羽田からマニラへ、JALが新規便を就航


不動産投資やビジネス進出、英語留学などで注目が集まるフィリピン。

2月1日より、JALの羽田空港からマニラへ飛ぶ便が新しく追加され就航になりました。

これにより、JALの東京 ⇔ マニラの便は1日3往復となります。

 

<往路>

■JA741
9:20成田発 → 13:25マニラ着

■JA745
18:10成田発 → 22:15マニラ着

■JL077
00:05羽田発 → 03:55マニラ着

<復路>

■JL742
14:35マニラ発 → 19:45成田着

■JL746
09:50マニラ発 → 15:00成田着

■JL078
23:50マニラ発 → 4:55羽田着

JL077便とJL078便が今回新規就航された便です。

これまでは成田発着のみだったのが、羽田も使えるようになったのは嬉しいですね!

所要時間は往路で5時間ほど、復路で4時間ちょっとです。

 

東京からマニラへの便が初めて開設されたのは1967年。

当時は東京 → 大阪 → 台北 → マニラというルートのみでした。

東京 → マニラの直行便が登場したのは1974年のことです。

 

羽田空港の国際線利用者数は増加しており、今年は前年度比6%増の1,800万人となっています。

日本からフィリピンへ渡航している人は63万人で、前年対比8.15%。

今後はさらにフィリピン⇔日本間の旅行者は増えることが予想されています。

また、今回の新規路線開設によって、2020年の東京オリンピックでより多くの人々が日本へやって来ることでしょう。

もちろん、ビジネスや投資目的でフィリピンへ渡る日本人もさらに増加すると思われます。

 

ますます便利に、フィリピンとの距離が縮まったのは喜ばしいことですね。

日本とフィリピンの関係もより友好的なものなり、双方が成長できるきっかけになることが期待されます。


フィリピン不動産投資・資産運用のご相談はBTWINへお気軽にご相談下さい   口座開設・ビザ申請・法人登記サポートなどはe-plus-agent.comまで!     フィリピン不動産・投資視察ツアーはE-PLUSにお任せください!! お客様満足度95%   完全日本語対応! フィリピンで車を借りるならPH-DOOR!! フィリピン不動産へのお問い合わせは投資はこちら