フィリピンで夜遊びは危険?深刻化するエイズ感染

エイズ(HIV)は日本ではそれほど身近に感じない病気ですが、世界のあらゆる発展途上国では感染者の増加が深刻化しています。

フィリピンも例外ではありません。

 

<東南アジアのエイズ感染者数の動き>

フィリピンを含め東南アジアではエイズの感染者が非常に多いです。

1997年〜1999年の間に、タイでは感染者数が68万人に達しました。

最も感染者が多いのはカンボジアで、2009年には5,000人が新規感染、6,000人がエイズが原因で死亡しています。

ピーク時には、カンボジア人口の約3%がHIV感染者に。

しかし、フィリピン政府の対策によって2017年には44万人まで減少しています。

カンボジアでも1999年には11万人であったのが、2017年には6万7千人にまで減りました。

東南アジア全体としては、減少傾向ではあります。

 

<フィリピンでの感染者数>

フィリピンでは1990年代までは他国よりも感染者は少なく、年間1,000人ほどとなっていました。

しかし、2000年以降感染者は年々上昇。

2009年には12,000人、2011年に2万人に達しました。

その後も毎年感染者が5,000〜12,000人出続け、2017年には68,000人となりました。

フィリピンのエイズ感染者増加のスピードはかなり早く、1ヶ月で750人増えていると言われています。

また、1日あたりだと4人が新規感染している計算になります。

 

<日本はどうなの?>

さて、日本ではあまり身近に感じないと前述しましたが、実は感染者数は日本でも増加しています。

ここ10年で、14,000人以上のHIV感染者およびエイズ患者が発生。

事態は日本でも思っているより深刻です。

 

<エイズが広まる原因とは?>

エイズに感染する原因の第1位は性行為です。

特にフィリピンでは、売春による感染拡大が問題視されています。

フィリピンの歓楽街へ行くと、風俗嬢たちが路上で客引きしているのをよく見かけますが、彼女たちの中にはHIV感染者が大勢います。

HIVに感染した既婚者を対象に行われた調査によると、66人中58人(全体の83%)が売春していたことが明らかになっています。

フィリピンでの夜遊びは楽しいものですが、命を危険に晒しているという意識も持つべきでしょう。

また、フィリピンでは同性間による性行為でエイズに感染する人がかなりいます。

現在、ドゥテルテ大統領の麻薬撲滅キャンペーンにより大量の容疑者たちが投獄されていますが、その不衛生な施設内でも同性間でのセックスでエイズ感染が広まっています。

なぜHIV感染のリスクがありながら人々は危険な性行為を繰り返すのでしょうか。

その理由は、知識不足です。

フィリピンをはじめ、エイズ患者の多い東南アジア諸国では、十分な性教育がなされていません。

どうやら先生たちが性教育を恥ずかしいものと考えている傾向もあるようです。

学校でしっかり教えていないのもありますが、貧困が理由でそもそも学校に行けない子供たちもいます。

自分が病気になるかもしれない、ということは全く知らずにセックスすることで、感染は広まっているのです。

また、フィリピンの場合は宗教の問題もあります。

カトリックでは、避妊は禁止されており、コンドームを使用することは良いことではないという考えが浸透しています。

現在はコンドームを無料配布している高校もあるようですが、あまり功を奏していません。

また、意図せず妊娠してしまっても、カトリックでは中絶も禁止されています。

母親がHIVに感染している場合、生まれてくる子供も感染者になります。

そして何より、貧困層の収入源が夜の仕事であることが、感染者を増やしている原因なのです。

貧困によって学校に行けない → 十分な性教育が受けられない + 学歴がないため堅気の仕事に就けない → 体を売ることで収入を得ようとする → さらに感染者が増える

フィリピンではこういった、無限の負のループが生まれてしまっています。

学費を稼ぐため、家族を養うために体を売る女性も大勢います。

 

<発症すると治らないの?>

HIVに感染し、エイズを発症すると治らないのでしょうか?

世界でエイズ患者が最初に見つかったのは1980年代のアメリカですが、当時は、感染すると確実に死に至る不治の病とされていました。

しかし現在は医療技術が発達し、非常に効果的な抗ウイルス剤(ART)による治療が始まっています。

これにより、エイズ患者は早死にするというこれまでの常識が打ち破られ、感染していない人と同じくらい長生きできるようになりました。

エイズ=死ではなくなったのです。

 

<予防のための対策>

とはいえ、感染すればその治療費に一生で1億円かかるとも言われています。

フィリピンの貧困層が到底払える金額ではありません。

日本人であっても簡単なことではないでしょう。

やはりエイズを予防することが最善の策と言えます。

単純なことですが、コンドームなしでのセックスをしないこと、売春・買春をしないことが最も簡単で効果のある対策です。

そして、根本的な問題である貧困をなんとかしなければなりません。

避妊がどれほど大切かということ、正しい性の知識を子供たちしっかり教えるためにも、彼らが十分に教育が受けられる環境を整える必要があります。

 

<OFWの間でも感染が深刻化している>

フィリピン厚生省によれば、HIV感染者はフィリピン国内のみならず、海外で働く出稼ぎ労働者(OFW)の間でも増加しているそうです。

昨年のOFWの新規感染者は814人でした。

これはOFWの8%にあたります。

OFWは中東やヨーロッパ、そして日本にも入ってきていますので、水際対策が急がれます。

 

 

フィリピンに普通に旅行に行ってHIVに感染するようなことはまずありませんが、兎にも角にも売春婦との性行為だけはかなりリスキーであることを知っておきましょう。

エイズだけでなく、梅毒などの他の性感染症リスクもあります。

南国で開放的な気分になり、ちょっと遊んでみようかな?と思う気持ちはわかりますが、リアルに健康を大きく害する可能性があるのです。

自分だけは大丈夫!と思わず、どうしてもフィリピーナを買ってみたいならば、必ずコンドームなどの予防策をとってくださいね。

フィリピン不動産投資・資産運用のご相談はBTWINへお気軽にご相談下さい   口座開設・ビザ申請・法人登記サポートなどはe-plus-agent.comまで!     フィリピン不動産・投資視察ツアーはE-PLUSにお任せください!! お客様満足度95%   完全日本語対応! フィリピンで車を借りるならPH-DOOR!! フィリピン不動産へのお問い合わせは投資はこちら