フィリピン/インドネシアへのビジネス進出をお考えなら数多くの企業進出サポート実績を誇る当社にお任せください/日本語スタッフ対応

新型コロナウイルス、フィリピン日系企業への影響


新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、現在マニラ首都圏およルソン島全域が閉鎖されているフィリピン。
 
中国、香港、マカオを含む諸外国からの出入国も禁止しているため、国内は観光業や小売業など経済面で大きな影響が出ています。
 
マニラ首都圏に進出している日系企業もまた、これまでにない事態に手を焼いているようです。
 
 
首都圏郊外の工業団地には、日系企業の工場が数多く存在します。
 
首都圏から通勤している人々の間では、出勤できなくなる可能性を踏まえて、首都圏外のホテルを予約する動きもあるようです。
 
 

■トヨタ自動車

フィリピンでも多くの車を販売しているトヨタ自動車。
 
フィリピンにも工場を持ちますが、新型コロナウイルスの影響で3月17日〜4月半ばまでで稼働を停止しています。
 
トヨタはフィリピンのほかにも、マレーシアの工場を3月23日〜31日まで停止する予定。
 
ヨーロッパでは、フランスの工場を3月18日〜期限なしで、ポルトガルの工場を3月16日〜3月30日までなど、合計で5工場の稼働を停止するということです。
 
政府からは外出禁止令も出ており、予定通りに稼働を再開できるかは不明。
 
 

■ホンダ

フィリピンではバイクが人気のホンダ。
 
乗用車では「シビック」など、年間で計10万台もの車両を生産していますが、3月18日から4月中旬まで二輪車や乗用車の工場の操業を停止しています。
 
また、フィリピンだけでなくマレーシアの工場も同様に停止。
 
各国の政府から要請があったとのことです。
 
工場を停止しているだけでなく販売店も休業しています。
 
 

■スズキ

スズキもまた、フィリピンの二輪車工場を停止しており、再開時期は政府の指示に従うとしていて、明らかにしていません。
 
スズキはこの他にも、3月23日〜4月3日までハンガリーの完成車工場を停止することにしています。
 
ヨーロッパにおける新型肺炎拡大のため自動車部品メーカーからの部品の供給が不安定になっているほか、もともと新車の需要が減っていることもあり、停止を決定したとのこと。
 
スズキの四輪車販売はヨーロッパにおいて世界の1割程度を占めていました。
 
 

■東南アジアの工場に大打撃

今後、自動車メーカーは生産も販売台数も減ることが想定されます。
 
また、完成車を作る工場が停止すれば、部品を供給している他企業の工場も一緒に停止するでしょう
 
上記のほか、ソニーやダイキンのマレーシア工場が停止するなど、新型コロナウイルスによる東南アジアの日系工場は多大な影響を受けています。
 

        
フィリピン不動産投資・資産運用のご相談はBTWINへお気軽にご相談下さい   フィリピン/インドネシアへのビジネス進出をお考えなら数多くの企業進出サポート実績を誇る当社にお任せください/日本語スタッフ対応     ビジネスで伝えたいけど誤った伝え方で交渉が決裂…海外での言葉の壁!!! 翻訳・通訳をご希望の方はこちら   完全日本語対応! フィリピンで車を借りるならPH-DOOR!!