フィリピンで医療機関を利用するには?

フィリピンの医療機関は、マニラなどの都市部であれば日本とほぼ変わらない設備を持っています。
しかし、ちょっと田舎の地方や郊外へ行くと不衛生なことも多いです。
もし現地で病院にかかるようなことがあれば、面倒でも都市部にある医療機関を受診することをおすすめします。

大きな病院であれば、日本語が通じるところもあります。
しかし、日本語が話せる医者というのはあまり多くありません。
そのため、病院に行った際に使うであろう英語のフレーズなどは、あらかじめ準備しておいたほうが良いでしょう。

首都のマニラには「日本人会」と呼ばれる、現地に住む日本人によって作られた団体があり、診療所もあります。
そこへ行けば言葉も通じるので安心だと思います。

当然ながら、保険への加入は必須です。
現地に着いてすぐに体調を崩す人も多いので、日本にいるうちに申し込んでおきましょう。
物価の安いフィリピンでも、私立病院の医療費は決して安くありません。

また、病院へ行く際にはパスポートやクレジットカードなどの身分証明書も必ず持参すること。
支払い能力がないと見なされると、診療が受けられないこともあります。

慣れない海外で病院に行くのは不安もあると思いますが、コレラやマラリアなど日本では滅多にかからない病気にかかることもありえるので、少しでも不調を覚えたら都市部の医療機関を受診するようにしましょう。

フィリピン不動産投資・資産運用のご相談はBTWINへお気軽にご相談下さい   口座開設・ビザ申請・法人登記サポートなどはe-plus-agent.comまで!     フィリピン不動産・投資視察ツアーはE-PLUSにお任せください!! お客様満足度95%   完全日本語対応! フィリピンで車を借りるならPH-DOOR!! フィリピン不動産へのお問い合わせは投資はこちら