フィリピンでは日本語通訳は必要?

フィリピンでビジネスを展開したい、不動産を購入して資産運用したい、将来の移住先としてコンドミニアムが欲しいので視察したい・・・

さまざまな目的でフィリピンを訪れる日本人が増えています。

日々経済成長を続けるフィリピンが、あらゆる可能性を秘めていることは間違いありません。

 

しかし、そんなフィリピンを訪問するにあたっては、どうしても言葉の壁にぶつかります。

フィリピンではハワイのように日本語は通じませんし、諸外国と比べると日本語学習者も少ない国です。

 

フィリピンの母国語は、タガログ語(セブはセブアノ語)です。

そしてご存知の通り、英語もまた公用語として使われていますので、国民のほとんどがバイリンガルです。

 

フィリピンでビジネスを展開したり、起業、移住、資産運用などを考えている場合は、英語は必ず必要になってきます。

法的な手続きや書類はもちろん英語ですし、銀行口座の開設や、現地のデベロッパーや物件のオーナーとのやりとりも全て英語になります。

 

日本語しか話せない状態の日本人にとって、これは大変ハードルの高いことではないでしょうか。

日常会話もままらないレベルでは、とてもじゃありませんが法的な手続きはできませんし、視察するにしても聞きたいことも聞けずに終わってしまうかもしれません。

 

そこで検討してみて欲しいのが、日本語通訳です。

フィリピンへ視察ツアーへ行く人のために、多くのエージェントが日本語と英語、あるいはタガログ語もわかるスタッフを派遣しています。

 

フィリピンでは日本人は基本的にお金持ちだと思われていますし、英語がわからないのをいいことに、ぼったくりなども頻繁に起こります。

こういったケースは英語がわかれば避けられることも多いので、まずは自分一人だけではなく通訳と一緒に周ってみることをおすすめします。

 

フィリピンの通訳には、日本語、英語、タガログ語が話せる人はもちろん、観光専門のタイプや契約やいろいろな調査を手伝ってくれるタイプ、ビジネス文書の作成ができる人、医療系が得意なタイプ、ビジネスの交渉ができるタイプ、などなど、いろいろなタイプがいます。

基本的にはどの通訳も目的地までアテンドしてくれるため、例えば見たい不動産を一緒に見て、その場で物件に関する質問をすることなども可能です。

 

通訳を派遣している会社は、日本国内にもフィリピンにも数多くありますが、当サイトではPH DOORをおすすめしています。

ピーエイチドアは、フィリピンへ視察ツアーに来る方のために、ドライバー付きレンタカーを手配している会社です。

車と一緒に、日本語でアテンドしてくれる通訳も一緒に用意してくれます。

希望の場所を一緒に車で見て回り、日本語で観光ガイドをしてもらいながら、フィリピン現地の雰囲気を実際に肌で感じることができます。

 

フィリピン、特にマニラは治安が悪い場所も多いので、言葉が通じない状態で一人で歩いていれば犯罪に巻き込まれる可能性もゼロではありません。

その点、現地に精通した通訳ガイドが一緒にいれば安心ですし、そもそも狙われる可能性も低くなります。

 

通訳の料金は、6時間で1,500ペソからです。

レンタカー&ドライバーにプラスして申し込みます。

ビジネス専門の通訳もいるので、ぜひ相談してみてくださいね。

https://phdoor.net

フィリピン不動産投資・資産運用のご相談はBTWINへお気軽にご相談下さい   口座開設・ビザ申請・法人登記サポートなどはe-plus-agent.comまで!     フィリピン不動産・投資視察ツアーはE-PLUSにお任せください!! お客様満足度95%   完全日本語対応! フィリピンで車を借りるならPH-DOOR!! フィリピン不動産へのお問い合わせは投資はこちら