セブ英語留学では寮と1人部屋どちらが良い?

フィリピン留学・セブ留学は、ホームステイが主流である欧米諸国への留学と違って、ほとんどの場合、寮で寝泊まりすることになります。

語学学校に寮が併設されているか、もしくはすぐ近くに寮の建物があります。

 

寮というと、どんなイメージがあるでしょうか。

一部屋に複数の二段ベッドがあって、他の学生と共同生活をする・・・概ねそんなイメージですよね。

もちろん、そういった大人数の部屋もあります。

シャワー、トイレ、キッチン、テレビなどは共同で使います。

1部屋あたりの人数によって滞在費も変わってきますので、安く済ませたい場合は大人数の部屋を選ぶと良いでしょう。

大人数といっても、最大で4名くらいまでです。

 

しかし、やはりほとんどの日本人は1人部屋を希望します。

もしくは2人部屋くらいならOKという方も多いです。

 

1人部屋のメリットとしては、

・プライベートな空間が保たれる

・周りを気にせず好きな時に寝たり起きたりできる

などが挙げられます。

 

逆にデメリットとしては、

・滞在費が高くなる

・他の学生との交流が少なくなる

・なかなか予約が取れない

などがあります。

 

また、ルームシェア(2〜4名)する場合のメリットとしては、

・他の留学生と交流でき、英語を話す機会が増える

・宿泊費が抑えられる

 

デメリットとしては、

・ルームメイトと合わないとストレスになる

・自分の生活リズムをキープできない

などがあります。

 

どちらにも、メリット・デメリットはあります。

また、学校によっては1人部屋に、自分専用のトイレやシャワー、あるいはキッチンがついているところもあります。

寮に滞在する場合は、どちらが自分に合っているのか?何を優先したいのか?をあらかじめ考えてから申し込むと良いでしょう。

1人部屋の場合、2ヶ月以上前に申し込まないと予約が取れないことがあります。

 

 

さて、もう1つの選択肢として、ホテル滞在というのがあります。

これは、金銭的にも余裕があり、若い学生さんと一緒に生活するのはちょっと・・・という、社会人に人気のプランです。

昼間は授業を受け、夜は語学学校が提携しているフィリピンのホテルに1人で寝泊まりすることになります。

言うまでもなく、最も快適であることは間違いありません!

ホテル滞在は、

・完全なプライベート空間で過ごせる

・ベットやシャワー、トイレなどの設備が寮よりも快適、かつ1人で使える

・勉強に集中できる

などのメリットがあります。

 

デメリットとしては、キャンパスから離れているため他の学生との交流がなくなるほか、滞在費は寮よりも格段に高くなります。

しかし、生活する際の物価は安いので、宿泊先で少し贅沢しても良いのではないでしょうか。

1〜2週間程度の短期留学なら、ホテル滞在のほうが勉強に集中できると思います。

 

1人部屋の寮なのか、ルームシェアなのか、ホテルなのか、滞在方法によって留学で得られる効果も大きく変わってきます。

少しくらいお金がかかっても、せっかくの留学を成功させるためには、投資すべきところにはする!というスタンスが、良い結果を生むと思います。

フィリピン不動産投資・資産運用のご相談はBTWINへお気軽にご相談下さい   口座開設・ビザ申請・法人登記サポートなどはe-plus-agent.comまで!     フィリピン不動産・投資視察ツアーはE-PLUSにお任せください!! お客様満足度95%   完全日本語対応! フィリピンで車を借りるならPH-DOOR!! フィリピン不動産へのお問い合わせは投資はこちら