フィリピン不動産投資はどんな人におすすめか?


ふぃり

 

フィリピン不動産投資の魅力としては、

■価格が安い

■住宅ローンが利用できる

■ビザなしで購入できる

■購入後の賃貸、転売が可能

 

などなどがあります。

 

またもちろん、フィリピンという国が現在、

・ 経済成長率が順調で今後も伸びていくポテンシャルがある

・ 人口が爆発的に増えており2091年まで増え続ける見込み

・英語圏であるためグローバルビジネスに強い

という強みも持っています。

 

これらのメリットを踏まえると、フィリピン不動産の投資にチャレンジしてみたい気持ちになりますよね。

他の国にはない長期的な利益が見込めることが魅力です。

 

しかし、フィリピン不動産を実際に購入して、失敗した!という声も少なくありません。

いくら価格が安く手が出しやすいといっても、投資ですから必ずしも利益が出るとも限らないのです。

 

そこで今回は、フィリピン不動産の投資に向いているのはどんな人なのか?逆に買わないほうが良いのはどんな人か?を見ていきましょう。

 

<フィリピン不動産投資に向いている人>

 

■長期的なインカムゲインを狙う方

フィリピン不動産は一般的に、「安く買って高く売る!」といういわゆるキャピタルゲイン目的で買う人が多いのですが、最近はそういった目先の利益ではなく、長期的なインカムゲインを目的とする人たちが成功しているようです。

家賃収入を得るためには入居者も獲得しなければならず、なおかつ物件のメンテナンスも必要です。
しかし、スピードは遅いけれど、堅実に稼いでいきたい人には面白みのある投資になるでしょう。

根気よく待てる人が向いているということですね。

逆に「早く転売してお金が欲しい!」と思っている人は、もちろんそういう投資も可能ですが、失敗のリスクも大きくなります。

 

■フィリピンに移住したい人

せっかく購入するんだから自分で住みたい!という方にはフィリピン不動産は最適です。

投資というよりは自分のための買い物に近いですね。

南国に高級コンドミニアムの別荘を持つのも悪くないものです。

また、しばらく住んでから転売してキャピタルゲインを得る方法もあります。

 

■資金が1,000万円以上ある人

フィリピン不動産は安価なものだと1つ400万円台からでも購入できます。

自分で住む目的なら何も問題ありませんが、安いものはそれなりの理由があります。

壁に亀裂が入っているだとか、立地が非常に悪いだとか、はっきり言って投資目的だとそんな物件を持っていてもほとんど意味がありません。

もしも日本人や富裕層向けに賃貸しを考えているなら尚更です。

利回りを期待しているなら、ある程度良い立地にある高級コンドミニアムで、1,000万円前後のものを検討しましょう。

もちろんもっと高いものも多数存在するので投資にかける金額は自由ですが、これよりもグレードの低い物件では投資利益は望めないと考えた方が良いです。

ですので、自己資金1,000万円は持っていると安心ですね。

また、フィリピン不動産購入には住宅ローンも使えるので、最悪手元にこの金額がなくても投資はできます。

手持ちが全然ないのに、利益を期待して購入に踏み切るのはかなりリスキーだと思います。

実際にそれで失敗している投資家も大勢います。

 

■事前にしっかり視察できる人

フィリピン不動産購入にあたっては「プレビルド」といって、まだ建設されていない物件を契約することができます。

この方が安く最新のものが購入できるため、人気の方法となっています。

しかし、いくら最新のコンドミニアムといっても、フィリピンを全く知らない状態で購入するのはやはりリスキー。

フィリピンとはどんな国なのか、どんな国民がどんな生活をしているのか、物件の近くには何があるのか、環境はどうか、などなど現地のことは自分の目で確かめるべきです。

稀に、一度も渡航せず、視察もせずに日本にいながら契約をしてしまう人もいます。

そして全く利益が生まれず初めてフィリピンに渡航してみると、「立地が悪かった!」だとか「中古物件を買ったら内装がボロボロだった!」などと知るケースもあるんです。

ちょっと信じられないことですが、実際にあることなので、買う前に最低でも一回はフィリピンを訪れてみましょう。

不動産は決して安い買い物ではありません。

必ず自分の買う商品を自分で確認してくださいね。

 

■自分で賃貸の仲介ができる人

通常、不動産を賃貸する場合、日本だと管理会社が内装手配、入居者の募集、物件の管理まですべてやってくれます。

しかしフィリピンにはこのようなワンストップサービスの会社はありません。

オーナーは物件を買ったあとも、現地の会社に丸投げできないというわけです。

コンドミニアムの管理は行うことができても、いつまで経っても入居者が来ない!なんてケースも考えられます。

フィリピン不動産を購入し家賃収入を考えているなら、こういった点も理解しておく必要があるでしょう。

しかし最近では、こういったフィリピン不動産業界の不便な点を改善しようと、日本の会社がいくつかポータルサイトを立ち上げるなどしてサポートを始めているようです。

ですので、今後はもう少し便利で楽になっていくことが期待されます。

 

<まずはご相談を!>

いかがですか?

利回りも大きくメリットの多いフィリピン不動産ですが、投資に向く人とそうでない人がいます。

これから購入を考えているのなら、ぜひ参考にしてみてくださいね。

なお、BTWINではフィリピン不動産全般に関する相談、優良物件の紹介を行なっています。

あなたにぴったりの条件やエリアで探せるので、まずはお気軽にお問い合わせください。

https://btwin-realty.com


フィリピン不動産投資・資産運用のご相談はBTWINへお気軽にご相談下さい   フィリピンビジネスのサポートなら現地で活躍しているエージェント会社にお任せ下さい。日本人スタッフ対応     ビジネスで伝えたいけど誤った伝え方で交渉が決裂…海外での言葉の壁!!! 翻訳・通訳をご希望の方はこちら   完全日本語対応! フィリピンで車を借りるならPH-DOOR!! フィリピン不動産へのお問い合わせは投資はこちら