フィリピンの家庭料理「アドボ」

海外に滞在したり、移住を考えている人にとって心配なのが、やっぱり「食」のこと。
特に「フィリピン料理」というのは、私たち日本人にとって、それほど馴染みのあるものではないと思います。
しかし、一度訪れてみると、フィリピン料理は日本人の口にも合う!ということがよく分かります。
フィリピンの家庭料理は、私たちも大好きな「お米」との相性が抜群!
その中でも、「アドボ」は、ご飯がすすむメインディッシュとして愛されています。
もともと「アドボ」は、スペインの肉料理「アドバード」(肉の漬け焼き)が元になっています。
酢、ナンプラー、砂糖、醤油などを混ぜ合わせた調味料に肉を漬け込み、玉ねぎなどと一緒に炒めます。
重要なのは酢で、それ以外の調味料は家庭や地域により異なります。
そのレシピはかなり多様で、具は基本的に何を入れてもOKです。
肉ではなくイカを使う場合もありますし、具材にはオクラやインゲンなどの野菜もよく使われます。
また、味付けもココナッツミルクで甘くしたり、唐辛子で辛くしたりといろいろです。
日本で作る場合は、カレーやシチューに使う塊の豚肉か骨つきのチキンを使うと良いですよ。
酢が肉を柔らかくしてくれます。
フィリピン人が大好きな典型的な肉料理ですが、酢のおかげで味はさっぱりしていますし、暑い時にも食欲が出て元気になれるメニューです。
フィリピンに滞在する機会があるなら、ぜひいろんな場所で違うテイストを試してみてくださいね!
  フィリピン不動産・投資視察ツアーはE-PLUSにお任せください!! お客様満足度95%   Mammoth Affiliate登録用bnr   完全日本語対応! フィリピンで車を借りるならPH-DOOR!! フィリピン不動産へのお問い合わせは投資はこちら JAPANES BRAND ONLINE SHOP JAPAHINET   bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で BAINANCE