セブ留学、スパルタ形式の学校ってどうなの?


費用が安い、日本から近い、コスパが良いとあって、近年欧米に並んで人気の留学先となっているフィリピンのセブ。

セブには現在、非常の多くの語学学校があり、授業のカリキュラムや生徒の国籍、講師の質、寮の食事などみんな違います。

数多ある学校の中から自分に合うところを見つけるのは簡単ではありませんが、まずは「日系」と「韓国系」に分けられることを知っておきましょう。

日系というのは、その名の通り日本人が経営しているため、日本人にとって比較的通いやすく学びやすい環境作りが為されています。

対する韓国系はというと、やはりオーナーは韓国人。

そして、往往にしていわゆる”スパルタ形式”の学校が多いのも特徴です。

スパルタ形式の学校は、個人のよって好みが大きく分かれますが、上手に利用すると飛躍的な英語力アップが望めます。

今回は、韓国系スパルタ形式の語学学校のメリット、デメリットについて紹介していきたいと思います。

セブ留学で学校選びに迷っている方は、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

<韓国系スパルタ形式の学校のメリット>

 

■勉強に集中できる

ズバリ!セブ留学の目的は英語力のアップであって、遊びに行くわけじゃないんだ!という方には、スパルタ形式の学校はぴったりです。

スパルタ形式の学校には以下のような特徴があります。

・平日は外出禁止

・土日も外出制限がある

・出席義務のある授業が多い

・自習や単語暗記などの厳しいノルマがある

・校内での母国語禁止

要するに、校則が厳しく遊んでいると怒られるし、ペナルティもあったりするのです。

勉強することを強制されるので、ついつい自分は怠けがちだけど本当はちゃんと学びたい、と思っている方には大変良い環境となっています。

上記のほか、歓楽街やカジノなど、セブの遊び場へ行くことも禁止されている場合がほとんどです。

 

■日本人が少なめ

せっかく海外留学するのであれば、出来るだけ日本語を話さないように努力し、英語漬けになるべき!

そう考えているなら、日系よりも韓国系の学校がおすすめです。

韓国系の学校はやはり留学生も韓国人が多めになるため、日本語を話す機会は日系学校と比べると少なくなります。

また、スパルタの学校にも日本人はいますが、みんな英語を習得したい意識が高いため、たとえ日本人同士でも英語を話そうと努力している人が多いです。

モチベーションが高い人たちが多いのは嬉しいですよね。

ちなみにセブの語学学校には、日本、韓国のほかにも、ベトナム、ロシア、タイ、中東地域、南米、中国などからの留学生も来ています。

 

 

韓国系スパルタ形式の学校のデメリット

 

■食事が辛い

スパルタ形式でなくとも、韓国系の学校は寮の食事も韓国料理が中心になります。

韓国料理といえば、辛いものが多いですよね。

辛いものが苦手な人にとっては、寮の食事がツライ〜という人も実は多いんです。

外出もできないから、コンビニに買いに行くこともできません。

韓国料理大好きな方なら嬉しいのでしょうけど、もしも辛いのが極端に苦手という方は、事前に学校に相談してみると良いかもしれません。

 

■厳しい生活を強いられる

勉強に集中できる環境があるのは良いのですが、学校によっては朝から晩まで生活全てを管理されているような感じになります。

たとえば、朝6時に起床して7時過ぎにはすぐにテストが始まったり。

その後も授業はみっちり一日中行われ、はっきり言ってものすごく疲れます。

しかも、そのあとは見張り付きで自習が強制されるという・・捉えようによっては監獄のように感じるかもしれませんね(笑)

せっかく南の島セブに行くんだから、ちょっとくらいのんびり過ごしたいな〜と考えている方は、生半可な気持ちでスパルタ形式の学校を選ぶと後悔することになります・・。

 

 

<本気で英語に集中したいならスパルタで!>

いかがですか?

日本の英会話スクールや欧米の留学ではちょっと考えられないような環境が、セブのスパルタ形式学校にはあるんですね。

しかし、こういった厳しい条件の中で揉まれれば、嫌でも英語は身に付くことでしょう。

お金を出して留学するのであれば、ちゃんと効果を得たいものです。

実際、スパルタの学校はツライけど、管理されているのがありがたかった!という声が、経験者からもよく聞かれます。

今まで何度も英語習得にチャレンジしてきたけど挫折してしまった方や、決めたことをなかなか守れない方、目標が達成できないという方、そして長時間勉強する体力のある方は、セブの韓国系スパルタ形式の学校でみっちり勉強してみては?

しっかり正しい英語が話せるようになると、人生で出来ることや選択肢が確実に増えますよ!


フィリピン不動産投資・資産運用のご相談はBTWINへお気軽にご相談下さい   フィリピンビジネスのサポートなら現地で活躍しているエージェント会社にお任せ下さい。日本人スタッフ対応     ビジネスで伝えたいけど誤った伝え方で交渉が決裂…海外での言葉の壁!!! 翻訳・通訳をご希望の方はこちら   完全日本語対応! フィリピンで車を借りるならPH-DOOR!! フィリピン不動産へのお問い合わせは投資はこちら