フィリピン/インドネシアへのビジネス進出をお考えなら数多くの企業進出サポート実績を誇る当社にお任せください/日本語スタッフ対応

経済格差が懸念されるフィリピンの医療制度


 

フィリピンでは地域によって医療レベルが大きく異なり、その偏った医療体制が問題視されています。日本人をはじめ世界の人々が移住先として人気の高いセブ島や首都マニラでは先進国並みに医療環境が整っており地方や郊外の病院では十分な医療が受けられず院内が不衛生というケースは少なくありません。

 

都心部と地方の経済格差が激しいフィリピン


フィリピンでは都心部と地方の経済格差により、医療においても貧富の差の影響を受けています。首都マニラやセブの市立病院では最先端の医療が受けられるのに対し、地方では医療機関の技術や設備、人員不足から医療水準が低いことが現実。お金のない患者は入院を拒否されることもあり、交通費が払えないことで病院に行けず重症化するケースもあります。低所得者層にとっては通院・入院の治療費や処方薬代、市販の薬を購入が難しく、呪術や祈祷、黒魔術といった民間療法をに頼る地域もあるようです。体調が優れない時は市販の薬を服用するのが習慣となっていて、よほどの異常がない限り病院での診療を避けようとする傾向があります。


フィリピンの総合病院には「オープンシステム」がある


総合病院は国立、公立、私立と3つの経営体制に分かれており、国公立の病院は医療費が安いため混雑しています。医療設備が最も整っているのは私立病院です。一般外来はそれぞれの医師が個人開業する形式をとっており。総合病院は「オープンシステム」という形態が採用されています。これは医師たちが病院内に診察用のクリニックを独立開業し、病院内の検査施設や入院部屋を共有して使用するシステムです。ほとんどの病院は医師がクリニックを開業するための建物を病院の横または近辺に持ち、クリニックと検査室は別棟にあるケースが多いのです。


マニラ・セブには日本語対応の医療機関もある


日本人がフィリピンの病院を受診する場合、医療環境の整った私立総合病院へ行くのが最も適切です。フィリピン移住者や海外赴任なども含め、現地生活をしている日本人は医療設備が最も整っている私立病院を利用しています。近年日本人スタッフが常駐している医療機関が増えており、日本語医療通訳による受診サポートで言葉の壁に困る必要もなく安心して受診することができます。



        
フィリピン不動産投資・資産運用のご相談はBTWINへお気軽にご相談下さい   フィリピン/インドネシアへのビジネス進出をお考えなら数多くの企業進出サポート実績を誇る当社にお任せください/日本語スタッフ対応     ビジネスで伝えたいけど誤った伝え方で交渉が決裂…海外での言葉の壁!!! 翻訳・通訳をご希望の方はこちら   完全日本語対応! フィリピンで車を借りるならPH-DOOR!!