フィリピン/インドネシアへのビジネス進出をお考えなら数多くの企業進出サポート実績を誇る当社にお任せください/日本語スタッフ対応

コロナになって考える!ビジネス


COVID-19『新型コロナウイルス感染症』によって売り上げが減って企業が倒産する中、働く人は給与を下げられたり雇用をカットされたりと生活難に陥ってきている中、企業側は新しいビジネスを考え感染症やデフレになっても成功するビジネスを模索している。

特に、イベント業や宿泊業、観光に関連するビジネスは大打撃だ。

またテレワークが増加する中、飲食業や接客業などテレワークが出来ない職業も多くあり、テイクアウトを始める飲食店も増加傾向にある。そんな中でテレワークを始める企業が増えオフィスなどの解約が増加しており今後のビジネスにどの様な影響を及ぼすのか注目される。

また、新型コロナウイルス感染症に負けない戦略を考えなければ、即倒産といった事もあり得る。

コロナになって考える!ビジネスとは?

政府が出した自粛要請に対し仕事が無くなり家での生活をしいられ、する事は無くなった人達は今後の生活に不安を感じ、家の中にある物を売ったり、自炊を始めたり、暇な時間は動画を見たりして生活をしている。そんな中、延びているビジネスや商品が多く存在する。

例えば、YouTubeや動画配信サービスを利用して配信をする人が増加している事やその動画を見たりする人のユーザーの増加、それに伴うアクセスの増加や課金のアイテム増加などが挙げられる。

新型コロナウイルス感染症に伴いマスクの需要やアルコール消毒で手荒れを起こしハンドクリームなどが売れ始めて来ている。

また、逆に売れなくなった商品などもある!マスクの需要が増える中、家から外出をしなくなった女性に関連し、メイク用品やメイク道具は需要が落ち込んでいる。

さらに、外食が減り国産で高いお肉などの在庫や野菜などの需要も減っている。

この様な状況が続いており売れない商品と売れる商品の格差がある。

つまり、考えて見ればそれに関連する商品の販売はインフレやデフレでも影響を受けやすいという事だ。

企業が考えるビジネスはインフレでもデフレでも影響を受けにくいビジネスである。

例を上げれば、携帯電話やWi-Fi事業、その他、インターネット関連事業などでしょう。

こういった事業はインフレでもデフレでも影響を受けにくく安定した。売り上げを計上出来る。

しかしながら、事業にコストを掛けれない企業も多い…。

低コストで開発が出来てスピード感が有れば、大きいビジネスも考えられるが、先進国にはビジネスの隙間が少ない。それに比べ新興国などで有れば新しいビジネスを考えて実行する事で成功する可能性の近道になると言えるでしょう。

コロナになって考える!成功ビジネスの近道とは?

では、一体どの様なビジネスが成功するのでしょうか?

新型コロナウイルス感染症に伴い、ZOOMの様な動画でミーティングが出来るアプリ開発や動画を視聴できるYouTube17Liveの様な換金ができるサービスは非常に需要が高くなっており今後の成長が見込める。

つまり、今後で成長できるビジネスの近道は動画に関連するビジネスと言えるでしょう。

IDN HOLDINGSの調査によるとFacebookを使うフィリピン人(男女)18歳から35歳/10万人を対象に調査したところ、Facebookなどで動画を見る人とテキストを見る人の割合で『テキストは全く読んでません』と回答した人の割合が70%以上にも達した。


つまり、SNSでテキストを読む人の割合と動画を視聴する割合を見てみると圧倒的に動画を視聴する人の割合が多いということになります。

結果的には

家の中で外出しないで利用できるサービスが成功ビジネスの近道と言えるのではないでしょうか。

ビジネスで注意しなければいけないのが新型コロナウイルス感染症が終わってそのビジネスに需要がなくなるビジネスモデルは考えない方が良いでしょう。


フィリピン不動産投資・資産運用のご相談はBTWINへお気軽にご相談下さい   フィリピン/インドネシアへのビジネス進出をお考えなら数多くの企業進出サポート実績を誇る当社にお任せください/日本語スタッフ対応     ビジネスで伝えたいけど誤った伝え方で交渉が決裂…海外での言葉の壁!!! 翻訳・通訳をご希望の方はこちら   完全日本語対応! フィリピンで車を借りるならPH-DOOR!! フィリピン不動産へのお問い合わせは投資はこちら