フィリピン/インドネシアへのビジネス進出をお考えなら数多くの企業進出サポート実績を誇る当社にお任せください/日本語スタッフ対応

セブ留学したら、フィリピン英語の訛りはうつる?


セブ留学は、費用が安い、日本から近い、短期間OK、南国リゾートに滞在できるとあって、近年日本人や韓国人などに大変人気です。

しかしながら、英語そのもののクオリティはどうなのか?

疑っている人も多いかもしれません。

フィリピンは、英語人口が世界で第3位と言われており、東南アジア唯一の英語力を誇る国でもあります。

ただし、あくまでも彼らは”第二言語”として英語を上手に使えているというだけであって、決して母国語が英語なわけじゃありません。

普段フィリピン人同士で会話をするときは、ほとんどがタガログ語などのフィリピン語です。

当然ながら彼らの英語には現地のアクセントがありますし、訛りもあります。

では、日本人がフィリピンで英語を学んだら、やっぱり訛った英語が身についてしまうのでしょうか?

 

<訛った英語から学ぶと・・>

結論からいうと、英語初心者の日本人がセブ留学で英語を学んだら、訛った英語が身につきます。

これは事実です。

テレビで、関西弁をしゃべる外国人を見たことがありませんか?

あんな感じで、その地方に住めばその地方の言葉が身に付くのは自然なこと。

フィリピンで学べば「フィリピン英語」が身に付くのです。

 

<フィリピン英語ってどうなの?>

では、フィリピン英語って世界的に見て一体どういったものなんでしょうか?

世間には「フィリピン英語はアメリカ英語」だという人もいて、それは100%間違いじゃありません。

なぜなら、フィリピンはアメリカに統治されていた時代が100年以上もあって、その時代に現在の英語力の基盤を作ったからです。

単語や文法は、確かにアメリカ方式が採用されています。

しかし、「発音」に関しては土着の言葉の影響も受けながら、独自のものが形成されています。

また、フィリピン人しか使わない独特の言い回しなども存在します。

昔々にアメリカ人がフィリピン人に教えたものを、今もそっくりそのまましゃべっているわけじゃないのです。

フィリピン人の口を介せば、フィリピン語の干渉を受けるのは当たり前です。

ただ、それは決してフィリピン英語が「間違っている」だとか「おかしい」と言うわけじゃありません。

単に、そういう訛りがあるというだけで、英語という言語としては成立しているのです。

フィリピン英語が「英語としておかしい」と言うのは、関西弁を「日本語としておかしい」と言うのと同じです。

つまり、良いも悪いもないということ。

 

<フィリピン人の中にも個人差がある>

当然ですが、同じフィリピン人のフィリピン英語であっても、訛りの強さなどには個人差があります。

日本人の英語話者でもアメリカ人並みに綺麗な発音の人もいれば、完全に日本語訛りの英語を話す人もいますよね。

それとまったく同じで、フィリピン人にも、フィリピンアクセントが強い人もいれば、綺麗な発音の人もいるのです。

語学学校の講師でも同じで、若干の個人差はあります。

 

<大事なのは、どんな英語が話せるようになりたいか?>

フィリピンで英語を学んでも、英語は話せるようになります。

だからこそ、留学する人たちがたくさんいるのです。

大事なのは、自分はどんな英語を話せるようになりたいのか?ということです。

どうしてもアメリカ英語を話せるようになりたいなら、やはりアメリカ人に習うべきですし、イギリス英語だとしても同じです。

世界には、いろんな種類の英語が存在しています。

アメリカ英語、イギリス英語、カナダ英語、オーストラリア英語、ニュージーランド英語、シンガポール英語などなど・・どれも英語です。

フィリピン英語も、その中の1つというだけ。

あなたの聞き取り能力や語学習得能力が高ければ高いほど、その環境で聞こえてくる言語をそのまま習得していくことになります。

 

<フィリピン留学→欧米留学というステップはおすすめ>

まだ英語を本格的に勉強したことがないという初心者に、セブ留学はおすすめです。

なぜなら、フィリピン人が非ネイティブの英語話者であり、彼らもまた元々は英語を自分の力で習得した経験があるからです。

フィリピンでは小学校から授業も英語ですが、母国語ではない言語をあとから学んでいるため、学習者がどんなところでつまずくのか、どのくらいのスピードなら相手が聞き取りやすいのかなどが、生徒目線で分かるのです。

英語の基礎をセブ留学で身につけ、そのあと欧米留学をする、というのは非常におすすめです。

英語力ゼロの状態でいきなり欧米に行っても、本当に聞き取れなくて悲しくなります。

でも、フィリピンでは徐々に慣れるというワンクッションを置くだけで、ネイティブの国へ行ってもかなり聞き取りがラクになります。

また、欧米に行けばフィリピン英語との比較も出来るでしょう。

両方使いこなせるようになれば、より英語を話すのが楽しくなります。

ちなみに逆パターン(欧米留学してからフィリピン留学)をやると、フィリピン英語はもうほとんど全て聞こえるくらい簡単に順応できます。

 

<フィリピンでも、ネイティブ英語を学ぶことは可能>

さて、ここまで書くと、「やっぱりフィリピン訛りの英語を習得するのは嫌だ!」と思う人もいるかもしれません。

じゃあセブ留学は諦めて、高い費用をかけて欧米に行くか?・・ということになるかと思いますが、実はフィリピンでもネイティブから英語を学ぶことが可能です。

セブの語学学校には、アメリカ人講師を採用しているところもあるんです。

もしもフィリピン訛りの英語に染まりたくない!と思うなら、そういった学校を選ぶのも1つの方法だと思います。

もちろん、コストはフィリピン人講師に習うのと変わりません。

以下の語学学校は、英語ネイティブの講師が在籍しています。

・CIP

・ETHOS

・CPILS

・AELC

・Genius English

・EG ACADEMY

・クラークフィリピン留学院

・Global Standard

・English Fella

・PINES International Academy

・CG GLOBALIZATION

・CIA CEBU INTERNATIONAL ACADEMY

・Cebu English Language Learning Academy

かなりたくさんありますね!

特に、米軍基地のあった「クラーク」には、現在もアメリカ人が多く在住しており、ネイティブ講師を持つ語学学校が非常に多いです。

ネイティブ講師にこだわって学校を探すなら、クラークがおすすめです!

 

<自分の好みのスタイルを選ぼう!>

つまるところ、どの英語が良いとか悪いとか、正しいとか間違ってるとか、そういう話ではないということです。

完全に「好み」の問題かと思います。

アメリカ人の話す英語に憧れるなら、アメリカ人から習ったほうが良いです。

学習者の中には、どの国の英語にも属さない「グローバルイングリッシュ」を習得しようと努力している人もいます。

どの国のアクセントにも偏らないよう、出来るだけニュートラルな発音を心がけている、という感じですね。

ですが、これは簡単ではないですし、日本人である以上、日本語の干渉も受けます。

普段から、1つのアクセントに偏らないように、ひたすら色々な国の英語を聞くというのが、世界で通用する英語力を習得するには最も良い方法なのではないかと思います。

アメリカ英語もイギリス英語もオーストラリア英語もフィリピン英語も、全部できたらそれに越したことはないですからね!


フィリピン不動産投資・資産運用のご相談はBTWINへお気軽にご相談下さい   フィリピン/インドネシアへのビジネス進出をお考えなら数多くの企業進出サポート実績を誇る当社にお任せください/日本語スタッフ対応     ビジネスで伝えたいけど誤った伝え方で交渉が決裂…海外での言葉の壁!!! 翻訳・通訳をご希望の方はこちら   完全日本語対応! フィリピンで車を借りるならPH-DOOR!! フィリピン不動産へのお問い合わせは投資はこちら