フィリピン不動産投資のメリットと向いている人


不動産投資に興味のある方に今一番注目されているのがフィリピンです。

フィリピンは人口一億人を超え、経済成長が著しく、今後も発展を続けることが予想されています。

ただ、単に不動産投資はフィリピンが良いと言っても、誰にでも向いているわけではありません。

海外の不動産投資は日本とは法律的に違う部分も多いですし、投資のスタイルも異なってきます。

どんな人がフィリピン不動産投資に向いているのか?なぜフィリピンが良いのか?など、具体的に見てみましょう。

 

 

<どんな人がフィリピン不動産投資に向いているか?>

 

■インカムゲインを稼ぎたい人

投資には、インカムゲインとキャピタルゲインというものがあります。

インカムゲインとは、保有する資産が生み出す継続的な収入のこと。

時間はかかりますが、長い間安定した収入を得ることを指します。

対するキャピタルゲインとは、安い時点で購入した株などが売却時に高値で売れて、その差額で利益を得ることを言います。

株で大当たりするなど収入はこのキャピタルゲインにあたり、短期間でも大金を稼ぐ可能性がある投資方法です。

フィリピン不動産投資では、今少しずつキャピタルゲインからインカムゲインの方が注目され始めています。

ちょっと前までは、「安いうちにコンドミニアムを購入して、価格が上がった時に売って儲けよう!」というのが主流でした。

しかし、今はそれよりも、購入した不動産から家賃収入を得るなど、それほど大きな金額ではなくとも長期的に収入が見込める投資の方が期待されているのです。

ですので、「今すぐ一攫千金を狙いたい!」という方にはあまり向いていないかもしれません。

逆に、初期投資は惜しまず長い目で見ることができ、少しずつ着実に資産を増やしていきたい人にはぴったりです。

■フィリピンに移住を考えている人

フィリピン不動産を、資産運用目的だけでなく、自分が住むために持ちたいという方にも向いています。

日本の経済が低迷している今、将来セカンドライフは東南アジアで悠々自適に暮らしたいと考えている人が多いと思います。

そんな中で、物価も安く不動産を手に入れやすいフィリピンは、ベストチョイスと言えるでしょう。

フィリピンでは、日本と同じ基準の生活費があれば、メイドやドライバーを雇いながら高級コンドミニアムでラグジュアリーな暮らしをすることも可能です。

暖かい南国でバカンスを楽しむように人生を楽しみたいという人は、移住先としてフィリピンは有力候補になるでしょう。

もちろん、自分が住むだけでなく、数年後に売却するという方法もあります。

■自分でリサーチできる人

フィリピン不動産に関しては、扱っているエージェントが多数あります。

セミナーや勉強会など、知識を得られる場も多いです。

しかし、どのエージェントも当然ながらポジティブな情報をメインに持ってきます。

リスクをよく見ずに、提供される情報を鵜呑みにしてしまうのは危険です。

たとえば、エージェントが「立地も良く価格も安い」という物件を紹介してきたならば、すぐに食いつかずに「なぜその好条件なのに安いのか?」を自分で調べてみましょう。

安い物件は、壁が薄かったり設備に不備があるなど、それなりの理由があるものです。

何でもかんでも信用せずに、自分でリサーチできることは、投資では必須のスキルとなります。

また、複数のセミナーへ出かけてより多くの情報を得たり、信用できるエージェントを探す行動力も大事です。

■資金1,000万円以上を用意できる人

フィリピン不動産がいくら安いといっても、やはりそれなりの価格以上のものでなければ、投資目的には向きません。

安くてもボロい物件なら誰もお客さんはつかないでしょう。

自分で住むだけなら気に入れば何でも良いかもしれませんが、資産運用がしたいなら、1,000万円前後の物件をターゲットに定めるようにしましょう。

そのため、1,000万円程度の資金をまず準備することが必要になってきます。

フィリピン不動産は購入時にローンを組むことも可能ではありますが、金利が高いのでやはり現金一括で買うのがおすすめです。

 

 

<なぜフィリピンなのか?>

 

■フィリピン以外の東南アジアはどうなの?

東南アジアの不動産は、実はフィリピン以外にも注目されている国がいろいろあります。

タイ、カンボジア、マレーシア、ラオス、ベトナム、ミャンマー、インドシネアなどなど、経済成長の真っ只中にある国は、フィリピン以外も今後不動産価値が上がると言われています。

これらの国の不動産は、どこも「利回りが高い」「キャピタルゲインが得やすい」などのメリットがあります。

しかし、フィリピンのように情勢が安定していないところも多いです。

政策や税制、そして外国人に対する規制がコロコロ変わるため、現在の条件で投資をしても途中で損失が出てくる可能性も高くなります。

また、マレーシア不動産市場など、すでに低迷が見られる国も多いです。

現在のフィリピンのような、いわゆる「バブル」の状況はすでに過ぎ去ってしまっているのです。

■安定した経済成長率を記録しているフィリピン

対するフィリピンはどうかと言うと、現在日本をはじめ外国からの投資を積極的に受け入れているため、税制などはむしろ外国人にとって有利になってきています。

また、経済成長率の度合いも、高いだけでなく安定しているのがポイントです。

多少のアップダウンはありつつも、比較的ブレのない成長率を記録しており、マレーシアやシンガポールを上回る数字を出しています。

フィリピンの経済成長を支えているのは、主にOFW(海外出稼ぎ労働者)からの外貨収入、BPO(Business Process Outsoursing)産業、そして個人消費の大きさです。

どの要素も他の国にはないもので、フィリピンだからこそ形成できたもの。

英語が通じる国であることも大きなアドバンテージで、それが経済力にも直結しています。

BPO産業などはまさに、フィリピン人の持つ高い英語力がなければ成り立ちません。

独自の歴史や文化を持つフィリピンの特権と言えるでしょう。

■人口ボーナスの恩恵

また、人口が安定的に増加し続けているのもフィリピンの特徴です。

フィリピンの人口は2014年に1億人を突破し、2030年には1億1,000万人、2040年には1億2,000万人、2050年には1億2,700万人になり、2091年までずっと増加が続くと言われています。

長期的な不動産の保有によってインカムゲインを狙いたい投資家にとっては、これだけ未来の可能性が約束されているのは大変好条件と言えるでしょう。

また、人口減少によって労働力不足が深刻化している日本と比べて、新しいビジネスを立ち上げるための労働人口も十分確保しています。

加えて、フィリピン人口の平均年齢は23歳と非常に若いです。

日本の45.9歳という数字と比べてみても、将来性が高いことが分かりますね。

■賃貸需要がある

不動産投資で長期的にインカムゲインを稼ぎたいと思っている人にフィリピン不動産が向いている理由として、空室率の低さが挙げられます。

特にマニラ首都圏ではどのコンドミニアムも稼働率が高く、マカティの高級物件では10%〜5%以下の空室率と言われています。

そのため、安定した家賃収入が期待できます。

■フィリピンペソが安定している

東南アジアの通貨は、アップダウンが激しいイメージではないですか?

しかし、フィリピンペソに関しては、過去10年間で上下率42.9%。

実はこれは、アメリカドルやユーロよりも安定している数字なんです。

変動が大きいと言われているイギリスのポンドは52.2%、オーストラリアドルは53.5%。

これらの数字と比べると、フィリピンペソは10%以上の差をつけています。

出稼ぎ労働者からの外貨送金が大きいため、外貨→ペソへの両替が多く発生し、こういった状態が生まれています。

このようにフィリピンペソが安定していることから、フィリピンへの投資は不動産だけでなく為替投資も注目されています。

 

<フィリピン不動産投資を考えているなら>

いかがでしたか?

フィリピン不動産投資に向いている条件が揃っているなら、ぜひ今すぐにでもリサーチを始めてみましょう。

コンドミニアムは次々に建設されているとはいえ、やはり良い物件は早い者勝ちです。

また、こうしている間にもフィリピンの物価は変動し、不動産価格は上がっていきます。

できるだけ早い行動が鍵になるでしょう。

購入の際は、どのエリアが向いているのか?予算はどのくらいか?どういう投資方法で資産運用したいのか?などなど、条件を具体的にしていく必要があります。

もし自分のリサーチだけでは不十分だと思ったら、ご遠慮なくBTWINまでご相談ください。

フィリピン不動産を専門に扱うプロフェッショナルが一緒に考え、ベストな優良物件をご紹介させていただきます。

https://btwin-realty.com


フィリピン不動産投資・資産運用のご相談はBTWINへお気軽にご相談下さい   フィリピンビジネスのサポートなら現地で活躍しているエージェント会社にお任せ下さい。日本人スタッフ対応     ビジネスで伝えたいけど誤った伝え方で交渉が決裂…海外での言葉の壁!!! 翻訳・通訳をご希望の方はこちら   完全日本語対応! フィリピンで車を借りるならPH-DOOR!! フィリピン不動産へのお問い合わせは投資はこちら