絶対に食べておきたいフィリピン料理5つ!

フィリピン料理と聞いて何を思い浮かべるでしょうか?

もしかすると、何も思い浮かばないかもしれませんね・・。

東南アジアでも、タイ料理やベトナム料理、インドネシア料理などは日本でもすごくポピュラーです。

だけど、フィリピン料理店あまり聞いたことないですよね。

 

実はフィリピン料理って、いろんな食文化が混ざっているんです。

スペイン、中国、アメリカなどなど、さまざまな国の料理の要素が入っています。

フィリピンはスペインやアメリカの植民地だった歴史が長いので、当然といえば当然ですが・・。

 

今回は、フィリピンに行ったら絶対に試してほしい郷土料理をいくつかご紹介します。

 

<シシグ>

豚のひき肉と玉ねぎなどを、醤油や酢の味付けで炒めた料理。

鉄板の上でかき混ぜて食べます。

味は濃いめなので、ビールのおつまみなんかにオススメです。

おそらくフィリピンで最もポピュラーな郷土料理です。

 

<アドボ>

日本でいうところの豚の角煮のような感じです。

味付けは醤油や酢、ニンニクなど。

家庭によって味付けが全然違うのも特徴です。

カレーのように、ご飯と一緒に食べます。

 

<シニガン>

タマリンドというフルーツをベースに、トマト、ニンニク、玉ねぎなどとともに肉や魚を煮込んだ料理です。

フィリピン全域で食べられていますが、地域によって味つけが違います。

酸味があるので暑くてもさっぱりいただける一品。

イメージとしては、トムヤムスープの辛くないバージョンといった感じです。

 

<パンシット>

ビーフンもしくは焼きそばに近いもので、フィリピンの一般的な家庭料理です。

添えてあるカラマンシーで酸味をプラスして食べると美味しい。

他の、くせのあるフィリピン料理と比べると食べやすい味です。

どちらかというと中華料理に近いと思います。

値段も1皿10ペソ程度(約25円)程度と激安なので、ぜひ試してみてください。

ちなみにお米が大好きなフィリピン人は、パンシットをおかずにご飯を食べるそう。

 

<ハロハロ>

フィリピンの代表的なデザートです!

日本風にアレンジしたものがコンビニのミニストップで売られているので、名前を知っている人も多いはず。

「ハロハロ」とは「ごちゃ混ぜにする」という意味で、その名の通り、かき氷、練乳、アイスクリーム、フルーツ、ナタデココ、ゼリー、タピオカ、ココナッツ、豆や芋類、プリンなどを混ぜて食べます。

紫色のアイスクリームは、「ウベ」と呼ばれる紫芋で作られています。

甘くて冷たいスイーツは、暑いフィリピンで食べると余計においしい!

ボリュームも満点です。

 

いかがですか?

あまりなじみのない「フィリピン料理」ですが、案外日本人が美味しく食べられそうなものばかりですよね!

日本では食べられないものも多いので、ぜひフィリピンに行った際にはいろいろ試してみてください♪

フィリピン不動産投資・資産運用のご相談はBTWINへお気軽にご相談下さい   口座開設・ビザ申請・法人登記サポートなどはe-plus-agent.comまで!     フィリピン不動産・投資視察ツアーはE-PLUSにお任せください!! お客様満足度95%   完全日本語対応! フィリピンで車を借りるならPH-DOOR!! フィリピン不動産へのお問い合わせは投資はこちら