世界最長のロックダウン!フィリピンの子供達を対象にチャリティにご協力下さい!!フィリピンの子供たちを救いたい! フィリピン田舎暮らしを配信中!! Kuya Kaz【Philippines life】 エドちゃんねる Ed Channel Philippines 2009年からフィリピンマニラに住んでいるエドワードがフィリピンの情報を発信しています。特にに海外移住、フィリピン移住のことを中心に情報を発信しています。昨今、日本を離れ海外へ移住する人が増えてきていますのでその参考になればと思います。 BamBuhaiフィリピン基地局 アンヘレスを拠点にフィリピンのトピックを配信していくBamBuhaiチャンネルを開設現地での検証動画と皆様に役立つ情報、生活など沢山の方に参考にして頂ければと思い開設しました。 AYUDAちゃんねる フィリピンに取り残されてしまった日本人のリアルを配信中!

フィリピンの経済成長と将来性


フィリピン不動産への投資がなぜ今注目を集めているのか?
その理由は、なんといっても、その著しい経済成長です。
東南アジアで成長している国々の中でも、他の追随を許さない勢いがあります。
 
■「労働人口」の圧倒的な増加
人口は、経済成長を支える最も重要な土台です。
フィリピンの人口は現在ずっと増え続けており、2080年までに現在の2倍になると予想されています。
しかも、その人口の年齢も平均23歳ほどと若く、これからフィリピンをさらに成長させる労働力を十分に持っています。
 
■高い英語力
若い労働人口の増加に加え、彼らの高い英語力も、アジアの中でトップです。
そのため、海外からのアウトソーシング事業(BPO)が発展しているほか、英語圏や世界各国への出稼ぎ労働者による外貨流入も増えています。
 
 
将来性があるにも関わらず、現在フィリピンの不動産は東京の3分の1ほどの価格と言われています。
もちろん、今後値上がりすることが予想されているので、チャンスは今です。
人口が増えているということは、それだけ住居も必要ですので、賃貸の需要も増えるということになります。
 
また、日本をはじめ世界各国から多数の企業がフィリピンへ続々と進出しています。
その駐在員が住むための住居としても、コンドミニアムは必要とされているのです。
家族全員でフィリピンへ引っ越すケースも増えています。
実際、フィリピンの賃貸物件の空室率は10%程度と言われており(マカティやBGCなら5%以下)、利回りも非常に良いです。
 
もちろん、自分が住むためのセカンドハウスとして購入を考えるのも良いでしょう。
日本の経済は低迷しているため、東南アジアで余生を過ごそう計画している人は多いです。
ビザの取得さえできれば、南国で悠々自適な生活をするのも夢ではありません。