世界最長のロックダウン!フィリピンの子供達を対象にチャリティにご協力下さい!!フィリピンの子供たちを救いたい!

絶滅危惧種で世界最小の猿ターシャが見られるフィリピン・ボホール島「ターシャ自然保護区」



フィリピンの中でも美しいビーチやダイビングなどのマリンアクティビティが楽しめるスポットとして人気のボホール島ですが、同時にここは世界最小の猿「ターシャ」の生息地として知られています。フィリピン・ボホール島へ訪れたら、日本では会うことのできないターシャの生体を間近で観察できる「ターシャ自然保護区」へぜひ一度訪れてみてください!


繊細な心の持ち主!?「ターシャ」ってどんな動物?

 

ターシャは、フィリピン・ボホール島に生息する世界最小のメガネザル。フィリピンでは古くから“神の使い”として言い伝えられ、非常に大きな目がチャームポイントです。フィリピン諸島のある東南アジアを中心に生息しており、現在では絶滅危惧種に指定されています。体長は約10センチ~15センチとまさに手のひらサイズの小ささで、体重は約120グラム。夜でもよく見えるように発達した大きな目と左右180度自由自在に動く首は進化したそうです。

可愛らしい見た目のターシャですが、とても繊細な性格の動物。環境の変化や温度差などすぐにストレスを感じてしまいます。樹木やゲージに自分で頭をぶつけたり水の中に顔をつけて自ら命を絶ってしまうということも。その繊細な性格や小さくに加え、近年の森林破壊や密猟問題によりターシャは絶滅危惧種に指定されています。

 

ターシャ自然保護区ってどんなところ?


フィリピン・ボホール島はターシャの保護地域に指定されており、ターシャを保護しながら観光客向けに自然保護区を一般開放しています。ターシャに会える「ターシャ自然保護区」の敷地内には1,000匹のターシャが生息しています。実際に見ることができるのは一部で4〜6匹ほどのターシャを観察できます。ターシャは夜行性なので、日中は寝ている場合が多いですが、運が良ければ起きている可愛らしい姿も見られます。
施設内には「ターシャ・リサーチ&ディベロップメント・センター」が併設されており、ターシャの生態や絶滅危惧種に指定された経緯などの説明が展示され、ターシャのことを深く知ることができます。


ターシャに会いに行ってみよう!

 

ボホール島のタグビララン港から内陸へ約60キロ、車で約1時間半の場所にあります。入場料は1人60ペソで、施設内ではターシャに触れないこと、ストレスをあたえないよう静かにするなどさまざまなルールがありますので入る前にしっかりと聞いておきましょう。基本的にカメラやスマートフォンなどでの写真撮影は可能ですが、フラッシュは禁止されています。また施設内には、お土産としてターシャのぬいぐるみやキーホルダーなどオリジナルグッズが販売されており、家族連れにもおすすめのスポットです。

【ターシャ自然保護区】
住所:Tarsier Sunctuary Road, Corella, Bohol, Philippines
HP:https://philippine-tarsier-sanctuary.business.site/

 


AYUDAちゃんねる フィリピンに取り残されてしまった日本人のリアルを配信中!   フィリピン不動産投資・資産運用のご相談はBTWINへお気軽にご相談下さい   フィリピン/インドネシアへのビジネス進出をお考えなら数多くの企業進出サポート実績を誇る当社にお任せください/日本語スタッフ対応     ビジネスで伝えたいけど誤った伝え方で交渉が決裂…海外での言葉の壁!!! 翻訳・通訳をご希望の方はこちら   完全日本語対応! フィリピンで車を借りるならPH-DOOR!!