マニラ、セブで本当に治安の悪いエリアとは?

日本人にはフィリピンは治安が悪い、というイメージが強いと思いますが、実際に現地を訪れてみると、エリアによってかなり差があることがわかります。

たとえばマニラの中であってもマカティやBGC(ボニファシオ・グローバル・シティ)のような経済中心地や新興都市となっているエリアは、女性が一人で出歩いてもほとんど問題ないほど安全です。

また、ダバオやバギオといった郊外都市も、自治体の治安維持がしっかりしているため、日本と変わらないくらい安全です。

 

では本当に治安の悪い場所というのはどこなのでしょうか?

要は、そこに行かなければ治安面での心配はないのです。

また、もし行ったとしても「ここは危険な場所なんだ」という意識を持つだけで犯罪やトラブルを回避しやすくなるでしょう。

 

今回は、フィリピンの中でも特に行くべきではない治安の悪いエリアをご紹介します。

 

 

〜マニラ〜

 

<エルミタ・マラテ地区>

エルミタ・マラテ地区は、いわゆる歓楽街です。

リーサル公園からマニラ湾と高架鉄道1号線に挟まれた場所にあります。

東京でいうところの歌舞伎町といったところ。

ただ、汚い部分もあれば高級ホテルもあります。

数多くのKTV(フィリピンのキャバクラ)があり、派手なドレスを来たセクシーなフィリピーナたちが客引きしているのをよく見かけます。

お持ち帰りが前提となっている「ビキニバー」が目的で訪れる観光客が多い、夜遊びの聖地とも言えます。

最近はロビンソン・コマーシャルコンプレックスという大型のショッピングモールやカフェ、レストランもたくさんあるので昼間であれば一人で歩いても問題ありません。

ただ、男性であっても夜の一人歩きは避けた方が良いでしょう。

特に物乞いの子供などはタクシーを降りた瞬間に近づいてきてポケットに手を入れてきたりします。

スリは本当に多いエリアなので、貴重品は極力持ち歩かないことが基本です。

また、夜にフラフラと目的なく歩いていると確実に狙われるので、できれば地元の信頼できるフィリピン人と一緒に早歩きくらいのスピードで移動するのが良いでしょう。

マラテ地区にある「LAカフェ」は売春で有名で、女性をホテルに連れ込んだあと偽警察官がやってくるという犯罪が横行しています。

 

<ブルゴス通り(マカティ)>

ブルゴス通りとは、マニラのマカティにある歓楽街。

数多くのカフェ、レストラン、バーなどが並んでおり、大変賑やかです。

マニラ最大のゴーゴーバー(ビキニバー)とナイトクラブがひしめくエリアでもあります。

訪れているのは主に海外からの観光客です。

ここには旅行者を狙うキャッチやストリートチルドレンが多く、はやりスリなどの犯罪に注意が必要です。

ポケットに金銭や携帯は入れないこと。

また、夜になるとマカティアベニューからブルゴス通りに入る地点がものすごく渋滞します。

しかも、単に渋滞するだけでなく車の運転が非常に荒くて、目の前に歩行者がいても全くスピードを落としません。

気をつけていないと、車にひかれる可能性も十分あります。

 

<スモーキーマウンテン>

スモーキーマウンテンはマニラ北部、トンド地区にあるスラム街。

名前の由来は、自然発火したゴミの山から出る煙。

かつては海岸線に面した漁村でしたが、1954年から焼却されないゴミの投棄場になりました。

フィリピンの超貧困層たちは、ここのゴミを拾い、転売して生活しています。

物乞いが凄まじいのはもちろんのこと、衛生環境も非常に悪いため病気に感染する可能性もあります。

とにかく何の用もないので行くことはないでしょう。

興味本位で近づくのは絶対にやめてください。

 

 

〜セブ〜

 

<マンゴーストリート(セブ)>

フィリピン観光の主要スポットであるセブですが、ここにも危険な区域が存在します。

有名なのはマンゴーストリート。

KTV(キャバクラ)、クラブ、バーなどが集まる歓楽街で、東京の渋谷に近いイメージです。

ここには留学生をはじめ多くの若者が集まっていますので、一見するとそこまで危険そうには見えませんが、実はドラッグの密売人や売春婦、ストリートチルドレンが数多くいて治安は非常に悪いです。

特にスマホを盗むスリが多く、ポケットに入っていようものなら一瞬でなくなります。

もちろん、マンゴーストリートに遊びに行くこと自体は別に悪いことではありません。

ただ、いつ軽犯罪に遭ってもおかしくないという意識を持って出かけてください。

スリだけでなくホールドアップなどに遇うことも珍しくありません。

もし行く場合は出来るだけ複数人で、地元のフィリピン人も混ざった状態が理想的でしょう。

そして、持っていくお金は最小限にとどめます。

2,000ペソもあれば十分に遊べます。

その他、用事がないのなら冷やかしで行くことは避けた方が良いです。

 

<コロンストリート(セブ)>

コロンストリートもまた、マンゴーストリートと並んでセブの治安の悪いエリアとして有名です。

ここはマーケットになっており、フィリピン人が営む露店が軒を連ねます。

服や雑貨、電化製品、食品、偽ブランド品など、何でもめちゃくちゃ安く売っています。

実は、マンゴーストリートで盗んだiPhoneなどはここで売られています。

ローカルな雰囲気を楽しむには悪くないのですが、夜になるとかなり危険な空気に変わるのです。

ストリートチルドレン、売春婦、ドラッグ密売人、ドラッグ中毒者、強盗などが増え、日本人は格好の餌食に。

どうしても行ってみたいのなら昼間に、地味な服装で、複数人で行きましょう。

夜行くのは自殺行為です。

アクセサリーなども絶対に身につけないこと。

ネックレスでもピアスでも、もぎ取られてしまいます。

また、お金も出来るだけ少なめに持っていくことです。

 

 

<危険な地域にはとにかく近づかないこと!>

マニラではエルミタ・マラテ地区、マカティのブルゴス通り、スモーキーマウンテン、セブではマンゴーストリートとコロンストリートには、用がないのなら近づかない方がいいでしょう。

特に治安の面が心配な人は、こういったエリアを避けるだけでなく、夜出歩くのはやめた方が良いです。

治安に問題がないと言われている場所でも、やはり日本とはレベルが違うことを知っておくべきです。

また、フィリピンに限ったことではありませんが、海外でわざわざ暗くて狭い場所に入り込むようなことは避けてくださいね。

できるだけ、明るくて人が多く広い道を、堂々と歩くようにしてください。

自分の身は自分で守る!という意識をしっかり持ち、こういった知識を身につけていけば、フィリピンは想像するほど危険な国ではありません。

フィリピン不動産投資・資産運用のご相談はBTWINへお気軽にご相談下さい   口座開設・ビザ申請・法人登記サポートなどはe-plus-agent.comまで!     フィリピン不動産・投資視察ツアーはE-PLUSにお任せください!! お客様満足度95%   完全日本語対応! フィリピンで車を借りるならPH-DOOR!! フィリピン不動産へのお問い合わせは投資はこちら