ブロックチェーンって一体何なの?

ビットコイン投資で資産運用できる!
一攫千金が狙える!
お得に買い物ができる!
などなどの情報から、ビットコインに興味を持ち始める人も多いと思います。
しかし、そもそもビットコインがどのような仕組みで運用されているのか?
という点をよく理解できていない人も大勢いるようです。
ビットコインを知る上で、「ブロックチェーン」という技術について勉強することは避けられません。
ブロックチェーンとは、日本語では「分散型台帳技術」と呼ばれているもので、ブロックは「台帳」を指します。
ビットコインのユーザーがみんなで分散して台帳を管理しようというシステムです。
仮想通貨の取引をみんなで監視・管理することで、不正や改ざんを防ぐことができます。
また、万が一取引データの損失があっても、ユーザー全員がデータを持っているため、復旧しやすいというメリットがあります。
ビットコインのブロック(台帳)は、書き換えるたびに新しいものが作られ、それがチェーンのように繋がれていきます。
これが、「ブロックチェーン」と呼ばれている理由です。
過去の取引がすべて記録されていくため、整合性が維持
できるようになっています。
また、ブロックチェーン技術には「プルーフ・オブ・ワーク」(PoW)という仕組みが採用されており、「大量に計算できた人が、新たなブロックを結合する(マイニングする)権利を得る」というルールになっています。
一方ビットコインのような「分散型」に対し、「集中型」と呼ばれる技術も存在します。
これは、管理している主体のみがデータを保持するしくみで、万が一データを消失した場合には復旧に時間がかかるか、もしくは最悪の場合復旧できないこともあります。
また、主体がデータを書き換えたり改ざんしたりすることも可能です。
そのため、集中型技術を採用するには、信頼できる主体が必要になります。
一般的な銀行は、この「集中型」になります。
また、ブロックチェーンには「パブリック型」と「プライベート型」があります。
パブリック型は、特定の管理者が存在せず、ブロックチェーンへ誰でも書き込みや読み取りができ、一度書き込んだ取引を取り消すことはできません。
ビットコインは、パブリック型です。
逆にプライベート型は、管理者がいて取引を取り消したり、ルールを変更したりすることができます。
仮想通貨の多くはパブリック型ですが、銀行などが管理しているブロックチェーン技術を採用した通貨では、プライベート型のものもあります。
このように、ひとことに仮想通貨といっても、その背景にある技術にはさまざまなタイプがあります。
ビットコインは、特定の管理者も存在せず、ユーザー全員が取引を監視しているため、比較的安全といえますが、私たちが普段使っている銀行こそ、実は大きなリスクを抱えているという見方もできます。
仮想通貨に限らず、投資をする際にはそのリスクについて理解すること、ある程度の将来性を予測するスキルが必要になります。
また、こういった技術は日々革新されていくものですので、日頃からの情報収集を怠らないことが重要です。
  フィリピン不動産・投資視察ツアーはE-PLUSにお任せください!! お客様満足度95%   Mammoth Affiliate登録用bnr   完全日本語対応! フィリピンで車を借りるならPH-DOOR!! フィリピン不動産へのお問い合わせは投資はこちら JAPANES BRAND ONLINE SHOP JAPAHINET   bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で BAINANCE