マニラの家賃、光熱費、通信費、食費はどのくらい?


フィリピンに移住したい!フィリピンでビジネスを展開して長期滞在したい!

何度かフィリピンを訪れていると、フィリピンの良さにはまって「住みたい」と考える日本人は大変多いようです。

確かにフィリピンには、日本にはない魅力がいろいろあります。

温暖な気候、綺麗な海やビーチ、陽気でフレンドリーな人々、日本人の口にも合う食事などなど、「こんな楽園みたいなところに住みたいなぁ」と感じるのも分かります。

フィリピンにコンドミニアムを買って別荘として使ったり、永住権ビザを取って自由にフィリピンと日本を行き来する生活に憧れている人も多いでしょう。

 

だけど、フィリピンに実際に住むとなると、どのくらいのお金がかかるのか?

気になりますよね。

そこで今回は、家賃、光熱費、食費などを含めた生活費と、ちょっとした贅沢もした場合、総額どのくらいのお金がかかるのかを見ていきたいと思います。

フィリピンに住みたい方は要チェックです!

 

<フィリピン・マニラの家賃>

まず、生活する上で最も大きな比重を占める家賃。

部屋を賃貸したケースで考えてみましょう。

まず、フィリピンは「物価が安い」という強烈なイメージがあるのではないでしょうか。

「日本の4分の1の支出で生活できる!」なんてこともよく言われていますが、それはもちろんその人の生活スタイル次第。

家賃に関して言えば、確かに日本の相場よりは安いけれど、思ったほど安くない・・といった印象を持つ人が多いようです。

首都マニラで物件を探すとなると、日本でいう東京で探すのと同じですから、そこそこの予算で考えておく必要があります。

また、日本人が多く住んでいるマカティやBGCといった経済都市は、東京の中でも新宿レベルの一等地です。

こういった高級エリアで物件を探す場合、家賃は以下のような相場となっています。

■スタジオタイプ(ワンルームもしくは1Kくらい)
月20,000ペソ〜40,000ペソ(約40,000円〜80,000円)

■ワンベッドルームタイプ(1DKもしくは1LDKくらい)
月30,000ペソ〜50,000ペソ(約60,000円〜100,000円)

■ツーベッドルームタイプ(2DKもしくは2LDKくらい)
50,000ペソ〜100,000ペソ(約100,000円〜200,000円)

いかがでしょうか?

たしかに新宿に4万円で住めると思えば安いけど、フィリピンでこれなら思ったほどではないかも・・といった印象ではないでしょうか。

しかし、このくらいの家賃でも、いわゆる「タワーマンション」に住めちゃうのがフィリピンのメリットです。

フィリピンで日本人が住むのはほとんどがコンドミニアムで、施設にはプールやジム、24時間体制のセキュリティが完備されています。

簡単にいうと、セレブな暮らしができちゃうというわけです。

日本で4万円の家賃を出しても、一等地でこの環境は絶対に望めないですよね。

もちろん、「セレブな暮らしは要らないからもっと安くしたい」という場合、田舎に住めば家賃はもっと抑えることが可能です。

マニラから車で1、2時間離れたエリアになると相場は格段に下がり、1LDKで4,000ペソ(約10,000円)程度という超激安物件も見つけることができます。

 

<フィリピンでの光熱費>

さて、次に気になるのは光熱費ですよね。

電気、ガス、水道代がどのくらいかかるのかチェックしてみましょう。

■電気代
まずフィリピンに来て一番驚くのは「電気代の高さ」です。
実はフィリピンの電気代は「アジアで一番高い」とも言われています。
一番電気を食うのはエアコンなのですが、フィリピンはいかんせん暑いため、家にいる間は稼働率がどうしても高くなります。
金額は家庭によって変わってくるため一概には言えませんが、一人暮らしで月3,000〜5,000円くらいは普通にかかります。
家族が多ければ10,000円以上も当たり前です。
日本の生活とほぼ同じくらいかそれ以上だと思っておくと良いでしょう。

■水道代
電気代と違い、水道代は安いです。
一人暮らしの場合、1ヶ月1,000円以内で済ますことも可能です。
シャワーや洗濯の頻度によっても変わると思いますが、それほど跳ね上がる心配は要りません。
ちなみにフィリピンの水道水は飲めないので、飲料水は別途購入する必要がありますが、それも月1,000円程度と高額にはなりません。

■ガス代
フィリピンではプロパンガスを使用しており、一人暮らしなら月500円程度と考えればOKです。
ボンベが空になると交換をお願いする必要があり、その際に2,000円前後かかります。

極端に電気代が高いので、そこだけちょっと気になっちゃうかもしれませんね。

光熱費をまとめると、一人暮らしで大体5,000円〜7,000円くらいが目安です。

 

<フィリピンでの通信費>

ネットなしで生活することはまず考えられないでしょう。

フィリピンの通信費はどうなっているかというと、実はプロバイダーと契約すると日本と同じくらいの月額(4,000円前後)がかかります。

ちなみに光回線とADSLがありますが、光回線は数十万という莫大なコストがかかるため、ほとんどのユーザーがADSLです。

通信があまり安定していないため、ネットが重要になるビジネスの場合、2回線繋いでいる企業も多いようです。

しかし、フィリピンは日本よりも公共のフリーWi-Fiエリアが圧倒的に広いため、外にPCを持ち出して個人で仕事をするなら、わざわざキャリアと契約する必要はないかもしれません。

カフェやホテル、レストランなど、都心であればほぼどこへ行ってもネット環境を見つけることができます。

ただし、安定していない場所もあるのでそこが少しストレスになってしまうかもしれません。

 

<フィリピンでの食費>

食費は暮らし方によって大幅に節約が可能です。

ローカルな食堂を利用したり、スーパーで買ってきた食材を自分で料理すれば、1食100円〜200円程度でも十分食べられます。

しかし、日本食レストランやモールのフードコートなどで食べると、1人500円〜1,000円はかかります。

1日1,000円の食費で計算した場合、単純に1ヶ月で3万円くらいですね。

フィリピンで安く食事を済ませようとするとどうしても野菜不足になりがちなので、あまりケチりすぎると健康を害してしまうかもしれません・・・。

 

<フィリピンの衣料>

暮らしていれば、当然服を買うこともあるでしょう。

マニラでは最近はおしゃれな人たちも多く、ブランドショップも数多く揃っています。

しかし、外資系や日本のブランドの服を買おうとすると、日本と同じくらいの値段かそれ以上します。

たとえばユニクロなんかは日本よりも高値で売られていて、フィリピンでは高級品です。

紫外線も強く洗濯で服がボロボロになりがちなフィリピンでは、そこまで高品質な服は要らないと思います。

おすすめは、600円程度の服です。

それほど長持ちはしませんが、消耗品として考えれば良いのではないでしょうか。

ちなみにローカルなマーケットなどで安いTシャツを購入すれば100円〜200円です。

もちろん、質は良くないので1回洗うともうダメになってしまうこともありますが・・。

 

<フィリピンでの娯楽にかかる費用>

さて、ここまでは生活に最低限必要なコストについてお伝えしてきました。

でもやっぱり、せっかくなら遊びたいですよね!

フィリピンには、いろんな娯楽があります。

それぞれにかかるコストは以下の通りです。

■マリンスポーツ・・スキューバダイビングで1日ツアー10,000円前後
■カジノ・・数千円から遊べます
■夜遊び・・KTVなら90分で1,000円程度、ゴーゴーバーなら6,000円〜8,000円
■映画・・施設や映画によって異なるが、約400円〜1,000円
■美術館巡り・・入場料は無料〜500円くらい
■カフェ・・・ちゃんとした珈琲屋さんなら1杯300円〜400円前後

などなどです。

遊び方にもよりますが、月3万〜4万円もあれば十分ではないでしょうか?

 

<まとめると・・・>

マニラのマカティで家賃安めの部屋に住んで、そこそこ節約して暮らした場合、概算で月々以下のようなコストがかかると想定できます。

家賃:40,000円
光熱費:5,000円
通信費:4,000円
食費:30,000円
衣料代:3,000円
娯楽費:30,000円

合計:112,000円

月12万円も稼いでいれば、とりあえずコンドミニアムに暮らせるということですね!

ただしここには、突然体調を崩した際の病院代や、外出の際の交通費などは含まれていないので、実際はもっとかかります。

参考程度に見ておいてくださいね!

フィリピンは物価が安い安い、と言われていますが、暮らし方によっては日本と変わらない感覚になります。

ただ、不動産に関して言えば、日本と同じくらいの相場でかなり高級でラグジュアリーな環境が手に入るところが嬉しいポイントです。

また、今回は触れていませんが、日本人駐在員の多くは月1万円程度でメイドを雇い、家事をすべて人に任せています。

そんなセレブなことができるのも、フィリピンならではですね!

ビジネスチャンスも大きいフィリピンで、ぜひ日本とは違う新しい生活を検討してみてください♪


フィリピン不動産投資・資産運用のご相談はBTWINへお気軽にご相談下さい   フィリピンビジネスのサポートなら現地で活躍しているエージェント会社にお任せ下さい。日本人スタッフ対応     ビジネスで伝えたいけど誤った伝え方で交渉が決裂…海外での言葉の壁!!! 翻訳・通訳をご希望の方はこちら   完全日本語対応! フィリピンで車を借りるならPH-DOOR!! フィリピン不動産へのお問い合わせは投資はこちら