フィリピン/インドネシアへのビジネス進出をお考えなら数多くの企業進出サポート実績を誇る当社にお任せください/日本語スタッフ対応

フィリピン最古のバロック様式の教会、世界遺産「サン・アグスティン教会」


 

フィリピン屈指の観光地マニラ旧市街イントラムロスの中にある「サン・アグスティン教会」は石造りの教会としてはフィリピン最古の教会で、現在の建物は1587年に着工され、1607年に完成。1993年には「フィリピンのバロック様式教会群」の名称でユネスコ世界遺産に登録された歴史ある建造物です。

 

フィリピンの長い歴史を見守ってきた教会


フィリピンの長い歴史を見守ってきた教会



サン・アグスティン教会が建造された目的は“キリスト教の布教”。フィリピンがスペインの統治下にあった16世紀、スペイン人がキリスト教を布教するための拠点として多くの教会と共にサン・アグスティン教会が建造されました。現在のサン・アグスティン教会は3度目に建てられたもの。これまでに二度破壊されその都度建て直されており、3度目は石造の教会として建設を進め1607年に完成。それ以降16世紀・17世紀に起こった大きな地震にも耐え、現在の姿に至ります。また、スペインとアメリカの戦争後、スペインがアメリカに対して降伏の条件を準備を行なったり、第二次世界大戦中に日本がフィリピンを占領している時に収容所として使われていたと言われおり、フィリピンの長い歴史を見守ってきた教会でもあります。


サン・アグスティン教会の見どころ


サン・アグスティン教会は、16世紀から18世紀初頭にかけてヨーロッパ各国に広まった「豪華で重厚」と表現されるバロック様式を用いた建造物。内部の天井や壁は一見すると緻密に彫刻されているように見えますが、実はよく見ると「トロンプ・ルイユ」という騙し絵が施されています。高い天井の聖堂内にある白い柱と金色のアーチが圧巻です。長い歴史と趣のある美しさから、この教会で結婚式を挙げる人たちも多く、フィリピン人女性の憧れの場所としても知られています。教会の敷地内には修道院を利用した「サン・アグスティン博物館」が併設されており、アジアの中ではトップクラスのカトリック系作品の所蔵数を誇っています。



        
フィリピン不動産投資・資産運用のご相談はBTWINへお気軽にご相談下さい   フィリピン/インドネシアへのビジネス進出をお考えなら数多くの企業進出サポート実績を誇る当社にお任せください/日本語スタッフ対応     ビジネスで伝えたいけど誤った伝え方で交渉が決裂…海外での言葉の壁!!! 翻訳・通訳をご希望の方はこちら   完全日本語対応! フィリピンで車を借りるならPH-DOOR!!