セブ留学と欧米留学の違いとは?


近年大変人気のあるセブ留学ですが、アメリカやイギリス、オーストラリア、カナダなどの欧米へ留学するのと何が違うのかご存知でしょうか。

将来英語留学したいと考えている人の中には、セブを渡航先に検討している人もたくさんいることでしょう。

そこで今回は、欧米留学とフィリピン留学の違いについてご紹介したいと思います。

 

 

<費用の違い>

まず最初に特記すべき違いは、留学費用です。

フィリピンは物価や人件費が欧米諸国と比べて圧倒的に安いため、留学費用を大幅に抑えることができます。

たとえば1ヶ月語学留学したとして、フィリピンなら30万円もあれば授業料、生活費、宿泊費、食費すべてをカバーできます。

一方で同期間アメリカに留学した場合、倍の60万円はかかるでしょう。

また、現地で買い物したり外食したりした際にも、フィリピンは日本の4分の1くらいの支出で済みます。

資金が少なくても、フィリピンなら夢の英語留学が可能なのです。

 

<授業スタイルの違い>

欧米諸国に留学した場合、ほとんどのクラスで授業はグループレッスンになります。

少なくとも10人、多い場合は20人以上クラスメイトがいることも。

もちろん、クラスメイトが多いことのメリットもありますが、やはり一人当たりの話せる時間は短くなります。

特に、会話力を上げたい場合はたくさん話せるほうが早く上達します。

フィリピン留学では、実は授業のほとんどがマンツーマンです。

講師と二人なので、聞き取れなかったら何度でも聞き返せますし、わからない部分があれば何度でも質問できます。

そして、自分が話す時間が圧倒的に増えるため、どんどん上達するというわけです。

特に英語初心者の場合は、いきなり集団の中に混ざっても緊張しますし、授業についていくのが大変です。

マンツーマンならマイペースに学習が進められるので安心でしょう。

 

<サービスの違い>

欧米留学ではホームステイしながら語学学校に通うのが定番ですが、フィリピン留学ではほとんどのケースで語学学校に併設する寮に滞在します。

部屋も食事も授業も同じ場所で提供される、いわゆるワンストップサービスです。

学校から滞在場所への移動時間も存在しませんし、食事を作る必要もありませんし、部屋の掃除や洗濯もしてもらえるので、英語学習に完全に集中できる環境と言えるでしょう。

また、常に近くに同じ留学生や講師たちがいるので、勉強のモチベーションを保つこともできます。

中には、講師と部屋を共にして英語漬けにするサービスを提供している学校や、プールやジムなどを完備している学校もあります。

 

<コースの違い>

フィリピンは留学生のほとんどが日本人もしくは韓国人です。

そのため、日本と韓国で権威を持つTOEICの対策コースを持つ学校がたくさんあります。

TOEICスコアアップのためにフィリピン留学を選ぶ人も多いです。

対する欧米留学では、TOEIC対策というのはほとんどありません。

アメリカやイギリスなどではまったくメジャーではない資格だからです。

 

<講師の違い>

フィリピンで英語講師になっているのは大卒のいわゆるエリートが多いのですが、そもそもフィリピンの母国語は英語ではありません。

講師たちも自分で勉強して英語を習得した経験があります。

そのため、学習者がどこでつまずくか、何が分からないのかを理解する能力は、欧米諸国のネイティブ講師よりも高いと言われています。

発音に関しては多少フィリピン訛りがありますが、アメリカ英語がベースとなっているため、アメリカ英語の発音に近いです。

また、フィリピン人は基本的に明るく、ホスピタリティが高く、フレンドリーでいつも笑顔です。

楽しく笑いながら学べるのはフィリピン留学ならではです。

 

<留学生の違い>

上述したように、フィリピン留学に来ている学生はほとんどが日本人か韓国人、あるいは台湾人などです。

フィリピンの語学学校へ行って日本人が誰もいない、ということはほぼ無いと思います。

同じ母国語をしゃべる仲間がいるというのは、異国では安心できるのではないでしょうか。

逆に「日本人がいない方がいい」と考える人もいるので、これがメリットになるかデメリットになるかは人それぞれです。

日本人が比較的少ない学校もあります。

 

<環境の違い>

フィリピンは発展途上国なので、環境は欧米諸国とまったく違います。

治安が良いとは言えないので、一人で夜に出歩くようなことは出来ないと思った方が良いでしょう。

道路も整備されていないところがあったり、多少汚いと感じる場所もあると思います。

ただ、フィリピンの語学学校は外に出ずとも生活できてしまうため、守られている環境とも言えます。

週末は外出もできるので、近くにある海でダイビングなどのアクティビティを楽しんだり、観光スポット巡りもできます。

たとえばセブには、近くにジンベエザメと一緒に泳げるスポットなどもあります。

また、フィリピン人同士で話されているのは英語ではなく主にタガログ語です。

英語は概ねどこへ行っても通じますが、欧米のように街中どこへ行っても英語漬けになれるわけではありません。

田舎の方へ行くと英語を話せないフィリピン人もいます。

 

<距離、時差の違い>

フィリピンは、マニラなら日本から4時間半、セブなら5時間ほどのフライトで行くことができます。

海外留学でこれだけ気軽に短時間で行けるところはありません。

アメリカなら場所にもよりますが12時間以上かかるのが普通ですし、時差も10時間以上あるので昼夜が逆になってしまいます。

こうなると時差ボケもあって最初は慣れるまで体力も使います。

一方でフィリピンと日本の時差はたった1時間。

出発したその日に到着できるだけでなく、時差を気にすることなく日本の家族や友人に連絡がとれるというメリットがあります。

 

 

いかがですか?

フィリピン留学と欧米留学の大きな違いについてご紹介しました。

費用を抑えたい、英語初心者である、TOEIC対策がしたい、会話力を重視したい、長時間飛行機に乗りたくない、などの条件に当てはまる人は、フィリピン留学は断然おすすめです。

近いので1週間くらいの超短期間留学も可能ですし、持ち物もほとんど夏服だけでOK。

いろいろな意味で気軽に行けるのがセブ留学・フィリピン留学の魅力です。

ぜひ吟味して、あなたに合った留学スタイルで夢をかなえましょう!


フィリピン不動産投資・資産運用のご相談はBTWINへお気軽にご相談下さい   口座開設・ビザ申請・法人登記サポートなどはe-plus-agent.comまで!     フィリピン不動産・投資視察ツアーはE-PLUSにお任せください!! お客様満足度95%   完全日本語対応! フィリピンで車を借りるならPH-DOOR!! フィリピン不動産へのお問い合わせは投資はこちら