フィリピン/インドネシアへのビジネス進出をお考えなら数多くの企業進出サポート実績を誇る当社にお任せください/日本語スタッフ対応

フィリピン、セブ語学学校の食事って美味しいの?


フィリピン留学、セブ留学に興味はあるけど、「食」の面がちょっと心配・・という方は少なくありません。

フィリピンの料理って美味しいの?

食べてお腹壊したりしないの?

日本人の口にも合うの?

などなど、気になりますよね。

せっかく英語が学べる環境になっても、生活の基本である「食」に不満があったら、楽しさも半減してしまいます。

勉強への集中力も低下してしまうでしょう。

講師や授業のクオリティと同じくらい、食事は重要なもの。

 

フィリピン留学ではほとんどの学生が寮で生活し、寮で提供されるご飯を食べています。

みんな一体どんなものを食べているのでしょうか?

 

<寮の食事について>

長い間、フィリピン留学の寮食はマズイとよく言われていました。

しかし、留学生の数が増えるにつれて、近年そのクオリティはグンと上がってきています。

フィリピン、セブの語学学校の寮で提供される食事は、学校によってさまざまです。

韓国系、日系の学校でも系統が違いますし、ワンプレートで出てくるところもあれば、ビュッフェスタイルのところもあります。

 

<韓国系語学学校の食事>

語学学校には大きく分けて韓国系と日系のところがあり、韓国系の学校では韓国料理がよく出てくるようです。

チヂミやサムギョプサルなど日本人にも人気のメニューが用意されています。

キムチやビビンパなど辛いものが出ることもあるので、苦手な人は注意が必要です。

最近は日本人に配慮し、韓国系の学校でも韓国料理は減ってきているそうです。

 

<日系語学学校の食事>

日系の語学学校では、より多くの日本人留学生を呼ぶために、食事内容にかなり力を入れている学校が増えてきています。

老舗和食レストランのシェフが、調理や味付けだけでなく盛り付けまでキッチンスタッフに指導し、高いクオリティの食事を提供している学校もあります。

メニューの例としては、肉じゃがや味噌汁、煮物、カレーライス、野菜炒め、照り焼きチキン、ハンバーグ、天ぷらなどがあります。

 

<フィリピン料理・洋食・中華>

日系でも韓国系でも、食事内容がフィリピン料理だったり洋食だったりすることはあります。

朝はフルーツやパンケーキなどが出ることもあります。

フィリピン料理は野菜が少なめで肉が多く、脂っこい傾向があります。

また、ラーメンなど中華系のメニューもよく出てきます。

 

<好き嫌いが多い、たくさん食べたいならビュッフェスタイル>

ワンプレートの定食だと食べられないものが多かったり、逆に量が足りないと感じる人もいると思います。

そういう方はビュッフェスタイルの食事を提供している学校がおすすめです。

野菜、肉、ご飯のバランスも自分で決められますし、嫌いなものがある人は避けることもできます。

サラダバーが付いている学校もあります。

 

<3食付きプランのメリット>

フィリピン、セブ留学で本腰入れて英語を勉強したいなら、寮の食事は3食付けたほうが良いです。

また、土日も食事をつけるかどうか選ぶことができます。

せっかくだから土日は外で友達と遊んで、外食もしたい!という方は、平日のみ3食付けても良いでしょう。

3食付けるメリットとしては、以下のようなものがあります。

■勉強に集中できる

外食するとどうしても移動に時間が取られますし、お金もかかります。

フィリピンは渋滞がひどいので、目的地によっては移動だけで1時間くらいかかってしまうでしょう。

でも、寮の食事なら食堂へ行けばいいだけです。

中には節約のために自炊したいと考える人もいるようですが、慣れない外国で食材を買ってきて調理し、食べたら後片付けして・・となると、かなりタイムロスになります。

その分、授業で学んだことを復習したり、新しい単語を覚えたりするほうがよっぽど効率的です。

限られた留学期間を有意義に過ごすためにも、寮食は利用価値が高いと思います。

■お金を節約できる

もともとフィリピン留学は、食事込みでも安い!というのがメリットです。

いくら物価の安いフィリピンでも、ちゃんとしたレストランに行けば1回1,000円前後はかかってしまいます。

寮の食事なら授業料と一緒に支払い済みなので、お財布の中身を気にする必要もありません。

また、土日は友人とレジャーに出かけたいと考えているなら、その費用をとっておくためにも、食費を節約するのが一番良いと思います。

■健康に良い

肉料理中心のフィリピンでの食事はどうしても野菜不足になりがちで、栄養バランスが崩れます。

しかし、寮の食事は栄養管理もしっかりしているので、バランスの良い食事がとれるのです。

野菜や果物もよく提供されますので、確実に外食よりも健康的です。

■校内にいるので安全

フィリピンは治安の悪いエリアもあり、特に夜は一人で出歩くのは危険です。

食事をしに出かけようと思っても、治安面を心配しながら外出するのは疲れますし、いつどんなトラブルに遭うかも分かりません。

その点、寮の食事であればどこにも行かないので身の安全は確保できますし、もちろんトラブルもないです。

■仲間と一緒に食べられる

外食するのに毎回一人だと寂しくないですか?

だからといっていちいち誰かを誘うのも気を使うし・・・それを毎日やってると精神的にもかなり疲れてしまうと思います。

寮の食事なら特に約束しなくても誰かしらクラスメイトはいるでしょうし、自然に会話もできて楽しいです。

ちなみに一人で食べたいのであれば、一人で食べることもできます。

食事は短い時間でパッと済ませてすぐ勉強する!というのも有意義な留学スタイルだと思います。

 

<フィリピンの食事って安全なの?>

発展途上国に行ったことのある人は、衛生面を心配するかもしれませんね。

確かにフィリピンにはまだ不衛生な環境もありますし、ローカルな食堂などでは安心して食べられないこともあります。

屋台フードなんかは、日本人は食べないほうが良いと言われています。

しかしそんなフィリピンでも、語学学校はかなり衛生面に気を使っています。

経営しているのは韓国人や日本人です。

寮の食事で食中毒が出たなどという話は聞いたことがありませんし、学校側も生徒さんはお客さんなので、そういった面には相当気をつけています。

下手にレストランを利用するより、よっぽど安心ですよ。

 

<留学前にしっかり調査を!>

フィリピンの語学学校の食事は学校によって全然違うため、学校選びの際にしっかりと口コミなどで内容や味をチェックしておきましょう。

日本人経営の学校ではそこまで不味いという話はほとんど聞きませんが、稀に食事が合わず辛い思いをする留学生もいます。

 

<フィリピン留学の食事は美味しいの?>

いろいろとメリットなどを紹介してきましたが、結局のところ味は美味しいのか?という質問については、人それぞれなので難しいですね。

毎回好きなものが出てくるわけではないので、食べたくないと思う日もあるかもしれません。

総じて、めちゃくちゃ美味しいものが食べられる!などといった期待は持たないほうが良いと思います。

しかし、ほとんどの留学生は寮の食事に満足しており、味も美味しいという声が多いです。

どこの国へ行ってもそうですが、日本にはないものを食べる体験も楽しいものです。

 

<本来の目的を忘れずに!>

もともとフィリピン留学の目的は何なのか?を忘れちゃいけません。

効率的に勉強し、英語を身につけるために寮の食事を利用すると考えてみましょう。

もしも思いっきりグルメを楽しみたいのなら、観光旅行で訪れれば良いのです。

せっかく安価で英語を勉強する機会が与えられているのですから、時間やお金は無駄にしちゃいけませんよ!


フィリピン不動産投資・資産運用のご相談はBTWINへお気軽にご相談下さい   フィリピン/インドネシアへのビジネス進出をお考えなら数多くの企業進出サポート実績を誇る当社にお任せください/日本語スタッフ対応     ビジネスで伝えたいけど誤った伝え方で交渉が決裂…海外での言葉の壁!!! 翻訳・通訳をご希望の方はこちら   完全日本語対応! フィリピンで車を借りるならPH-DOOR!! フィリピン不動産へのお問い合わせは投資はこちら