止まらないフィリピンの物価上昇と経済成長

フィリピンの経済成長を支えているものの1つとして、個人消費の大きさが挙げられます。

 

年々経済成長を続けるフィリピンですが、今年6月のCPI(消費者物価指数)上昇率は、去年の同月比5.2%であったと、フィリピン統計庁が発表しました。

この記録は、4ヶ月連続で政府目標の上限を上回っています。

中央銀行が利上げし、インフラが加速しているようです。

 

今年6月のCPI上昇率は、前月比0.6ポイント伸びており、市場予想の4.7%を大きく上回りました。

2017年の上昇率平均は2.9%、2018年に入ってから拡大。

政府は3月からインフレ目標を2〜4%上限で設定していましたが、これを大きく上回って推移しています。

 

品目別では、

・食品・非アルコール飲料:6.1%

・アルコール飲料・たばこ:20.8%

・輸送:7.1%

となっています。

これらの品目の数値が伸びた原因として、政府が1月に税制改革を行い、ガソリンの税金の引き上げ、加藤飲料税を導入したことが考えられます。

 

このインフレを抑制するため、中央銀行は利上げを実施することにしています。

これまで政策金利は2.5%〜3.5%でしたが、3.0〜4.0%に引き上げられました。

 

しかしそれでも、物価の上昇は抑えられません。

そのため、さらなる利上げが検討されています。

 

現在フィリピンの個人消費は、GDPの70%を支えています。

ドゥテルテ大統領はインフラ開発をさらに進めることで、格差解消を掲げています。

格差が解消されれば、さらに個人消費は増え、経済成長を助長させるでしょう。

 

また、フィリピンの人口は現在1億人を突破しています。

とにかく購買活動が大好きな彼らは、フィリピンの経済を激しく動かしています。

平均年齢も23歳と若く、フィリピンが今後も発展するポテンシャルは非常に高いのです。

 

フィリピンでのビジネス展開や投資への参入を考えているなら、その動向に注目したいですね。

間違いなく、東南アジアにおいては最も将来性のある国だと思います。

 

物価上昇、インフラに伴い、フィリピン不動産の価格も徐々に上昇しています。

不動産投資を検討している人も、価格が上がり切ってしまう今がチャンスです。

ぜひ視察に訪れてみてください。

フィリピン不動産投資・資産運用のご相談はBTWINへお気軽にご相談下さい   口座開設・ビザ申請・法人登記サポートなどはe-plus-agent.comまで!     フィリピン不動産・投資視察ツアーはE-PLUSにお任せください!! お客様満足度95%   完全日本語対応! フィリピンで車を借りるならPH-DOOR!! フィリピン不動産へのお問い合わせは投資はこちら