丸亀製麺がマニラにオープン!

セルフで気軽に食べられる讃岐うどんのチェーンとして有名な「丸亀製麺」が、フィリピンにも進出しました。
「MARUGAME UDON」とフィリピン人にも馴染みやすい名前で、BGCのハイストリートに1号店がオープンしたのです。

丸亀製麺は日本で2,000年に1号店が作られ、現在は世界に1000店舗以上あります。
うち海外の店舗は全部で199店舗。
カンボジア、ベトナム、オーストラリア、台湾、インドネシア、ロシア、香港、韓国、中国、タイ、ハワイの11カ国で展開しており、今回12カ国目としてフィリピンが加わりました。

運営しているのは、丸亀製麺の他にトリドール、長田本庄軒、天ぷら定食まきの、豚屋とん一、丸醤屋、コナズ珈琲、RAY’Sなど外食ブランドを持つトリドールホールディングス。
東南アジア地域においてフィリピンは今最も急速に発展していることから、今後さらに店舗数を増やしていく方針で、2020年までに10店舗を目標としています。

メニューも豊富で、肉玉ぶっかけうどん、釜揚げうどん、カレーうどん、明太釜玉うどん、カルボナーラうどんなど、日本でもお馴染みのラインナップ。
価格は全体的に200ペソ前後です。
原材料を現地調達することで安価を実現しました。

セルフサービスのスタイルは日本と同様で、天ぷらやおにぎりなど好きなサイドメニューが付けられます。

安くて美味しい丸亀製麺の讃岐うどんがマニラでも食べられるようになって、日本人としても嬉しい限りですよね。

  フィリピン不動産・投資視察ツアーはE-PLUSにお任せください!! お客様満足度95%   Mammoth Affiliate登録用bnr   完全日本語対応! フィリピンで車を借りるならPH-DOOR!! フィリピン不動産へのお問い合わせは投資はこちら JAPANES BRAND ONLINE SHOP JAPAHINET   bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で BAINANCE