フィリピン/インドネシアへのビジネス進出をお考えなら数多くの企業進出サポート実績を誇る当社にお任せください/日本語スタッフ対応

フィリピンの変な食べ物5選!


フィリピンの食べ物といえば何を思い浮かべるでしょうか?日本だとフィリピンのバナナやマンゴーなどのフルーツが有名ですよね。スーパーで売られているバナナもほとんどはフィリピン産です。

でも、「フィリピン料理」って聞くと実はあまり馴染みがないのではないでしょうか。日本ではフィリピン料理レストランってあんまり見かけませんよね。

実はフィリピン料理って日本人の口にも合うものが多いと言われています。

肉が中心で野菜が少なくちょっと脂っこいところもありますが、基本的には白いご飯に合うおかずが多く、味付けも醤油など日本でも使っている調味料をベースにしたものが多いので美味しいです。

全体として、濃い、甘い、酸っぱい、といった料理が多くなっています。

しかし、フィリピンには「え、なにこれ?!」と思ってしまうような、ちょっとグロい食べ物もいくつかあるんです。

まぁどこの国にもそういうの(日本だったら納豆とか)はあると思いますが、やっぱり初めて見る食べ物って怖いですし、ましてや発展途上国だとお腹も壊しそうだとか思ってしまいますよね。

そこで今回は、そんな「興味はあるけど食べてみたいかどうかは分からない」というフィリピンの変な食べ物を5つご紹介します!

 

1.バロット

有名な一品ですのでご存知の方も多いかもしれませんね。バロットは、「孵化寸前のアヒルの卵」を茹でたものです。

実は東南アジアではフィリピン以外でもタイやベトナムで食べられています。滋養強壮に効果抜群だそうです。見た目がだいぶ気持ち悪いですが、日本人のチャレンジャーも多いです。味はゆで卵に近いそうで、案外美味しいという声が多い。

「16日」「18日」と「21日」の3種類あり、アヒルが産んでから暖めた日数を示しています。特に「21日」は孵化寸前ということもあって、クチバシやら羽やらがすでにある状態・・・それらの食感もあるかと思うとやっぱり厳しいです。

殻から出してみると見た目はもうほとんど卵ではなく「鳥のひな」です。

現地フィリピン人によれば、クチバシ部分はシャリシャリしていて特に美味なのだそう。

塩または酢をかけて食べます。1つ16ペソ(約35円)くらいです。初心者には「16日」がおすすめ(笑)道端の屋台フードなどでよく見かけます。

 

2.トバ

ココナッツの木から採れる謎の液体を発酵させ、お酒にしたものです。”ジャングルワイン”とも呼ばれています。

ココナッツってなんとなく白いイメージだと思うんですが、なぜかこの「トバ」は赤いです。作り方はなんともワイルドで、ココナッツの木に穴を開けて筒を通し、ペットボトルのような容器を固定させ、あとは液体が溜まるのを待つだけ。時間が経つにつれて発酵が進み、アルコール度数が上がります。最終段階になると炭酸飲料のごとくボコボコと泡を立てていきます・・。当たり前ですが、衛生的にはまったく信頼できないので飲むのはかなり怖いです。

何しろ、木から直接採った液そのままなんですから。溜めている容器もおよそ清潔とは言い難いでしょう。発行している最中に、虫やらトカゲやら入っていることもあるのだとか。味はほんのり甘くて美味しいみたいですが、日本人は高確率でお腹を下すという話です。

リスクの高い度胸試しになりそうですね。

 

3.チチャワーム

「ワーム」は日本語で「虫」という意味です。その名の通り、細長い虫の揚げ物です。高タンパクで栄養があり、スパイシーな味付けがされています。こちらもとにかく見た目が完全に芋虫なので、無理な人は絶対に無理でしょう。

食感はサクサクで、味はスナック菓子だそうです。

セブから日帰りで行ける人気の観光スポット「ボホール島」のお土産屋さんで売られています。

 

4.ディヌグアン

地元のフィリピン人たちは大好きな料理の1つ。

豚の血で作るシチューです。

にんにく、玉ねぎ、生姜を炒め、茹でた豚モツを入れてさらに炒め、酢と豚の血で煮込んで作ります。とにかくこちらも見た目がかなり地獄絵図なので、食べなくても具合悪くなっちゃう人もいます。

ただ、味は特に血なまぐさいということもなく酢が効いていて、濃いビーフシチューにも近い感じ。意外に好きという日本人も多いです。きっと貧血などにも効果ありそうですよね。

豚の血はフィリピンの市場で手に入るそう。

豚の全ての部位を余すことなく使うという精神は大変良いのではないでしょうか。

最近は大衆食堂のみならず、チェーン展開しているフィリピン料理レストラン「INASAL」でも食べられます。

 

5.イニハウ・ナ・サラグバン

カブトムシの幼虫をカリカリになるまで炒ったもの。大量にあると、もうゴキブリにしか見えません・・。味も「エビの殻を炒ったもの」みたいなんだそうで、あまり魅力を感じませんね・・。せめてエビの味であってほしかったですね(笑)

 

食べるときは自己責任で

フィリピンに渡ってくる日本人は、みんな一度はこういったフィリピンの変な食べ物を目の当たりにすることになるでしょう。

まず最初に見た目の衝撃を受けるのは豚の丸焼き「レチョン」かもしれませんが、そんなのは序の口です。(笑)

ゲテモノを試す試さないはもちろん個人の自由ですが、人生一度きりなので勇気を出してチャレンジし、武勇伝を作るのも良いかもしれませんね!

でも、くれぐれも衛生面には気をつけて自己責任で楽しんでくださいね。


        
フィリピン不動産投資・資産運用のご相談はBTWINへお気軽にご相談下さい   フィリピン/インドネシアへのビジネス進出をお考えなら数多くの企業進出サポート実績を誇る当社にお任せください/日本語スタッフ対応     ビジネスで伝えたいけど誤った伝え方で交渉が決裂…海外での言葉の壁!!! 翻訳・通訳をご希望の方はこちら   完全日本語対応! フィリピンで車を借りるならPH-DOOR!!