

おすすめのメニューはやっぱり、お肉食べ放題!

価格は牛肉の種類によって変わり、499ペソ〜1699ペソ(約1,000円〜3,400円)ほどです。

上質な美味しいお肉をお腹いっぱい食べたい時には嬉しいですね!

お肉のスープは、昆布、白湯、辛味噌、豆乳味噌の5種類を用意しています。

また、お肉1皿か2皿が選べるセットメニューもあります。

食べ放題もセットも、野菜やデザートなどのサイドディッシュはビュッフェ形式で食べ放題となっています。

フィリピンではなかなか野菜をたくさん食べる機会がないので、これも嬉しいですね。

 

<Nadai Fujisoba(名代 富士そば)>

立ち食いそばチェーンとして知られる「富士そば」ですが、フィリピンでは通常のレストランと同じように着席して食べるスタイルです。

つゆやそば粉は日本から輸入しているため、味は日本で食べるのと変わらない美味しさとなっています。

また、日本国内のメニューだけで約300種類もあるそうですが、BGCのお店では特にフィリピン人の好みに合ったものを選んで提供しています。

日本にはない、フィリピン限定メニューである「肉つけそば」も要チェックです。

蕎麦以外にも、カツ丼や定食など美味しい日本のおいしい出汁を使ったメニューがいろいろ。

値段も190ペソ〜290ペソ(約400円〜600円)と日本と同様の価格帯です。

 

<Japanese Ramen BARI-UMA(最強濃厚ラーメン ばり嗎)>

広島発の「最強トロ炊き豚骨鶏ガラ醤油ラーメン」がマニラのBGCにもオープン。

豚骨と鶏ガラをブレンドした濃厚なスープはコクがあるのに癖がない絶妙な美味しさです。

日本からスープをわざわざ運んできているため、フィリピンでも変わらない味を提供しています。

おすすめは「味玉うまラーメン」(380ペソ)。

味玉と豚バラチャーシューがトッピングされた看板メニューです。

 

<Tsuta(蔦)>

BGCのハイストリートに出店したラーメン店。

日本では東京の巣鴨にお店があります。

ラーメン店としては初のミシュラン1つ星を獲得したお店で、行列ができるほど人気となりました。

アジアではフィリピンのほかに、シンガポール、香港、台湾に進出しています。

高級地鶏や魚介類の出汁を使い、素材の味を生かしたシンプルで洗練されたラーメンを提供しており、「ばり嗎」とはまた違った美味しさを楽しめます。

あっさりしているので、濃厚で脂っこいラーメンが苦手な方にもおすすめ。

実はフィリピンでは濃厚なスープのラーメン店が多いので、ちょっとレアかもしれません。

逆に濃厚なトロトロ系のスープが好きな人には物足りないかも。

醤油、塩、味噌からスープを選び、あとはトッピングによって値段が変わります。

価格帯は390ペソ〜670ペソ(約800円〜1400円)ほどです。

 

<Tendon Kohaku(天丼 琥珀)>

新鮮な食材を使用した天丼専門店。

マニラのBGCのアップタウンモールのほか、台湾やシンガポールにも店舗があります。

新鮮な食材を使用した天ぷらは、衣もサクサクで秘伝のソースもくせになります。

日本人はもちろんのこと、地元フィリピン人や欧米人にも大人気です。

天丼のソースは甘いので、フィリピン人好みなのでしょうね。

店内は清潔感があり、安心して日本の味を楽しめます。

おすすめメニューは、エビ、かぼちゃ、しいたけ、イカ、鶏肉などいろいろ乗った「Kohaku Tendon」(340ペソ=約680円)。

お味噌汁とお新香もつきます。

大エビが3匹乗った「Shrimp Tendon」(450ペソ=約900円)も食べてみたいですね。

ご飯は+30ペソで雑穀米に変更できます。

 

<MARUGAME UDON(丸亀製麺)>

言わずと知れた讃岐うどんのチェーンレストラン。

BGCではハイストリートに2017年にオープンしました。

定番の「釜揚げうどん」はもちろん、「肉玉ぶっかけうどん」やサイドメニューの天ぷらなども充実。

価格も95ペソ〜(約200円〜)と日本よりも安いのが嬉しい。

オーダーの仕方は日本の丸亀製麺と同じで、メインのうどんを選んだらサイドメニューを自分で取ってお金を払うセルフスタイルとなっています。

歯ごたえがあってもちもちの讃岐うどんはフィリピン人にも大人気で、いつも行列ができているほどです。

日本にはない「ビーフ焼肉丼」「カツ丼」「オムレツ焼うどん」などなど、オリジナルメニューもかなり充実しており、ご飯が大好きなフィリピン仕様となっているようです。

うどんも日本の丸亀製麺にはないメニューがいろいろあるので試してみてください。

 

<WASHOKU MUSASHI TEI(むさし亭)>

「とんかつ」「ラーメン」「コーヒー」を売りにしている和食レストラン。

BGCの南側に2017年にオープンしました。

それぞれのメニューに職人がついているというこだわりを持っています。

カツ丼、天丼、ラーメン、餃子、ハンバーグ、鉄板焼き、寿司、海鮮丼、カレー、エビフライ、うどんなどなど、メニューもかなり豊富です。

価格も300ペソ〜530ペソ(約600円〜1060円)ほどとリーズナブルで、気軽に通えます。

 

<OGETSU HIME(オオゲツ・ヒメ)>

寿司、鉄板焼き、鍋が自慢の和食レストラン。

店員が着物風の衣装を着ているのが印象的です。

シェフは日本人ですが、伝統的な日本食だけでなく、甘辛いタレを使用した創作押し寿司などフュージョンもあり楽しいです。

刺身や寿司だけでなく、松坂牛を使用した鉄板焼きやすき焼き、寄せ鍋などもぜひ試してみてほしいところ。

正統派の和食よりもちょっとユニークなものが食べたい時におすすめのレストランです。

 

■BGCを視察して和食も試してみよう!

いかがですか?

治安もよく洗練された街並みのBGCには、本格的な日本食が食べられるお店が豊富に揃っているんです。

リーズナブルな庶民派食堂から高級懐石料理まで、チョイスはいろいろです。

フィリピンに住んで、和食に困ることはまずありません。

むしろ、こんなに快適な上に美味しい和食まであるなら日本に帰りたくない!なんて声も多いです。

フィリピン移住やビジネス展開を考えている方は、ぜひ一度BGCを視察して、フィリピンの日本食も楽しんでみてくださいね!


フィリピン不動産投資・資産運用のご相談はBTWINへお気軽にご相談下さい   フィリピンビジネスのサポートなら現地で活躍しているエージェント会社にお任せ下さい。日本人スタッフ対応     ビジネスで伝えたいけど誤った伝え方で交渉が決裂…海外での言葉の壁!!! 翻訳・通訳をご希望の方はこちら   完全日本語対応! フィリピンで車を借りるならPH-DOOR!! フィリピン不動産へのお問い合わせは投資はこちら