世界最長のロックダウン!フィリピンの子供達を対象にチャリティにご協力下さい!!フィリピンの子供たちを救いたい! フィリピン田舎暮らしを配信中!! Kuya Kaz【Philippines life】 エドちゃんねる Ed Channel Philippines 2009年からフィリピンマニラに住んでいるエドワードがフィリピンの情報を発信しています。特にに海外移住、フィリピン移住のことを中心に情報を発信しています。昨今、日本を離れ海外へ移住する人が増えてきていますのでその参考になればと思います。 BamBuhaiフィリピン基地局 アンヘレスを拠点にフィリピンのトピックを配信していくBamBuhaiチャンネルを開設現地での検証動画と皆様に役立つ情報、生活など沢山の方に参考にして頂ければと思い開設しました。 AYUDAちゃんねる フィリピンに取り残されてしまった日本人のリアルを配信中!

フィリピンで新型コロナウイルスの影響による交通渋滞


もともと交通渋滞のひどさでは有名なフィリピンですが、今回の新型コロナウイルスの影響により、更なる混乱が起きています。
 
マニラ首都圏およびルソン島全域で移動制限がかかってはいるものの、物流のためのトラックや通勤の車は走っており、それに加えて通行証の取得義務や検温のための検問所が設けられたりしていることから、依然として渋滞が起こり続けている状況です。
 
 

■貨物トラックに通行証取得義務

3月15日から、マニラ港で輸入・輸出する貨物を運ぶトラックがマニラ首都圏の内外を移動する際には、事前に貨物車通行許可証を入手することが決まっています。
 
マニラ首都圏の封鎖を受けて発出された通達です。
 
通行許可証は主に、港湾ターミナルを管理している、
 
・アジアン・ターミナルス
・インターナショナル・コンテナ・ターミナルス
・マニラ・ノース・ハーバー・ポート
 
によって発行され、一往復ごとに取得が必要とされています。
 
発行費用はかからないということですが、通達と発効が即日で行われ、ウェブサイトにも1日遅れて掲載されたため、許可証が必要な件について何も知らない貨物トラックも存在していました。
 
そのため、マニラ湾を中心に混乱が生じています。
 
 

■マニラ首都圏で「検温渋滞」

さらに、フィリピンのマニラ首都圏では、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、市の境界線で検温などを行う検問所が設置されました。
 
検問所が設けられているのは、ケソン市、パラニャーケ市、パッシグ市などの道路で、全体では首都圏16市中9市の77ヶ所となっています。
 
主要道路が大渋滞し、メディアでは「検温渋滞」と報じられました。
 
検問所には国軍の兵士も配置されており、人々の行き来を制限するだけでなく、マニラ封鎖に乗じたテロや犯罪を警戒している、という見方も出ています。