フィリピン留学を成功させる秘訣


英語を手っ取り早く身につけるなら、やっぱり英語圏の国に留学してしまうのが一番だと思います。

昔は留学といえば何百万円もの大金をはたかないと叶わない夢でしたが、今はフィリピン留学がポピュラーになったおかげもあって、かなり敷居が低くなっています。

1ヶ月程度の短期なら30万円もあれば渡航費、学費、食費、生活費、宿泊費すべての費用をまかなえます。

学生や忙しい社会人でも気軽に行ける距離も魅力です。

 

しかし、簡単に行けるようになったからこそ、留学に対するシリアス度が下がってしまい、あまり英語を習得できずに帰国してしまう人も多いようです。

事実、フィピン留学は「フィリピン遊学」とも呼ばれており、遊び半分で渡航する人も大勢います。

費用が安いとはいえ、せっかくお金をかけて留学するのに、英語が習得できないまま帰ってきてしまうのはあまりにももったいない。

遊ぶ時間も欲しいけれど、目的はちゃんと果たしたいですよね。

 

そこで今回は、フィリピン留学を成功させるために必要なポイントをいくつかご紹介します。

 

<日本語を話さない>

いきなりハードルが高いチャレンジかもしれませんが、留学先では出来るだけ日本語(母国語)を話さないようにすることが非常に重要です。

留学しても、現地で日本人ばかりとつるみ、学校の授業以外はほとんど日本語で生活してしまう人もいます。

これでは、日本で英会話学校に行っているのと何も変わりません。

せっかくフィリピンにいるんですから、ちょっと努力してでも日本人の友達ばかりと一緒にいるのは避けたほうが良いと思います。

可能であれば、フィリピン人の友達を作って休日も彼らと過ごすようにしましょう。

あるいは、同じくらいモチベーションの高い友達を作って、日本人同士であっても英語で話すように約束する、という方法もあるでしょう。
(最初はちょっと恥ずかしいですが、慣れますよ!)

語学を習得するには、その言語にできるだけ長く触れることが大事です。

同じ期間留学していても、校外でどれだけ英語を話しているかによって、帰国時のレベルには雲泥の差が出ますよ!

 

<復習する>

英語に限らずですが、何かを学びたいと思ったら、習ったことは必ず復習することが大切です。

エビングハウスというドイツの心理学者をご存知でしょうか?

彼によれば、人は一度覚えたことを翌日には60〜70%しか覚えていないそうです。

しっかり記憶を定着させ知識を自分のものにするには、とにかく復習するのが一番!

地味であまり面白くない作業かもしれませんが、単語も文法も最初は暗記することがどうしても必要になります。

しつこく何度も、聞く、読む、書く、声に出す、を繰り返すことが英語を習得する最短の道です。

 

<英語で考える>

英語にだんだん慣れてくると、頭の中で日本語 → 英語という翻訳作業が必要じゃなくなってきます。

そうすると、最初から英語で考えられるようになってきます。

たとえば、「そろそろ帰らなきゃ」と思う代わりに “I have to go home.” と思い浮かべてみる。

これも毎日繰り返しやっていると、だんだん板についてきて、英語が先に出てくるようになります。

そして、どうしても英語が出てこない、日本語でしか浮かばない時は、別の言い方を考えるのも非常に効果的です。

たとえば、「私はキムチが苦手です」と言いたいけど「苦手」という英語が思い浮かばない。

そんな時は、”I don’t like kimchi.”(私はキムチが好きではありません)と言い換えても、さほど意味は変わりませんね。

このようにして、「言いたいことが言えない時のための言い換え」を探しながら会話すると、実はほとんどのことが言えることが分かります。

中学3年までに習う単語でほとんど日常生活はカバーできるんですから。

 

<英語で日記をつける>

上述した「英語で考える」習慣を強化するのが、英語日記です!

留学中だけでも良いので、夜寝る前に短い日記を英語で描いてみましょう。

朝起きてから夜寝るまでの自分の生活や思ったことを文章にしてみると、いかに自分が日有場で使う単語を知らないかよく分かります。

たとえば「今朝は寝坊しそうになったけどギリギリ間に合った」とか、日本語なら楽勝で言えることも、英語にしようとすると何て表現すればいいのか分からない。

そういう時は、遠慮せずに辞書をひいて調べてみましょう。

その度に新しい単語を習得することもでき、なおかつ「調べる」という努力をしているので記憶にも定着しやすいですよ。

 

<夜遊びはできるだけしない>

フィリピン留学で留学生がやりがちなのは、夜遊びのしすぎです。

セブのマンゴーストリートなどは、安くお酒が飲めますし、日本にはない雰囲気のバーやクラブなどもあって楽しいため、ついついハマってしまいがち。

事実、セブの歓楽街では日本人、韓国人をたくさん見かけます。

もちろん、絶対に飲みに行くな!ということではありません。

しかし、夜遊びを繰り返していると結局夜寝るのも遅くなってしまいますし、そうすると朝からの授業にも身が入りません。

なんだかいつもぼーっとしてしまい、眠くて勉強にならない・・なんてことになってしまいます。

英語を効果的に身につけるためには、留学中に規則正しい生活を心がけることも大事です。

早寝早起きして授業に集中できれば、得られる結果も全然違ってきますよ。

語学学校によってはこういった飲屋街へ行くことを禁止しているところもありますし、スパルタ形式のところだと平日の外出を禁止しているところも多いです。

つい遊んでばっかりになりがちな怠け癖のある人は、こういった学校を選んだほうが留学は成功しやすいと思います。

 

<目的を持つ>

ただなんとなく英語が話せるようになりたいな〜と思って行くよりも、たとえばTOEICで特定のスコアを取りたいとか、○○さんと同じくらい流暢になりたいといった、具体的な目標を持っているほうが、留学は成功しやすいです。

どんな自分になりたいのか?を、よく考えてから計画しましょう。

帰国時にもしも達成できていなくても、目標があれば確実に向上はします。

また、こういった長期ゴールの設定をするほかに、「1日5単語覚える!」などの日々の目標を決めるのも効果的です。

 

<健康に気をつける>

当然のことですが、体調を崩してしまっては勉強もできません。

フィリピンは衛生面で日本よりも発展途上な部分も多く、不運にも食中毒や感染症にかかる留学生もいます。

現地で入院しなければならないような事態になることも決して珍しくありません。

しかし、フィリピンで過ごせる期間は決まっていますから、入院していても時間はどんどん過ぎていってしまいます。

その間、学校にも行けないので英語のレベルアップは難しくなりますよね。

ですので、フィリピンにおいては摂取する食べ物はしっかり加熱するなど十分気をつけること、デング熱などにかかる可能性もあるので蚊に刺されないように注意すること。

それから外は暑くても屋内はエアコンが効きすぎていて寒暖差で風邪をひくので長袖も必ず持参してください。

 

<積極的に行動しよう>

留学中は一生懸命勉強するのはもちろんのことですが、現地人にご飯に誘われたり、休日は何か一緒にアクティビティをする機会も多くあります。

その際、英語があまり話せないと、なかなか行く気になれないこともあるでしょう。

しかし、多少緊張しても積極的に決断・行動することで、海外で初めて経験できることがたくさんあります。

日本ではできない人たちとコミュニケーションをとり、日本では出来ないことを体験できるのが留学の醍醐味です。

様々な文化の人たちと一緒に行動することで、新しい視点で物事を見られるようにもなります。

興味が湧いたり気になったりしたことは、とにかくやってみる!というチャレンジ精神が大事です。

 

<留学前にも英語を勉強しておく>

最後に非常に重要なポイントを1つ。

実際にフィリピンに渡航する前に、中学・高校の英語くらいは見直しておきましょう!

もちろんフィリピン留学は初心者でも受け入れてはくれますが、少しでも単語や文法を知っていれば現地の環境に慣れるのも早いです。

また、一言も英語が話せない状態で行くよりは、やはり基礎はあったほうがコミュニケーションがスムーズになり、留学生活も楽しくなります。

留学前の基礎固め、時間があるならぜひやってから行きましょう!

 

 

いかがですか?

日本にいる間からも、できることがあります。

いくら安価なフィリピン留学でも、人生で何度も何度も行けるものじゃありません。

また、英語だけでなく現地で起こることのすべてが学びであり、かけがえのない経験となります。

入念に準備して、ぜひ有意義な時間にしてくださいね!


フィリピン不動産投資・資産運用のご相談はBTWINへお気軽にご相談下さい   口座開設・ビザ申請・法人登記サポートなどはe-plus-agent.comまで!     フィリピン不動産・投資視察ツアーはE-PLUSにお任せください!! お客様満足度95%   完全日本語対応! フィリピンで車を借りるならPH-DOOR!! フィリピン不動産へのお問い合わせは投資はこちら