フィリピン在住の日本人から見たフィリピン生活

フィリピンに移住してみたい、リタイア後は東南アジアの南国で悠々自適な生活を楽しみたい。

そんな風に考えている日本人は多いようです。

実際、そのために不動産購入や投資が大流行しています。

コンドミニアムが次々に建設されるマニラやセブには、どんどん日本人居住者が増えてきています。

しかし、旅行と移住はまったく別物。

実際にフィリピンに暮らすとなると、日本との文化や生活習慣の違いに戸惑うことも当然あります。

そこで今回は、フィリピン在住の日本人に、フィリピン生活がどんなものかを聞いてみました!

 

Q:フィリピンの物価は安いと言われていますが、実際のところどうですか?

A:食費はかなり安いと思います。

きれいなレストランに入っても、高くて1,000〜1,500円程度です。

ローカルなお店や屋台を使うなら、1食100円〜150円程度という10分の1の相場で食事ができてしまいます。

ただし、屋台は安いですが衛生面には十分注意してください。

フィリピン人が大好きなファストフードの「ジョリビー」では、400〜500円程度でボリュームのあるセットが注文できます。

ハンバーガー屋なのにお米が出てくるのにはびっくりしました。

食費以外だと、日用品は圧倒的にフィリピンの方が安いです。

ただ、日本のブランドの化粧品などは逆に高くなります。

所得の低いフィリピン人はシャンプーなどは1回使い切りのパッケージを数十円程度で購入していて、日本にはない習慣だなぁと思いました。

価格が低くて嬉しいのは、マッサージなどですね。

1時間600円程度でやってもらえるので、つい通ってしまいます。

 

Q:フィリピンの治安って本当に悪いですか?

A:日本と比較すれば、どの国も悪くなってしまいます。

フィリピンは、地域によって格差が激しいです。

グローバルシティなどのメトロマニラ中心地に関しては、決して治安は悪くありません。

女性一人で出歩いても全く問題ないレベルです。

ただ、フィリピン全体としてはやはり普段から金銭管理などに気をつける必要があると思います。

殺人まではいかずとも、窃盗や置き引きなどはどこでも起こり得ます。

 

Q:フィリピン人と日本人の相性はどうですか?

A:フィリピン人と日本人は、かなり違った国民性を持っています。

彼らはとてものんびりしていますし、陽気で楽天的、そしてプライドが高いです。

日本人は真面目すぎる面があると感じさせられます。

時間にルーズなことも有名ですよね。

フィリピーノ・タイムと呼ばれていますが、少しくらいの遅刻にいちいち怒っていたら身が持ちません。

そういうお国柄だと思って、自分が慣れていくほうが簡単です。

 

Q:移動は何で行いますか?タクシーはぼったくられない?

A:移動は主にタクシーですが、ぼったろうとするドライバーもいます。

特に旅行者にはメーターも使わずに走り始めることがよくあるので注意してください。

いずれにしても、値段は全然高くありません。

危険だと思ったら、少しくらい損してもお金をあげた方がマシです。

マニラには電車も3本走っていますが、実はあまり使えません。

停車駅も少ない上、いつも人でごった返しているので、なかなか乗れないんです・・。

 

Q:病院はどうですか?医療面について教えてください。

A:メトロマニラには最新設備を整えた総合病院もあるので、安心です。

日本でちゃんと保険に入って行くのはもちろん必須ですが。

日本人が窓口になっている病院もあるので、急に怪我や病気をした時も頼れると思います。

 

Q:英語とタガログ語、両方話せないと困りますか?

英語は話せないとちょっと大変かもしれませんが、タガログ語は話せなくても全く問題ありません。

特にメトロマニラやその近郊においては、ほぼ全域で英語が通じます。

ただし、田舎のほうに行くと教育水準が低く英語が通じないエリアもあります。

フィリピンでは留学事業も発達しているので、移住する前に短期で留学してみるのもおすすめです。

 

Q:気候はどんな感じですか?

A:1年中基本的には暑いですが、日本の東京のようなうだるような蒸し暑さはそれほど感じません。

年間平均気温が27℃と過ごしやすく、快適に暮らしています。

外の暑さよりも、室内のエアコンが効きすぎて冷えてしまい、風邪をひく人が多いようです。

ですので、出かける際にはパーカーやカーディガンなどの羽織りものがあった方が良いと思います。

雨季がありますが、日本の梅雨のように1日中雨が降り続くことはなく、ザッとスコールが降ります。

おそらく一番大変なのは台風です。

停電が起きるとなかなか復旧しませんし、洪水が起きて街全体が浸水することもあります。

 

Q:コンドミニアムの暮らしはどうですか?

とても快適です。

24時間のセキュリティがあるので安心ですし、プールやジムが自由に使えるのは魅力的ですね。

日本で普通のマンションに住むよりもかなり豪華な生活かなと思います。

マンションというよりホテルに住んでいるような感覚に近いです。

また、人件費が安いのでメイドさんを雇っています。

外で仕事に集中できて、家事は全部やってもらえるので大変効率が良いです。

一等地の高級マンションに住んでメイドを雇うなんて日本では考えられないことですが、フィリピンでは比較的簡単に叶ってしまいます。

 

 

海外に住むということは、もちろんメリットもデメリットもあります。

フィリピンでは衛生面と治安を除いては、文句なしの条件が揃っているのではないでしょうか。

もちろん、個人個人で相性はあると思いますので、まずは視察に訪れてみてください。

賢く将来のプランを立てて、ちょっと贅沢で快適な海外生活を手に入れましょう!

フィリピン不動産投資・資産運用のご相談はBTWINへお気軽にご相談下さい   口座開設・ビザ申請・法人登記サポートなどはe-plus-agent.comまで!     フィリピン不動産・投資視察ツアーはE-PLUSにお任せください!! お客様満足度95%   完全日本語対応! フィリピンで車を借りるならPH-DOOR!! フィリピン不動産へのお問い合わせは投資はこちら