フィリピンのコンドミニアムと日本の賃貸物件の違い


常夏の楽園であり、東南アジア随一の経済成長率を誇るフィリピン。

今、フィリピンは移住先として人気です。

単身で移住する人もいれば、ファミリーで移住する人たちもいます。

やはり人気なのは首都マニラで、今や大都会を形成しているこの街には、すでに日本人をはじめとする外国人が大勢住んでいます。

 

移住するとなれば、住む場所を決めなければなりません。

日本人はフィリピンでは土地を持つことができないため、コンドミニアムの1室を購入するか、賃貸で住むのが一般的です。

今マニラには次々と新しいコンドミニアムが建設されており、投資目的で購入する人もたくさんいます。

 

今回は、マニラのコンドミニアムに賃貸で住む際に知っておきたいことをご紹介したいと思います。

日本の賃貸マンションとは異なる部分も多いので、事前に知識を身につけておいた方が良いですよ!

 

<家賃について>

まず一番気になる家賃ですが、全体として日本の東京よりも安いです。

1人暮らしのワンルームであれば、マニラの中心地であっても、3万円程度あれば普通のレベルの部屋に住めます。

感覚としては、だいたい東京の3〜4分の1くらいです。

もちろん、ロケーションによっては東京よりも高く感じられる物件も存在します。

なお、最低でも2万円以上の部屋にしないと、日本人には堪え難いほど古かったり、設備の不具合があったりして、快適には暮らせないとも言われています。

 

<家賃に駐車代が含まれている>

日本の賃貸マンションでは、車を持っている場合、家賃の他に駐車場代が必要になってきます。

これがフィリピンでは、最初から家賃に駐車場代が含まれていることが多いのです。

ですので、東京のように駐車場を付けるだけで数万円上がってしまう、ということはありません。

逆に、車は持っていないので駐車場は使わないと言うと、家賃が5,000ペソ(約12,000円)くらい安くなることがあります。

 

<敷金・礼金はあるのか?>

日本で賃貸マンションを借りる際には、敷金・礼金を払うのが一般的です。

フィリピンには、礼金はありませんが「デポジット」という敷金のようなものがあります。

これは通常2ヶ月分で、退去時に返却されます。

ただし、契約期間内に退去する際は返却されないことがあるので、駐在員などで途中で出る可能性がある場合は事前に相談しておきましょう。

 

<家賃の支払い方法>

フィリピンのコンドミニアムは、現金ではなくPDCと呼ばれる先日付小切手で家賃を払うのが一般的です。

また、毎月払うのではなく、最初に6ヶ月〜1年分の家賃を前払いします(交渉次第では3ヶ月分くらいに収まることもあります)。

口座引き落としというシステムもありません。

 

<契約期間と更新について>

日本の賃貸マンションのほとんどが、2年契約です。

また、2年経って更新する際には家賃が下がることもあります。

日本では、不動産は古くなるほど価値が下がるからです。

対するフィリピンでは、契約期間は通常1年。

そして更新時にはなんと家賃が上がることもあります。

これは、フィリピンの場合は日本と逆に、不動産価値や地価が経年によって上がっているためです。

このため、まとまった資金があるなら賃貸よりも分譲で物件を購入して、資産運用に利用する投資が流行しています。

物件を所有してしまえば、人に貸して家賃収入を得ることが出来るのはもちろん、自分で住むこともできるからです。

 

<賃貸コンドミニアム内覧で確認すること>

フィリピンでは不動産の間取り図を事前の確認できないことが多く、部屋数や広さは分かっても間取りが全然わからないことがよくあります。

そのため、借りる前には実際に現地を足を運んで1つずつ確認しなければなりません。

その際、どこをチェックすべきか知っておきましょう。

日本の物件ではまずありえないようなことがフィリピンの物件ではよくあります。

以下のような項目がその例です。

・コンセントが機能していない

・洗面台やキッチンで水漏れする

・収納棚が歪んでいて引き出しが開かない、もしくは閉まらない

・排水溝から悪臭がする

・インターネットのケーブルを挿す穴が機能していない

はっきり言ってフィリピン人はとっても適当な人々なので、工事も施工も適当なことがあるのです。

こういった、住むのに支障をきたすほどの問題がある物件も珍しくはないので、契約前に必ず確認してください。

欠陥に気づかずに住んでしまっても、あとから修理するとなればものすごい時間がかかります(フィリピン人は仕事が遅いため。約束の日に来ないことも頻繁にある)。

その間、まともに暮らせない上、家賃も普通にかかってしまいます。

そんな損をしないよう、しっかり警戒して内覧しなければならないのです。

特に新築の物件では、”新しい物件だから大丈夫”と思ってチェックを怠る人も多いのですが、フィリピンでは現在建設中のものであっても、欠陥が見つかることは決して珍しくありません。

 

<家具付き物件が多い>

日本の賃貸物件は、ウィークリーやマンスリーのマンションでもない限り、家具は付いていませんよね。

対するフィリピンのコンドミニアムでは、家具家電付きの部屋が一般的です。

家具付きの中にも、Full Furnishedと呼ばれる全て付いているもののほか、Semi Furnishedといういくつか付いているもの、そしてUnfurnishedという家具なしの物件があります。

家具も家電も全部揃えるとなればそれなりにお金がかかりますので、初めてフィリピンに住むのなら家具付きの物件がおすすめです。

ベッド、ダイニングセット、ソファ、テレビ、冷蔵庫、洗濯機、キャビネット、カーテンなどのほか、食器や調理器具、ベッドシーツや枕カバーまで全て揃っているので、入居してすぐに生活をスタートすることができます。

ただ、最初から備え付けられている家具が気に入らないこともあるでしょう。

その場合は、オーナーに交渉すれば取り替えてくれることもあります。

また、足りないものがあれば交渉次第で追加してくれることもあります。

 

<洗濯機は置かない?>

物件によっては洗濯機が付いている場合もありますが、フィリピンでは洗濯を家でしない人がとても多いので、そもそも洗濯機置き場もない家がかなり多いです。

ではどうするかというと、フィリピンでは「洗濯屋さん」にお願いするのが一般的です。

これはクリーニング屋さんとも違いますし、コインランドリーともまた違います。

業者のスタッフが洗濯物を家まで回収しに来てくれて、数日後に乾燥まで終わらせてまた家まで届けてくれるというシステムなのです。

これが大変便利!自分で洗濯をする必要がないのですごく楽です。

ただ、時折預けたものが一部紛失されたりすることもあるので、絶対になくしたくない大事な衣類は預けてはいけません。

そもそもフィリピンでは、乾燥機にかけると服がかなり痛んでしまうので、大事な服は持たないほうが賢明です。

外に干したとしても日差しが強すぎて日に焼けてしまいますし、ホコリや排気ガスで汚れます。

 

<プール、ジム、24時間セキュリティ付き>

日本の賃貸マンションとフィリピンのコンドミニアムの大きな違いとして、アメニティがあります。

フィリピンのコンドミニアムには、ほとんどの場合プールとトレーニングジムが付いています。

また、24時間セキュリティもあるので、治安が悪いと言われるマニラでも安心して暮らせます。

物件によっては子供向けのプレイエリアやヨガなどができるスタジオ、さらにはPCで仕事が出来るワークラウンジなどを備えているところもあります。

日本より安い家賃相場でありながら、こういったホテルのような設備があるところで暮らせるのは、フィリピン移住の大きなメリットの1つです。

 

■不安な方は一度ご相談を!

いかがでしたか?

日本の賃貸マンションとフィリピンのコンドミニアムの違いについてご紹介しました。

移住する際にはいろいろと戸惑うこともあると思いますが、その際は日本のエージェントなどに相談しながら焦らずに進めていきましょう。

すでに住んでいる日本人はいっぱいいるので、助けてくれる人を見つけることもできると思います。

フィリピンは交通事情も違いますし治安も極端に悪い場所があるので、エリア選びも慎重に行う必要があります。

マニラ市内でおすすめなのは、やはり日本人が多く住んでいるマカティやBGCなどの少し相場が高めのエリアです。

BTWINでは資産運用向けのコンドミニアムのほか、賃貸物件のご相談も受け付けています。

フィリピン移住や現地ビジネスをお考えの方は、ぜひお気軽にお問い合わせください。

https://btwin-realty.com


フィリピン不動産投資・資産運用のご相談はBTWINへお気軽にご相談下さい   フィリピンビジネスのサポートなら現地で活躍しているエージェント会社にお任せ下さい。日本人スタッフ対応     ビジネスで伝えたいけど誤った伝え方で交渉が決裂…海外での言葉の壁!!! 翻訳・通訳をご希望の方はこちら   完全日本語対応! フィリピンで車を借りるならPH-DOOR!! フィリピン不動産へのお問い合わせは投資はこちら