日本で働くフィリピン人女性が語学学校相手に訴訟


出稼ぎ大国フィリピンからは、日本にも多くのフィリピン人が働きに来ています。

中には語学学校で日本語を学びながら働く、いわゆる「出稼ぎ留学生」もおり、彼らは自分の学費を賄いながら母国へ送金するため、学校とアルバイトを両立させて暮らしています。

今回、そんな出稼ぎ留学生だった30代のフィリピン人女性が、東京地裁に訴訟を起こし、ニュースとなっています。

 

2018年4月に現地のブローカーを通して留学してきたという彼女。

新宿の語学学校に通いながら介護施設でアルバイトしていましたが、無給で残業させられたり長時間勤務させられていたそうで、職場に労働条件の改善を求めていました。

そんな折、なぜか語学学校から退職するよう促され、さらに退学処分を命じられて帰国するよう告げられのだそうです。

改善を要求しただけで退職、退学、帰国を余儀無くされるのはおかしいと、彼女は学校を運営するホツマインターナショナルという会社に対し、慰謝料165万円を求める訴訟を起こしました。

 

また、彼女の証言によれば、「自己負担金3万円で、食費と寮費は無料。ホテルのような場所に住める。」という条件で日本へ来たと言います。

しかしながら実際は、1ヶ月35,000円(1部屋を5人でシェア)の家賃を給料から天引きされていたそう。

 

彼女の訴えている内容が本当なのか?

もしそうだとしても、なぜ学校側が帰国を強制してくるのか?

それとも彼女がブローカーに騙されたのか?

ホツマインターナショナル側は、「弁護士と相談している段階だ」とコメントしているのみで、事実関係は明らかになっていません。

 

現在このフィリピン人女性は、寮から逃げ出しており、すでに介護施設側とは和解したそうですが、日本語学校についてはまだ訴えを続けています。

また、「外国人に対し、日本を夢のような国だと、事実と違うことで誘いこむのはやめてほしい」と厚労省記者クラブで開いた会見で話しました。

 

弁護士によれば、フィリピンのブローカー、日本語学校、介護施設の会社が一体となって、彼女を奴隷的に拘束し、無理やり働かせていたそう。

こういった、貧しい留学生を食い物にした違法な労働問題は、おそらくこの1件だけではないでしょう。

 

純粋に外国人を雇いたいと考えている各業界にとっても、こういった状況は憂慮すべきものと言えます。

現在日本は深刻な労働者不足問題を抱えているので、海外から働きに来てくれる人々は貴重な人材です。

しかし、こういった事件が重なれば、日本へ出稼ぎに来る外国人も減っていくでしょう。

 

さらに、今回の一件は、日本に根付いてしまっている働き方についても、人々に疑問を投げかけることになりました。

確かに日本では、介護業界だけではないですが、サービス残業や長時間労働が当たり前になってしまっている風潮があります。

被害に遭っているのは外国人だけではありません。

大勢の日本人もまた、長時間のサービス残業を強制されている状況です。

 

そして、この働きすぎの傾向が強い日本と、プライベートを何よりも大事にするフィリピンでは、仕事に対する姿勢や考え方がまるで違います。

契約書どおり、決められた仕事しかしないのが当たり前のフィリピン人にとって、”空気を読んで”働かなければならない日本いうのはかなり厳しい環境なのかもしれません。

 


フィリピン不動産投資・資産運用のご相談はBTWINへお気軽にご相談下さい   フィリピンビジネスのサポートなら現地で活躍しているエージェント会社にお任せ下さい。日本人スタッフ対応     ビジネスで伝えたいけど誤った伝え方で交渉が決裂…海外での言葉の壁!!! 翻訳・通訳をご希望の方はこちら   完全日本語対応! フィリピンで車を借りるならPH-DOOR!! フィリピン不動産へのお問い合わせは投資はこちら