セブでの賃貸物件探しで注意すること


南国のフィリピン、セブに住みたいな〜と思ったことはありませんか?

一度留学でセブに滞在し、その後セブが好きすぎて移住してしまった!という日本人は大変多いです。

 

ただ、留学と違って、移住する場合は住む場所を自分で確保しなければなりません。

今はフィリピン投資ブームもあってコンドミニアムを購入する人も多いですが、まずは賃貸で住んでみたいという人も多いはず。

 

そこで今回は、セブで賃貸物件を探す際のポイントや注意点をまとめてみました!

 

<フィリピンの賃貸物件はほとんどが家具付き>

まずは、セブのコンドミニアムの中がどんな感じになっているかをさらっとご紹介します。

セブだけじゃありませんが、フィリピンの物件にはほとんど家具や家電が最初から付いています。

付いているアイテムは物件によって違いますが、オーナーさんが選んで買った家具が置いてあるのです。

家具は、全部付いている場合もあれば、いくつか最低限のものだけ付いているケースもあります。

その場合は自分で買い足します。

 

<家具家電のクオリティがバラバラ>

注意したいのは、それらの備え付けの家具家電のクオリティやセンスです。

普通の家具である場合もありますが、オーナーさんの趣味で自分のセンスと合わない場合もあります。

また、ケチなオーナーさんだと安い家電ばかりで揃えていて、質が悪いこともあります。

内見する際は、こういった家具家電が自分の好みかどうか、そしてしっかりした品質のものかどうかを確認しましょう。

 

<温水シャワーかどうか>

セブでは水シャワーしか出ない物件がけっこうあります。

地元のフィリピン人はお湯シャワーを浴びる習慣がないので仕方ないです。

基本暑いので平気という人も多いですが、時折寒い日もありますし、やっぱり日本人としては毎日水シャワーだとキツイのではないでしょうか。

ボイラーがついていない物件は温水シャワーが出ませんので、別の物件を探すか、取り付けてもらう必要があります。

ちなみにバスタブはまずないです。

 

<職場の近くに住もう!>

やってしまいがちなのが、住むコンドミニアムの立地を見誤ること。

フィリピンは物価が安く交通費もたいしてかからないため、つい家賃を抑えようとして郊外の方に住んだり、職場から遠いところに物件を借りてしまう人が多いです。

しかし、フィリピンは何よりも交通渋滞がひどい国ですので、職場から遠いと通勤時間が半端なくかかります。

もちろん、帰りもなかなか帰宅できません。

これは日々非常に大きなストレスになりますし、夜遅くなるのは治安面の不安もありますし、お金よりも大事な時間が奪われてしまいます。

多少家賃は高くても、職場に通いやすい場所に家を構えるのがおすすめです。

理想は、徒歩圏内です。

 

<家具や家電の買い替えはどうなる?>

上述しましたように、フィリピンの物件はほとんどが家具家電付きです。

なので家具を買う必要はないのですが、住んでいれば途中で壊れることもあると思います。

そういった場合、誰が修理や交換の費用を負担をするのか?そこをしっかりオーナーさんに確認しておきましょう。

また、最初から傷が付いていたりする箇所があれば、そこも一緒に確認することが大事です。

 

<内見は必ずしよう>

当たり前ですが、住む前に必ず現地に行き、自分の目で部屋の様子を確認しましょう。

インターネット上に掲載されている写真をそのまま信用して契約するようなことは絶対にないように。

細かいところまでしっかりと見ておくことが大切です。

 

<オーナーさんとは上手くやれそう?>

いくら部屋がすごく良くても、オーナーさんとの関係が悪かったらトラブルの原因になります。

話す際に、人柄や性格をしっかり見ましょう。

特にフィリピン人は日本人と違う物の見方をする場合が多々あるので、分からない部分があれば曖昧にせず、分かるまで話を聞きましょう。

 

<デポジットが返金されるか確認>

フィリピンでは賃貸契約をする際、「デポジット」という敷金のようなものを払います。

通用、契約した期間を満了した場合、退室時にデポジットは返金されます。

しかし、いざ退室するとなると、何やかんやとイチャモンをつけて返してくれないパターンが多々あるのです。

ですので、デポジットはちゃんと返ってくるかどうかをしっかり確認し、書面をしっかり保管しておくようにしましょう。

 

<インターネット環境を確認>

物件によってはネットを契約してもちゃんと回線がひけないこともあります。

ほとんどの人はネットがないと生活に支障があるはず。

ネットがちゃんと使える環境かどうか、オーナーに確認しておきましょう。

また、コンセントの場所なども、おかしなところに付いていないか見ておきましょう。

 

<物件探しは根気よく!>

セブには隠れた優良物件がたくさんあると言われています。

しかし、フィリピンでは不動産サイトなどが日本ほど発達しておらず、探すのは簡単ではありません。

一番良いのは、街を自分で歩き、良さそうなコンドミニアムがあったら直接連絡して内見をお願いする方法です。

日本ではまずない方法ですが、フィリピンではかなりポピュラーな探し方なんです。

また、物件を見ても即決はせず、いろいろと根気よく見てみましょう。

あなたにぴったりな掘り出し物件を見つけるまで、時間をかけることも大切です!


フィリピン不動産投資・資産運用のご相談はBTWINへお気軽にご相談下さい   口座開設・ビザ申請・法人登記サポートなどはe-plus-agent.comまで!     フィリピン不動産・投資視察ツアーはE-PLUSにお任せください!! お客様満足度95%   完全日本語対応! フィリピンで車を借りるならPH-DOOR!! フィリピン不動産へのお問い合わせは投資はこちら